面接のノックは何回が正解?入室時の疑問を一発解決!

面接のノックは何回が正解?入室時の疑問を一発解決!
面接の際にはドアのノックは何回するの?と悩む方も多いことでしょう。面接は会場に入った時から見られていますし、気持ちもドキドキですよね。いざ面接の部屋に通される時のノックの回数にもマナーがあることを事前に知り、部屋に入るときには落ち着いてノックしましょう。面接時のノックは顔を見せる前の印象に深く影響します。

ノックの回数やたたき方でマナーをわきまえているかどうかのチェックもされています。今後の自分の行く末を決める大事な面接です。マナーの行き届いた振る舞いが求められていることを自覚し、入室時の作法をスマートにして好印象を与えましょう。そこで今回は、面接時のノック回数など入室時のマナーについてお伝えします。

 

面接のノックは何回が正解?
入室時の疑問を一発解決!

 

面接時のノックの回数

面接時のノックの回数は悩みどころで、調べたり先輩に聞いた方もいらっしゃることでしょう。果たして答えはいかがでしたか。2回?3回?それとも4回?ますます頭を抱えたかもしれませんが、実はノックの回数に決まりはありません。マナーというのは究極人への思いやりで、相手が心地よく感じるか不快に感じるかが基本になります。とは言っても何回もノックするのは失礼です。

一般的に1回のノックは部屋に人がいるかどうかの確認、2回はトイレで人がいるかの確認、3回は入ってもよろしいでしょうかという確認、国際標準マナーで挙げられている4回は入室の際の回数だと言われています。4回となると我々日本人にはくどく感じる人が多いことから面接の際のノックの回数は3回が適しています。3回であれば手首の返しもあるので音もきれいに響きます。

ただし、外資系の会社で面接官が外国人であることが事前にわかっていれば「コンコン、コンコン」と4回ノックした方が好ましいでしょう。

 

ノックの速さは

面接時にノックをする際は、ややゆっくり「コン、コン、コン」とします。時間にして2秒くらい。速くすれば落ち着きがない人と思われたり、怒っているように受け取られて残念です。面接官にしても急かされているような気持になり、それだけでマイナスの印象を与えかねません。面接は顔を見る前の振る舞いから始まっています入る前は息を整え姿勢を正してからノックしましょう。落ち着いた動きは自分自身の緊張をほぐすことにもなります。

 

ノックの強さは

面接時のノックを「ドンドンドン」と強くすれば部屋に響いて乱暴なイメージになり、反対に弱ければ元気がなく頼りなげに感じます。場合によったら面接官に聞こえないこともあり得るでしょう。相手が心地よく感じるノックの強さは適度を心がけるとよいですね。面接時は何かと緊張しやすいのでノックひとつも事前に練習しておくと当日が安心です。落ち着いた立ち居振る舞いで面接に臨みましょう。

 

3回のノックは手をどのようにして叩くか

面接時のドアノックの回数は3回というのが基本ですが、ドアを叩くのは手のどこを使っていますか?たいていの人があまり気にすることもなく、握った手の甲でノックしていると思われます。実はこの叩き方は力が入り音が強く響きやすいのです。面接時にノックをする場合は手を軽く握って指をドアに向けて叩くと音が柔らかく響きます

 

面接室のドアが開いている場合

面接室のドアを感じよくノックしようと心の準備をしていたのに、そのドアがもしもすでに開いていたら?!そのまま入ってよいのか、何か声をかけるのかと戸惑う方もいらっしゃることでしょう。ドアが開いていても、その部屋は相手側のスペースですので必ずノックが必要です。これは入室のマナーでもあります。面接時のノックの仕方・入室のマナーなど全てが面接官の目と耳に入ってきます。

内定を勝ち得るためにも面接の受け答え以前の動きやしぐさ・態度も十分にマナーを意識しておきましょう。

 

ノック後いきなり入室してはNG

面接室のドアをノック後いきなり入室するのはマナー違反です。ノックをするというのは相手に「これから入ってもよろしいでしょうか」という合図です。面接官も資料を揃えたり息を整えているかもしれません。ノックをしたら相手から「どうぞ、お入りください」の一言をもらってから入室しましょう。ドアを開けて中に入りドアに向き直して静かに閉めます面接官に向き直って「よろしくお願いいたします」と言ってから深いお辞儀をするとよいでしょう。

ノックからの一連の動きは落ち着きのあるスマートさで進めるとよいですね。

 

いかがでしたか。「面接時の入室ノック☆好印象を与える回数とマナー」についてお伝えしました。面接担当の方は入室するノックの音を聞くところから始まりますので、ノックにも十分配慮したいものです。面接時のノックの回数は一般的に3回と覚えておき、心地よく感じる叩く速さや音の加減も身に付けておくとよいでしょう。

ノックの音だけでもその人となりが伝わるものです。面接時のノックが面接官に爽やかに響けばその後の面接内容もスムーズにいく可能性大です。面接時のわずか3回のノックですが、第一印象が良ければその後の印象もよいものに映りやすくなります。ノックのマナーを身に付けるためにも日頃からノックの仕方は丁寧に行いましょう。

まとめ

面接時で好印象を与えるノックの回数とマナーとは

・ノックの回数は3回が基本
・ノックはややゆっくり「コン、コン、コン」と2秒くらいで
・ノックは強す過ぎず弱過ぎず適度に
・ノックは手を軽く握って指をドアに向けて叩く
・面接室のドアが開いていてもノックは必要


連記事