結婚式の乾杯挨拶をスマートに行うための5つのポイント

結婚式の乾杯挨拶をスマートに行うための5つのポイント
『結婚式の乾杯の挨拶をしてくれ』と頼まれてパッとできる人は少ないですよね。たいていは戸惑ったり、あたふたしたりしてしまうでしょう。

そうならないためには、結婚式の乾杯の挨拶の知識やマナーを頭の中に入れておく必要があります。また、それを落ち着いて実行できることが大切です。また、結婚式の乾杯の挨拶では言ってはいけない言葉などのルールも存在します。そういうことをしっかり覚えておくことも重要です。

考えてみてください。結婚式の乾杯の挨拶を頼まれて、パッと行動しビシッと挨拶をして、気持ちのよい乾杯ができたら格好良いと思いませんか。ぜひともそれができるよう準備しておきましょう。

そこで今回は、結婚式の乾杯の挨拶のポイントを5つにまとめてお伝えします。



 

結婚式の乾杯挨拶を
スマートに行うための5つのポイント

 

振る舞いは普段よりもプラス5ぐらいはかっこよくする


まず結婚式の乾杯の挨拶をスマートに行うためには、自分の立ち居振る舞いにも気を配る必要があります。ここをしっかりと行うことができれば、より結婚式の乾杯の挨拶を成功させることができるでしょう。

と言いましても、特別かっこよく振る舞えということではありません。ダラダラと行動せずにキビキビと動き、1つ1つの自分の動作に気を配る程度で問題はありません。ですから、「普段よりもプラス5ぐらい」のイメージです。普段の行動よりもほんの少し気を配る、それが結婚式の乾杯の挨拶では大切なのです。

 

結婚式の乾杯の挨拶で使ってはいけない言葉を理解する


次に結婚式では使ってはいけない言葉というものが存在します。これは乾杯の挨拶でも同様です。例えば、「冷める」や「重ねて」などの言葉です。

一般に忌み言葉や重ね言葉と言われるもので、「冷める」といった破局を連想させる言葉や、「重ねて」といった再婚をイメージさせる言葉はNGとされています。

結婚式の乾杯の挨拶を行う場合も、これらのような言葉が入っていないか確認をしてから、挨拶を行いましょう。

 

結婚式の乾杯の挨拶の言葉選びについて


では結婚式の乾杯の挨拶ではどのような言葉を用いて挨拶をすれば良いのでしょうか。基本的には、新郎新婦、その親族や関係者の方々に向けた、お祝いの意味を表す言葉を用いて挨拶を行うと良いでしょう。

特に、新郎新婦のこれからの生活、明るい未来に向けた一言を挨拶の中に込めることが大切です。その後に続く形で「乾杯」とつなげることができると良い結婚式の乾杯の挨拶と言えるでしょう。

 

結婚式の乾杯の挨拶は簡潔に行う


結婚式の乾杯の挨拶は長々と行わないのがマナーです。短く簡潔な言葉で挨拶を行いましょう。スピーチではなく挨拶だということを意識する、ここが1番重要なポイントです。簡潔にお祝いの言葉を述べて「乾杯」の流れへとつなげること。これを心がけましょう。

結婚式の乾杯の挨拶をすることになったという場合、1度挨拶の内容を紙に書いておくことをお勧めします。その時に注意することは、必要最低限のことしか書かないということです。お祝いのメッセージ、自己紹介、はなむけの言葉、結びの言葉、そして「乾杯」

1度紙に書いてみると、余計なことまで書いていないかチェックすることが出来ますよね。長いなと感じた場合は、無駄な部分を削りましょう。たいていの場合、長くなってしまっているのは、お祝いの言葉か自己紹介です。お祝いの言葉は、他の方がスピーチで述べられているので二言、場合によっては一言でかまいません。

自己紹介は、新郎新婦のどんな関係者であるかが分かればそれで良いのです。あくまでも挨拶ですから、シンプルすぎると感じるぐらいがちょうど良いでしょう。

 

出席者全員が気持ちよく「乾杯」をできるようにする


新郎新婦への気配り、お祝いの気持ちを表すことはもちろん重要ですが、他の出席者の方々にも気を配らなければなりません。全ての出席者の方々が、気持ちよく乾杯を行えるような挨拶にしましょう。

そのためには「短く簡潔に挨拶をして、少し間をとってから乾杯と宣言する」というように、出席者の方々に「お、乾杯とくるな」と思わせるようにします。すると、出席者の方々も気持ちよく乾杯ができます。

乾杯の挨拶では、「挨拶」から「乾杯」までの流れが大切です。途切れさせず、かつ間をとる。難しいことですが、結婚式の乾杯の挨拶を行う時はこのことも意識しましょう。これも結婚式の乾杯の挨拶をスマートに行うためのポイントです。

 

いかがでしたか。こうして5つのポイントごとに分けて見ていくと、結婚式の乾杯の挨拶が理解できますよね。結婚式の乾杯の挨拶は漠然と全体をとらえるのではなく、1つ1つ分けて考え、それらを確実に実践できるとうまくいきます。そうすれば、たとえ結婚式の乾杯の挨拶の経験がなかったとしても、直前で焦ることはないでしょう。

結婚式の乾杯挨拶はダラダラと行ってしまうと、どうしても間延びしてしまい、聞いている側もうんざりしてくるものです。短く簡潔に、けれども新郎新婦へのお祝いの気持ちがしっかりと伝わるような挨拶を行う。これがスマートで格好良い乾杯の挨拶と言えます。

結婚式で乾杯の挨拶を頼まれるということは、新郎新婦から信頼をされている証拠とも言えます。そんな新郎新婦のためにもビシッと格好良く乾杯挨拶を決めて、心からの祝福を贈りましょう。

まとめ

結婚式の乾杯の挨拶をスマートに行いたいのなら

・振る舞いは普段よりもプラス5ぐらいはかっこよくする
・結婚式の乾杯の挨拶で使ってはいけない言葉を理解する
・挨拶の言葉選びについて知っておく
・挨拶は簡潔に行う
・出席者全員が気持ちよく「乾杯」をできるようにする