結婚式には何を履く?女性ゲストが履きたいパンプス5選

結婚式には何を履く?女性ゲストが履きたいパンプス5選
結婚式の洋服選びと言うと意識がドレスのことばかりになってしまいがちですが、足元、特に女性のパンプスはとても重要です。実は意外と見られているのがこの足元靴はその人のオシャレ度を測る目安になりますから、選ぶ際にも細心の注意を払いたいところですよね。

結婚式にゲストとして出席する際には、服装や髪型から靴までのトータルコーディネートを心がけたいもの。しかし、結婚式で履く靴は「パンプス」であるということを知っている方は少ないのです。

結婚式の服装は、洋装ならばドレスが一般的です。そのドレスに合った靴選びとしては、やはりパンプスが第一候補になります。では、結婚式にはどのようなパンプスを履けば良いのでしょうか。大切な方の結婚式ですから失礼のないようにしたいですよね。

そこで今回は、結婚式で履きたいパンプス5選をお伝えします。



 

結婚式には何を履く?
女性ゲストが履きたいパンプス5選

 

結婚式での靴のマナー


まずは、結婚式でマナー違反となる靴を知っておきましょう。結婚式でNGな靴は、サンダル、ミュール、ブーツなどです。オープントゥ(つま先の出るタイプ)の靴やかかとが見える靴などもカジュアルに見られてしまいますので、結婚式にはふさわしくありません。また、素足はNGなのでストッキングを履くようにしましょう。いくらおしゃれな靴でも、TPOをわきまえた靴選びをしたいところです。

 

エナメルのパンプス


エナメルは革を上から樹脂コーティングした素材なので、光沢がありとても華やかなので結婚式で履くパンプスとしては大変相応しい素材とされています。

ヒールの高さは3cm以上できれは、5cm以上のヒールだととてもスマートに演出できます。ヒールは細めのタイプを選びましょう。太めのヒールで黒や紺のスーツ着用だとリクルート風になってしまいます。司会を頼まれたのであればスーツ着用もOKですが、参列するとなると、スーツよりは、ドレス、そのドレスに合った足元にするべきですよね。もちろん妊婦さんなどはヒールがなくても許されますのでご安心ください。

結婚式のパンプスとしては、ワニや蛇の革、ヒョウ柄やファー素材はNGです。動物の革は、殺生をイメージさせるので縁起が良くないとされています。牛革もその一つですが、現在は許されています。革を上から樹脂コーティングしたエナメルパンプスはそういった意味でも、結婚式のパンプスとしては相応しい靴といえます。

 

ゴールドやシルバーのパンプス


黒やネイビーのドレスには、ゴールドやシルバーのパンプスが映えますよね。ベージュやサーモンピンクなどイエローベースのカラードレスにはゴールドのパンプスグレーやレモンイエローなどブルーベースのカラードレスにはシルバーのパンプスがベストコーデです。是非合わせてみましょう。

バッグとパンプスの素材やカラーを揃えることでより統一感がでます。ドレスはシックにして、ポイントをゴージャスに演出しましょう。

ストッキングはヌーディーなベージュ系を選択してくださいね。黒いストッキングや色タイツ、網タイツはNGです。お洒落なストッキングを選ぶならラメ入りやストーンが上品に入っているものにしましょう。

 

ラメ入りパンプス


パンプス全体にラメで覆われているタイプや部分的にラメが入っているタイプなど、結婚式のパンプスには色々なタイプがありますが、パンプス選びのポイントは、ドレスや小物も意識して結婚式のパンプスを選ぶこと素材は、シルクやスウェードなどでもOKです。キラキラ光るラメ入りパンプスで足元のおしゃれを楽しみましょう。もちろん鏡に全身を映して見ることも忘れないでくださいね。

 

シアーレースパンプス


繊細なレースがさりげなくお洒落な雰囲気を醸し出します。ブラックシアーレースのパンプスなら大人の女性らしさが際立ちますし、シンプルなドレスに似合います。シアーレースパンプスを上品に履きこなし、ドレスをシックに決めれば、周囲からも注目されるでしょう。

シアーレースパンプスは、ブラック以外にベージュやブルー、ピンク系もありますのでバッグとともに揃えるのも楽しいです。

 

ビジューパンプス


宝石をワンポイントにしたパンプスなどは夜の結婚式のパンプスとしては華やかさを演出してくれます。トータルコーディネートを意識して、アクセサリー、バッグ、ドレス、靴などの色使いを3色でまとめると全体のバランスが整います

アクセサリーも初めは全てのアクセサリーをつけてみてそこから外していくという引き算方式にすると全体のイメージが上品になりますよ。ぜひ全身を鏡に映してチャレンジしてみてくださいね。

 

いかがでしたか。結婚式には幾つかのマナーがあり、そのことを知らずにいると恥をかいてしまうこともあるのです。結婚式のパンプス選びもその一つです。

ヒールの細いパンプス選びのポイントとしては、足に負担がかからないようにしましょう。結婚式も式から披露宴まで参加となると、いくら披露宴が着席となってもかなり長時間パンプスを履いていることになります。会場までは慣れた靴を履き会場で結婚式用のパンプスに履き替えるのも良いでしょう。中敷を利用するなど足が疲れない工夫をすることも大切です。

いくらマナーを守って靴を選んだとしても、ドレスや小物などと合わせたトータルコーディネートが出来ていないと会場で浮いてしまいます。最終的には鏡の前で全身のバランスをチェックすることが大切です。

まとめ

結婚式に女性ゲストが履きたいパンプス5選は

・エナメルのパンプスでドレスを華やかに
・ゴールドやシルバーのパンプスでゴージャスに
・ラメ入りパンプスで足元をお洒落に
・シアーレースパンプスで大人の女性を演出
・ビジューパンプスで足元にアクセント