結婚式と二次会では変えるべき?服装選び5つのポイント

結婚式と二次会では変えるべき?服装選び5つのポイント
結婚式の二次会に参加する時は服装選びに困りますよね。結婚式に初めて出席するなら尚更、二次会ってどうなの?みんな着替えるの?という疑問も多いことでしょう。そんな結婚式の二次会の服装選びにもマナーがあります。

結婚式の二次会の服装といえば、華やかなワンピースやパンツスーツなどのイメージがあることでしょう。結婚式の二次会もお祝いのパーティーですから、少し落ち着いた、パーティーファッションが好まれます。一方で、新郎新婦よりも派手すぎたり目立っていたり、またジーンズ・デニムなどのNGコードもあります

季節ごとの対策や、結婚式の二次会の会場に合わせた服装にはどのようなものがあるのかなども気になるところです。そこで今回は、初めての出席でも困らない、結婚式の二次会の服装選びについてお伝えします。



 

結婚式と二次会では変えるべき?
服装選びの5つのポイント

 

結婚式と二次会では服装は変えない人が多い


結婚式の二次会に何を着ていこうなど服装には悩みますよね。結婚式から出席の場合、二次会では服装はそのままでよいのか、変えたほうがよいのか悩むところですが、実際には服装を変えない方も多いものです。もちろん、結婚式と二次会で服装を変えなくても、マナー違反ではありません

結婚式の披露宴で着物を着ていた場合は、服装を変えることもあります。例えば、披露宴では着物を着て参加し、結婚式の二次会の服装をワンピースとヒールに変えれば、印象ががらりと変わり良いものです。

また、結婚式の二次会で服装は変えずに、髪型をアップからハーフアップにしたり、ワンピースにカーディガンを羽織ったり、バッグや小物に変化を付けると、荷物も少なく印象を変えることが出来ます。

 

結婚式の二次会でNGな服装


結婚式の二次会では、肌が露出しすぎている、素足、ジーンズやデニム、色使いが派手な服装はNGとなります。結婚式の主役は新郎新婦ですから、新郎新婦より目立つ服装はいけません

基本的に帽子もマナー違反です。室内やお祝いの場での帽子は避けましょう。ですが、病気などで必要な場合は、新郎新婦にあらかじめ相談をしておくと、気兼ねなく出席できます。

 

招待状の「平服」マナーの心得


結婚式の二次会の服装で、招待状によく書いてある「平服」とは、どのようなものかご存知でしょうか。平服と書いてあっても、普段着ではありません。マナーをきちんと把握しておきましょう。

結婚式の二次会の服装における平服とは、礼服ではなくてもよいけれど、結婚式に適した装いで、ということ。結婚式の二次会の服装は、披露宴よりすこしカジュアルなものでもOKという意味です。

披露宴ではヒールを履き、カジュアルなカーディガンなどは羽織らないのがマナーですが、結婚式の二次会では服装に合わせて、カーディガンなどもOKになります。結婚式の二次会の服装に特に決まりはありませんが、お祝いの場ですから、落ち着きのある華やかなスタイルにしましょう。しかし、Tシャツやジーンズは相応しくありませんから避けましょう

 

二次会の会場のジャンルで服装を選ぶ


結婚式の二次会の服装を選ぶときに、二次会の会場を参考に選ぶこともポイントです。会場別にどのように選ぶかお伝えしましょう。

結婚式場やホテルの場合、結婚式の二次会の服装はカジュアルすぎないフォーマルなスタイルがよいでしょう。露出があまりない、膝丈のスカートが好ましいです。披露宴では肩が出ていたなら、ジャケットなどを羽織りましょうアクセサリーは、ジャラジャラ付けずにボリュームは控えめがよいでしょう。

結婚式の二次会の服装を選ぶとき、落ち着いたカフェやカラオケルームでの二次会は、カジュアルすぎないちょっとお出かけスタイルなどはいかかでしょうか。パンツスーツや、オールインワンに、色味の華やかなヒールを合わせると良いですね。

 

夏と冬の服装を選ぶポイント


結婚式の二次会の服装を選ぶとき、夏と冬では、足元や服装の生地、暑さ寒さ対策などに違いがあります。

夏の結婚式の二次会の会場がフォーマルな場所では基本、肌の露出は控えるということ夏は暑いですが、ストッキングにパンプスがお祝い事の服装マナーです。服装の素材には、涼しい色合いの風通しのよいものを選ぶと暑さ対策になります。

冬の結婚式の二次会の服装で気をつけることは、なんといっても寒さ対策です。温かみのあるホワイトベージュ系で、袖がある膝丈のワンピースなどがよいでしょう。ベロア素材も、ラグジュアリーで暖かみをも感じるのでぜひ検討してみましょう。

 

いかがでしたか。結婚式の二次会も二人の門出を祝福するお祝い事ですから、お祝いの場にふさわしい、TPOを考えた服装を選ぶことが大切です。ワンピースの色味が控えめな場合は、コサージュをつけると華やかさがアップしますよ。時間があれば、造花を使ってご自分で手作りされてみてはいかがでしょうか。百均のものを使えば、安価でできます。一緒にブーケを作ってプレゼントするとさらに喜ばれるでしょう。

結婚式はマナーや服装も大事ですが、一番は新郎新婦をお祝いする気持ちです。初めてだと戸惑うこともありますが、出席して周りの振る舞いを見て、マナーを身につけていけば、おのずと自分のものになります。出席するゲストたちで華やかに盛り上げ、新郎新婦にとって、心に残る一大イベントになるよう、心から祝福しましょう。

まとめ

結婚式の二次会の服装選びのポイントは

・結婚式から出席の場合は同じ服装でもOK
・結婚式の二次会にふさわしくない服装は避ける
・「平服」のマナーを守ること
・結婚式の二次会の会場に合わせた服装を選ぶ
・夏の暑さ、冬の寒さの対策を考える


連記事