結婚式を感動の渦に巻き込む!最高のサプライズ演出5選

結婚式を感動の渦に巻き込む!最高のサプライズ演出5選
結婚式での感動のサプライズは、新郎新婦はもちろん、式に参列しているゲストにも記憶に残りますよね。チャペルで式を挙げた後に披露宴会場に移動し、主賓のスピーチ、乾杯、ケーキ入刀などお決まりの流れで進行していくのが結婚式ですが、サプライズを一つ入れるだけで、他にはない特別な結婚式にすることができます

しかし、ありきたりな結婚式にはしたくないと思っていても、いざ、どんなサプライズにしようかと考えると中々思いつかないものです。結婚式で感動を生むサプライズは、新郎新婦だけしかわからないようなものではなく、ゲスト全員が共感できる演出でなくてはならないからです。

そこで今回は、特別なスキルや技術がなくてもできる、結婚式を感動の渦に巻き込む最高のサプライズ演出のアイデアについてお伝えします。

オープニングムービー

チャペルで行われる式と披露宴の間の時間は、新郎新婦の準備などがありますから意外と長い間が空きます。そこで、ゲストたちの緊張感はほぐれて披露宴が始まる時には少し中だるみしてしまうこともありますよね。そんなゲストたちの注目を一気に集めるために効果的なサプライズがオープニングムービーです。

ゲストが披露宴会場の席についたところで披露宴会場の壁を使ってプロジェクションマッピングをするのです。スクリーンでするのも良いですが無難になりがちなので、会場全体を使ってしまいましょう。新郎新婦の出会いから今日にいたるまでのストーリーをかわいいアニメーションなどで制作すると会場がほのぼのした雰囲気に。

結婚式での感動を生むためには、式のはじめにゲストの気持ちを「祝福」ムードにすることが重要ですから、オープニングでこういった演出をするのは効果的です。

 

新郎から新婦への音楽のプレゼント

新郎新婦同士のサプライズは、ゲストから見ると「内輪ネタ」のようで冷めてしまうこともありますよね、そこでおすすめなのが、ゲストが見ても感動できるサプライズです。

性別や年齢を問わずにウケが良いのが新郎から新婦にサプライズで楽器を演奏して音楽をプレゼントすることです。歌でもよいのですが、よほど歌が上手な新郎でないと、返ってギャグになってしまうこともあるので、ピアノやギター、バイオリンなどの楽器がおすすめです。

楽器をやったことがない新郎でも、頑張って演奏している姿を見せるだけで結婚式は感動の渦に巻き込まれますから、特別に上手ではなくてもよいのです。

 

キャンドルリレー

新郎新婦がお色直しをした後、入場する時によくあるのがキャンドルサービスです。これはこれで感動できる演出ですが、自分たちのテーブルの順番が過ぎてしまうと「ああ、終わった」という感じになってしまいがちです。

そこで、さらに結婚式に感動を生むためにおすすめの演出がゲストが全員で参加するキャンドルリレーです。新郎新婦はテーブルごとに一人の人のキャンドルに火を灯し、その人からそのテーブル全員に人に火をリレー形式で灯していくのです。

キャンドルに灯した火を吹き消す時に願い事が叶うという言い伝えがありますから、全員のキャンドルに火が灯ったら、全員で火を一斉に吹き消すのです。ゲストも嬉しい感動サプライズになります。

 

中座のエスコートにおばあちゃん

結婚式の披露宴では、中座をする時に新婦がお母さんや兄弟にエスコートされるのが一般的ですが、ここであえておばあちゃんをエスコート役にサプライズで抜擢する演出は感動ものです。

孫がかわいくて仕方ないというおばあちゃんは多いですが、結婚式では祖父母が表にでるタイミングがあまりありません。しかし、おばあちゃんは両親とは比較できない大切な存在だという人は多くいますから、中座のエスコート役として当日抜擢するのです。

孫に呼ばれて嬉しそうなおばあちゃんの顔を見るだけで、ゲストはウルッとしてしまうこと間違いありませんから、立派な結婚式の感動の演出になります。

 

一人一人にメッセージ

結婚式の主役はもちろん新郎新婦ですが、心から祝福しているゲストの人たちを新郎新婦側がもてなすというのも忘れてはいけません。そこで、ゲストが結婚式で感動するサプライズでおすすめなのがエンドロールで新郎新婦がゲスト一人一人にメッセージを送る演出です。

披露宴が終わって「さて、帰ろうか」というところで流れるエンドロールは、通常はゲストの名前が流れる程度ですが、ここでオリジナルのメッセージを一人一人の名前の下に表示させるのです。

結婚式ではゲストは大勢の中の一人という感覚ですが、最後に自分あてのメッセージが新郎新婦から贈られること、ゲストは嬉しいですし、感動を誘います

 

やはり結婚式で感動を生むサプライズ演出を考えるのは難しいものです。よくある演出だと、ゲストからすると「定番だな」と思われてしまいますが、あまりに凝った演出だとゲストが理解するのに難しくなってしまいます。人はすんなりと理解できることに対しては感動できますが、難しく考えないと理解できないことには感動しにくいのです。

そのため、結婚式で感動サプライズをするには、シンプルでゲストにわかりやすい内容であることと、ゲストの感情の琴線に触れるような演出であることが必要です。このように聞くと難しそう!と思われるかもしれませんが、今回お伝えしたようなサプライズアイデアは難しいものではありません。

結婚式の前からしっかりと準備をしておけばできるものばかりですから、結婚式で感動を生むために早めに企画を考えて準備を始めるようにしましょう。

まとめ

結婚式で感動を生むサプライズアイデアとは

・新郎新婦のストーリームービーはほのぼのした雰囲気に
・新婦に内緒の新郎によるサプライズ余興は周囲も感動
・ゲスト全員のキャンドルリレーでみんながハッピーに
・中座のエスコートにおばあちゃんを指名する
・エンドロールで一人一人にメッセージを送る


連記事