結婚式の服装で男性が事前に準備しておくべき7つの小物

結婚式の服装で男性が事前に準備しておくべき7つの小物

結婚式に招待されると、女性だったらどんなドレスを着ようか、ヘアスタイルやネイル、バッグは?と考えることが沢山ありますね。でも男性ならどうでしょう?いつも着ている礼服があるから大丈夫!でも・・・本当に大丈夫ですか?

結婚式に着ていくべき正装は、本来きちんと身なりを整えてドレスアップして、新郎新婦をお祝いする気持ちを表すものなのです。

男性だし「いつもと同じで大丈夫」なんていう気持ちでいると、当日になってからあれがない、これがないと慌ててしまうことになってしまうかも知れませんね。

当日になってから買いに行って探しまわり、慌てて結婚式場に駆け込むなんていうことにならないためにはいったいスーツ以外にどんな物を準備しておけばいいのでしょうか。

結婚式の服装で男性が絶対に準備しておくべき小物を7つお教えしましょう。



 

結婚式の服装で
男性が事前に準備しておくべき7つの小物

 

 

きちんとプレスされた白いシャツ


結婚式の定番は白いシャツですが、いつも仕事で使っているものをそのまま着てはいませんか?

あくまでも結婚式のために装うことが大切なので、いつものビジネスシーンで使っているシャツをそのままでは、お祝いの気持ちを表しているとは言えません。

結婚式用に上質なものが用意してあればいいのですが、普段使っているシャツを着なくてはならないのであれば、きちんとシャツをプレスして用意しておきましょう。

ボタン外れや袖のほつれなどがないかも忘れずチェックして。

 

黒いストレートチップのシューズ


結婚式の正装の時に履くべきなのは、黒いストレートチップの革靴です。

なければ、デザインのないシンプルな革靴でもやむなしですが、これも普段ビジネスシーンで履いている靴をそのまま・・・なんてことがないよう注意しましょう。

靴はきちんと磨いて清潔にし、かかとの擦り減りなどがないかも忘れずにチェックしておきましょう。

古いものが悪いわけではありませんが、きちんと手入れしていて清潔感のあるものを結婚式には身につけるように心がけましょう。

 

忘れずに基本の黒いドレスソックス


意外に忘れがちなのが靴下です。

黒のスーツを着るのに、白い靴下やチェックの靴下しか持ってなかった・・・となっては、結婚式前に慌ててお店に走ることになりかねません。

一番安心なのは、黒のドレスソックスですが、スーツの色に合わせてグレーやネイビーなどもいいでしょう。

あまりスーツの色との違和感がないもの、チェックやボーダーなど柄物は避けて無地のものを用意しておけば安心です。

靴は脱がないからといっても、必ず見えるので、手抜きせず用意しましょう。

 

ネクタイと同色のポケットチーフ


正装であっても、ポケットチーフを入れない人も意外に多いのですが、礼服でなくダークスーツであっても、ポケットチーフを入れるほうがドレスアップになりますし、断然オシャレです。

基本は白やシルバーのシルク素材のポケットチーフを用意しておけば安心ですが、シャツやネクタイの色に合わせて、同じくシルクなどの光沢のある高級感のある素材のポケットチーフを入れてもステキですね。

二次会やパーティー形式の結婚式であれば、遊び心で選んでもいいかも。

 

質のいい生地で出来ているネクタイ


ネクタイの色や柄は、出席する結婚式の雰囲気や会場にもよりますが、基本的には白やシルバーのものを選んでおけば安心です。

年配の方は白一色のネクタイを選ぶことが多いようですが、白地にシルバーやシルバー系のネクタイを選んでおけば問題ないでしょう。

若い友人中心の結婚式や、カジュアルな会場での結婚式であれば、無地のピンクやブルーの光沢のあるネクタイを選んでもいいかもしれません。

どちらにしても上質な素材で、無地か柄が目立たないものを選びましょう。

 

チラリと見える時のために黒ベルト


当日、礼服に着替えてから、ない!と慌てやすいのはベルトです。

礼服用に1本黒いベルトを用意してあれば、当日になって慌ててしまうこともありません。どうせ上着で隠れて見えないから・・・と思っていても、いろいろなタイミングで必ず「チラリ」とベルトは見えてしまうものなのです。

ういうチラリと見える場所にも手を抜かないように気をつけて準備をすることが大切です。

間違っても普段使っているボロボロのベルトなどはしていかないようにしましょう。

 

Vネックの目立たないランニングを


結婚式の服装のために、アンダーシャツもきちんと用意しておきましょう。シャツの襟元からアンダーシャツが見えてしまってはせっかくのドレスアップも台無しです。

また、半袖のアンダーシャツでは、何かの折に上着を脱いだ時に半袖が透けてしまうので、ランニングのものにしましょう。

色は真っ白だとアンダーシャツが目立ってしまうので、白よりもベージュを選べばよりシャツに透けにくくなるのでオススメです。

結婚式に着るシャツと合わせて用意しておけば安心ですね。

 

いかがでしょうか。

結婚式の服装もあらかじめ小物を用意しておけば慌てずにすみますね。

どの小物もそんなに難しいものではなく、紳士服を売っている所に行けば揃えられるものばかりです。でも、この小物たちさえしっかり用意しておけば、いつも着ている礼服がきちんと用意してあれば、慌てずに当日を迎えられますよね。

もちろん、礼服もきちんとクリーニングして清潔で、プレスしておくのも忘れないようにしましょう。

いつものビジネスシーンよりも少しだけドレスアップすると気持ちもきゅっと引き締まりますね。

そんな気持ちで、結婚式する新郎新婦をお祝いしてあげたいですね。

 

まとめ

結婚式の服装で男性が事前に準備しておくべき7つの小物

・きちんとプレスされた白いシャツ
・黒いストレートチップのシューズ
・忘れずに基本の黒いドレスソックス
・ネクタイと同色のポケットチーフ
・質のいい生地で出来ているネクタイ
・チラリと見える時のために黒ベルト
・Vネックの目立たないランニングを