自分にぴったりのマナー講師を選ぶ7つのポイント

自分にぴったりのマナー講師を選ぶ7つのポイント
あなたは、マナー教室に通いたいと思ったことはありますか?笑顔が素敵だったり、立ち居振る舞いに気品があったり、洋服の着こなしが上手だったり・・・

このような女性らしいマナーを心得ている人は、「マナー講師」にふさわしいと言えるでしょう。

マナー講師は、多くの女性の憧れの存在です。どうしたら、マナー講師のような、品の良いマナーを身につけることができるのでしょう。

講師の中には、スバルタ方式で厳しく教える方もいらっしゃいますが、あなただったら、どのような方に教えてもらいたいでしょうか?

また、身につけるとしたら、どんなマナーを学びたいですか?今回は、自分にぴったりのマナー講師を選ぶ7つのポイントについてご紹介します。



 

自分にぴったりの
マナー講師を選ぶ7つのポイント

 

友人の意見、口コミ、第1印象を大事にしよう


講師については、通った人の意見を聞くのが一番かもしれません。友人に聞くことができれば一番良いですが、それは難しいかもしれませんね。

そんな時は、ネットで口コミを調べてみましょう。講師の名前を検索すると、体験者の口コミがブログ等からも情報収集できることがあります。

また、HPを調べ、プロフィール写真を探してみましょう。講師の笑顔の感じや服装などを一瞬で素敵だな~っと思うということは、その講師と何か縁があるのかもしれません。ファーストインプレッションは、以外に当たることが多いですよ。

でも、決める際は実際に合ってからきちんと判断して下さいね。

 

体験レッスンに参加しましょう


先生の人柄で、クラスの雰囲気はまったく異なります。レッスンの雰囲気が楽しいものなのか、少しピリッとしたムードが漂っているのか、事前に、見学や体験レッスンに参加して、自分にあう教室なのかをチェックしましょう。

また、「なりたい自分」に近い先生や生徒がいるかどうかを自分の目で見て確認することが、スクール選びの大切なポイントです。

受講料は決して安い金額ではありませんので、1日体験レッスンを受けてみることをお勧めします。1回でも参加すれば、だいたいの雰囲気がつかめることでしょう。

直感的に、自分と先生の相性が合わないと思った場合は、無理をしないことをお勧めします。

 

先生は厳しい人がいい?


あなたは、優しい先生がいいと思いますか?それとも、厳しい先生がいいと思いますか?私は、マナーのできていない新入社員研修ならともかく、ある程度教養が身についている人に対して教えるのであれば、厳しさは必要ないと思います。

それよりも、明るく楽しいレッスンを心がけ、自分の理想となリ得る人に教えてもらったほうが長続きするでしょう。

マナーは、相手を思いやる気持ちが重要です。厳しくて、生徒を威圧するようなレッスンが、果たして相手を思いやっている行動と言えるでしょうか?

考え方や生き方を教えるのがマナー講師の仕事ですから、ただ口で言うだけではなく、普段の生活においてマナーを実践している方を講師に選ぶことをお勧めします。

人によっては、「人生観が変わった。」と言うほど、影響力が大きい習い事ですので、先生選びは慎重にしましょう。

 

講師の経歴から選ぶ方法とは


マナー講師になる方の職業は様々です。代表的なのは、接客のプロであるキャビンアテンダント、アナウンサーや、トップセールスを誇る販売員・ホテルのベテラン女将、ヘアーメイクアップアーティストなどなど、数え切れないほどのたくさんの人が、講師として活躍しています。

講師選びに迷ったら、その方のプロフィールをじっくり読んでみましょう。著書や監修の本を出版している場合もあるので、まずは本を読んで先生のプロフィールや考え方を知った上で選ぶというのも1つの方法といえるでしょう。

 

個人レッスンかグループレッスンか


マナー講座には、1対1で行う個人レッスンと、何人かで行うグループレッスンがあります。

個人レッスンは、今さら恥ずかしくて聞けないということも個別で聞くことができますし、あこがれの先生からマンツーマンで教えていただくことができるので、あなたのやる気もアップすることでしょう。

また、先生も、じっくりあなたの立ち居振る舞いや話し方などをチェックできるので、知らないうちに身についてしまっていた自分のクセを指摘してもらえたり、自分に合った適切な指導を受けることができるでしょう。あなたにあうレッスン形態の講師を選びましょう。

 

マナー講師の資格を調べよう


マナーに関する検定は各団体によってさまざまあります。全日本マナー検定協会主催の「マナー検定」や、日本マナー・プロトコール協会主催の「マナー・プロトコール検定」など、団体によって種類は異なりますが、いくつかの検定によって資格を得ることができます。

講師がみな、こうした資格を持っているかというと、決してそうではありませんが、資格を持っているということは、判断基準のひとつになります。

その際、各団体についても調べてみてくださいね。あなたの求めているものと一致している団体の資格を持っている方が、ぴったりの講師に出会える確立が高くなりますよ。

 

人気のあるマナー教室を選ぼう


最近では、、2020年に開催予定の東京オリンピックの影響からでしょうか、30代以降の女性には、日本の文化やおもてなしの心を学ぶマナー教室が人気です。

人気のある教室は、内容の流行りもありますが、良い講師であることも表しているのではないでしょうか。現在の教室がキャンセル待ちである、卒業生徒数が多いなどは事前に調べられるはずです。

その講師を選ぶポイントの一つに調査してみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。

マナー教室は、講師によって、教える内容も雰囲気も全く違うものになるということをお分かりいただけましたか?自分磨きにふわさしい教室を選ぶことが大切です。

そのためには、必ず、体験教室に参加したり、講師の評判を聞くなどして、入念な情報収集をしましょう。一番大切なことは、自分の目標とする人が講師であることです。

こんな人になりたい!と思うと、自然と学びたい意欲が沸いていきますし、講師に追いつきたいと努力することでしょう。あなたの人生観が変わるような、あなたにとってのカリスマ講師がみつかるといいですね。

 

まとめ

自分にぴったりのマナー講師を選ぶ7つのポイント

友人の意見、口コミ、第1印象を大事にしよう
体験レッスンに参加しましょう
先生は厳しい人がいい?
講師の経歴から選ぶ方法とは
個人レッスンかグループレッスンか
マナー講師の資格を調べよう
人気のあるマナー教室を選ぼう