結婚式にかかる費用!少人数挙式から海外挙式まで

結婚式にかかる費用!少人数挙式から海外挙式まで
結婚を意識し始めた時、「結婚式の費用ってどのくらいかかるんだろう…」という点が現実問題として頭をよぎりますよね。

結婚式はすごく費用がかかるイメージの為、「こんな貯金じゃ結婚式なんてとても無理…」と思っている方も少なくはないでしょう。

もちろん、美味しい料理に華やかなテーブル、広い会場、ドレスも何着も着て…といった豪華な結婚式を想像していたら、それなりの費用を要しますが、こだわる部分を絞り、プランニングを工夫すれば、結婚式は少ない費用でも実現が可能になります

また、結婚式には『ご祝儀』の存在があり、結婚式の費用すべてを新郎新婦が負担するというものでは無いという事も忘れてはいけません。

式場やプランによっては前払いではなく、ご祝儀払いの式場もあり、ちゃっかりしたご夫婦の中には結婚式で「黒字」を実現した方もいらっしゃるほど、取捨選択とプランニングの組み方によって結婚式の費用は大幅に変化します

そこで今回は一般的な規模の結婚式はもちろん、近年多くなってきている少人数制や海外挙式等、結婚式の費用についてご説明いたします。



 

結婚式にかかる費用!
少人数挙式から海外挙式まで

 

全体の平均総額


全国的な平均として、結婚式にかかった費用の総額は約250万円ほどです。招待人数の平均は約60人。この中にはもちろん挙式のみの方や、芸能人並の高額結婚式の方も含まれますので、一概に言えるものではありませんが、目安として覚えておくと良いでしょう。

 

手の届きやすい少人数制


少人数での結婚式は、わりと少ない費用で結婚式を挙げる事が出来ます。またプランニングにもかなりの幅があり、二人だけで行う挙式であれば数万円~など、格安で請け負ってくれる教会もあります。

小人数制の結婚式で軸となるのが、新郎新婦+両親の六人であり、「親族のみ」とするのであれば、そこに兄弟、親戚なども含まれます。

その場合20名前後の規模になる場合が多く、結婚式のスタイルとしては挙式+食事会という形が一般的です。費用は会場や料理の内容によりますが、20万円~50万円程です。

親族のみだと気兼ねなく過ごす事ができる上に、ご祝儀が高額な為、赤字になりにくいのがメリットです。また、義理で「この人を招待したらこの人も呼ばないと…」といった事に悩む必要もありませんよね。

 

意外とハードルが低かった!海外挙式


芸能人やセレブの世界の話のように感じてしまう海外での結婚式ですが、きちんと調べれば、意外に手の届きそうな費用での実現が可能なのです。

海外で結婚式を行った人の旅費、滞在費、挙式・パーティーなどの費用総額の平均は約190万円です。海外挙式の場合、旅費や宿泊ホテルによる差が大きくなり、ハワイやグアムと比べると、アジア圏を選択した場合は総額から70万円程安いというデータもあります

旅費などが上乗せになるというイメージが大きいですが、新婚旅行や親孝行も兼ねてと考えれば、意外にお得な選択とも言えるでしょう。

 

やっぱり友達も会社の人も呼びたい!挙式+披露宴の費用


小人数制や海外挙式が増えてきているとはいえ、やはり一般的な挙式+披露宴のタイプははずせませんよね。

結婚式の挙式と披露宴にかかった費用の統計で、最も多かったのが300万円~400万円で、ご祝儀金額の平均は約230万円です。ご両親が援助金を用意している場合も多いので、新郎新婦ふたりの準備金は、単純計算であれば100万円程という事になります

ここからは会場のシステムとプランニング内容によってかなりの幅が出てきます。招待状やメッセージカードを発注するか、手作りするかでも変わってきますし、お料理一つをランクアップしただけでも、招待客全員分ですので相当な増額になります。

招待客の手前、ある程度格好のつく結婚式にしたいと思っているのなら、300万円~400万円というデータはかなりいい線をついていると言えるでしょう。

 

いかがでしたか。結婚式の実際の費用は新郎新婦のこだわりや、会場の違いによるところが大きいため、一概にこの通りとはいきませんが、ひとつの目安として知っておくことで、自分たちのスタイルをある程度イメージしておくと良いでしょう。

そしてそのイメージと共に、「絶対にゆずれないポイント」を決めておく事をおすすめします。たとえば「お色直しは必ず一回はしたい」「当日撮影のエンドロールは絶対に入れたい」「料理は絶対に納得のいくものを」といったようなものです。

結婚式の費用というのは本当にあれこれと細かく料金設定されていて、夢に描いた理想の結婚式をしたいと思ったら、費用はいくらあっても足りません。

希望する演出を実現する為に諦めるものや、自分たちの労力で補うものなどが多々出てきますので、「ゆずれないポイント」を新郎新婦間でしっかりすり合わせておく事で、取捨選択がスムーズにいき、費用を抑える事につながります。

そして予算設定には少し余裕をもって、当日に会場使用の延長量や飲み物の特別発注などが発生した時も対応できるようにしておきましょう。

まとめ

結婚式にかかる費用は

・二人きりの挙式であれば数万円から
・親族のみなら20万円~50万円
・海外挙式の費用総額の平均は約190万円
・挙式+披露宴は300万円~400万円かかったという意見が最も多い
・すべてが負担金額ではなく、両親からの援助やご祝儀も見込みに入れて
・ゆずれないポイントを決めて、取捨選択を見極める事で費用を抑えられる
・当日発生する費用もあります。予算設定には余裕をもって