お布施を包むための書き方講座、これで完璧4つのポイント

お布施を包むための書き方講座・これで完璧4つのポイント

法事を営む際に忘れてはならないことの一つにお坊さんにお渡しするお布施があります。お布施を渡すことは知っていても、お布施の包み方や書き方のマナーに戸惑う人も多いのではないでしょうか。

普段の生活ではマナーに自信がある人でも、法事のマナーとなると途端に自信がなくなったりしますよね。人生の中でそう何度も経験するものではありませんし、昔のような大家族で暮らしていた時代ならさておき、核家族化が進んだ現代では法事のマナーについて聞く機会も少なくなってきました。

しかし故人のために心をこめてお経をあげてくださったお寺のお坊さんに失礼のない対応をしたいですし、故人や親族に恥をかかせるようなことがないようにしたいもの。ここではお布施を包む際の書き方について4つのポイントにわかりやすくまとめてみました。



 

お布施を包むための書き方講座、
これで完璧4つのポイント

 

お布施は何に包めばよいの?


お布施を渡す際、奉書紙または白い封筒を使用するのが本式となります。奉書紙を使用する場合は、半紙の中包みに入れたお札を奉書紙で上包みします。白い封筒を使用する場合は郵便番号の枠が印字されていない無地の物で二重になっていない物を使用しましょう。二重になっている封筒は不幸が重なるととられ良くないとされています。

現在では不祝儀袋の使用も広まっており、不祝儀袋を使用する際には関東の場合は双銀の水引を、関西の場合は黒白または黄色の水引を使用することが多いようです。

しかし、お布施はお寺にお渡しするものなので、お坊さんが喪に服しているわけではないので水引を付けないほうがよいという意見もあります。特に地域の風習がない限りは、奉書紙または白い封筒の使用をお勧めします。

 

お布施の表書きの書き方はどうしたらよいの?


お布施の表書きの書き方は宗教によって異なります。仏式の場合は、「お布施」または「御布施」と書くのが一般的です。神式の場合は「御祈祷料」「御祭祀料」、キリスト教式の場合は「献金」「記念献金」と書きます。

また、いずれの宗教でも共通して使用できる表書きに「御礼」があります。それでも、なお、宗派によって異なる場合があり、不安な場合は何も書かずに空白でも構わないとされています。

お布施の表書きの書き方として注意しなければならないことは薄墨ではなく普通の黒墨を使用するということです。これは1でもお話ししました通り、お坊さんにお悔やみを申し上げるわけではないので普通の黒墨を使用してよいということになります。

 

中袋の書き方はどうしたらよいの?


お布施の中袋の書き方ですが、中袋の裏面の左側に住所・氏名を記入し、右側(または表面の中心)に金額を記入します。このとき、長年お付き合いがあるお寺さんでしたら住所、氏名のみでも構いませんが、初めてお願いするような場合には住所、氏名の他に郵便番号と電話番号を記入しておくとお寺の方が困らないそうです。

次にお布施の金額の書き方ですが、金額は書かなくてもよいとも言われていますが、きちんと書いておいたほうがより丁寧です。漢数字の旧字体で書きましょう。例えば5万円は伍萬圓、10万円は壱拾萬圓となります。ただし、商取引ではありませんので頭に「金」をつけたり「也」で締める必要はありません。

 

中に入れるお札の入れ方はどうしたらよいの?


お布施に入れるお札は新札でも旧札でも構いません。余裕があり新札の準備ができるのであれば、新札を包んだほうが気持ちがよいかもしれません。そして、お布施を袋に入れる際の注意点ですが、表側(福沢諭吉が印刷されている面)を上にして入れましょう。封筒からお札を取り出したときに福沢諭吉が最初に出てくるかたちです。また、お札の向きは必ず揃えて入れてくださいね。

 

以上、お布施を包むための書き方について4つのポイントにわけて説明してみましたが、いかかでしたか。日常生活ではあまり使うことがない「お布施」という言葉に難しく考えがちですが、4つのポイントを押さえれば考えていたほど難しいものではなさそうですね。

法事でお渡しするものなのでご霊前やご香典と混同しやすく悩みますが、「お布施」はお坊さんにお礼の気持ちとしてお渡しするものと理解すれば混乱しないで済みます。最後になりましたが、「お布施」とは法事をお願いしたお坊さんに感謝の気持ちとして渡すものです。いくらお布施の包み方や書き方のマナーを守っても、気持ちがこもっていなければ本来の目的から外れることとなってしまいます。

マナーと気持ちが揃ってこそスマートな大人といえるでしょう。お布施の書き方に気をとられ気持ちを伝えることがおろそかになるようなことがないよう、普段から準備をしておきたいものですね。

 

まとめ

お布施を包むための書き方講座、これで完璧4つのポイント

・お布施は奉書紙または白い無地の封筒に入れる
・表書きは黒墨で記入する
・お布施の表書きの書き方は宗教によって異なる
・中に入れるお札は新札でも旧札でも構わないが入れる向きに気をつける