結婚式費用を抑えるには?節約するための5つのポイント

結婚式費用を抑えるには?節約するための5つのポイント
結婚を考えた時に、具体的に結婚式にかかる費用はどのくらい必要になるのか、とても気になりますよね。
結婚式の費用相場を把握して、資金計画を立てることは、今後の結婚生活を考える上でも、とても重要といえます。

一方で、結婚式に費用をかけるぐらいなら、いっそ『結婚式を挙げない』ことを選択するカップルもいることでしょうしかし、これにはデメリットもあります

結婚式を挙げる、挙げないに関わらず、結婚することで両家には繋がりができます。そして、親族に結婚したことをお伝えすれば、いずれにせよお祝いを戴くことになるでしょう。頂戴すれば、そのそれぞれの方々にお礼状と共に内祝いを贈ることになりますが、これが結構負担になるのです。結婚式を挙げれば、すべてその場でのことになりますし、結婚式という一生に一度の体験も出来ることになります。つまり、結婚式は費用を押さえてでもやっておいた方が意外と楽なものなのです。

結婚式は、挙式・会場、おもてなしの料理やアイテム、そして招待するゲストの人数によって費用は大きく変わってきます。そこで今回は、結婚式の費用を節約するためのポイントを5つに絞ってお伝えします。



 

結婚式費用を抑えるには?
節約するための5つのポイント

 

1.人前式にする


まずは、挙式のスタイルをどうするのか非常に迷うところです。ポイントは、信仰している宗教があるかをお互いに確認しておくこと。キリスト教式・神前式・仏前式・人前式などありますが、一番コストがかからないのが、人前式です。

人前式とは、結婚式に出席していただいた方全員の前で結婚を誓い、証人になってもらう挙式のスタイルです。列席者全員がお立会人となるので一体感が生まれます。

人前式なら宗教に捕われることなく行うことができますが、最終的には、お互いの親の意向にも耳を傾け、親族が納得出来る挙式を心がけるとよいでしょう。

 

2.アイテムを自分で作成する


パソコンが得意な方は是非挑戦していただきたいのが、招待状、席次表、メニュー表などのオリジナルのアイテムの作成です。アイディア満載のアイテムで出席していただいた方へおもてなしをしましょう。自分で作成するということは、変更があった場合でもぎりぎりまで編集できますので、自分自身のこだわりをアピールできます。手間はかかりますが、結婚式の費用を数万円は節約できますよ。ただし、メニューや席次表などは会場関係者との事前の打ち合わせが大切です。

手作りという点では、思い出のアルバムなどを会場で上映する場合、写真や動画などを自分達で用意、編集して会場でご紹介する方法もあります。もちろん時間制限や会場のプロジェクター規格などの事前確認が必要になりますが、数十万円節約になりますので、パソコンに強い方は是非制作を楽しんでみましょう。

 

3.引き出物などを持ち込みにする


会場によっては、持ち込み手数料などがかかる場合もありますが、百貨店などで引き出物を購入し、カード決済にしてもらうとポイントも貯まりますし、選択範囲も広がりますので、結婚式の費用を節約できるだけでなく、二人のコミュニケーションも深まります。引き出物の他にも、カメラマン、司会者なども持ち込みにすると、結婚式費用の大幅な節約になりますよ。

 

4.衣裳はウェディングドレス一着にする


結婚式場の担当者の方に「人生で一度のことですからお色直しで違った衣裳を着てみませんか」と言われるとついその気になってしまいますよね。しかし、お色直しだからと言って別の衣裳を着なければならない決まりはありません。ドレスが同じでも、髪型やブーケなどでだいぶ印象が変わるものです。ですから、一着のドレスをフル回転させましょう

最初は、白をベースに髪飾りやブーケを揃え、お色直し後は、髪型、髪飾り、ブーケなど色を付けることにより華やかさを演出してみてはいかがでしょう。衣裳の枚数を減らすことで結婚式の費用もグンと抑えられます

 

5.新婚旅行も兼ね海外で結婚式を挙げる


新婚旅行も兼ねた海外挙式は、案外リーズナブルなこともありオススメです。例えば、人気の高いハワイでの結婚式と新婚旅行がセットになったプランがあります。チャペルでの結婚式から旅行費用、現地での滞在費など全て含まれているプランなら、お二人が、細かい手配をすることもなく負担も軽くなります。

 

いかがでしたか。結婚式というと、どうしても費用がかかってしまうと思いがちです。でも工夫次第で思い出に残る結婚式を挙げることができるものです。

しかし、それでも結婚式を挙げたくないという場合は、『フォトウェディング』という方法もあります。「結婚式は挙げたくないけれど、写真だけは残しておきたい」という方には記念すべき時を是非カタチとして残しておくと、将来子供に結婚式のことを聞かれたとしても堂々と写真を見せてお話できますよね。もちろん「結婚式は、ウェディングドレスだけれど、白無垢や色打掛も着たかった」なんていう方も写真で残せるので、撮影の時から楽しめます。これで結婚式の費用はグッと抑えることができるでしょう。

一生に一度の結婚式だからこそ、あれもやりたいこれもやりたいと盛り沢山の内容になりがちですが、二人でアイディアを出し合って思い出に残る結婚式にしましょう

 

まとめ

結婚式の費用を節約するには

・人前式にして出席していただいた方に証人になってもらいましょう。
・席次表やメニューなどを自分で作成します。
・引き出物・司会・カメラマンを新郎新婦側で用意します。
・衣裳は一着で勝負しましょう。
・新婚旅行も兼ねた海外ウェディングで予算をまとめます。