結婚式のゲストのアクセサリー、気を付けたい7つの注意点

結婚式のゲストのアクセサリー、気を付けたい7つの注意点

結婚式に招待されると、何を着て行こう?どんなヘアスタイルで行こう?ネイルは?バッグは???って考えるとウキウキしてしまいますよね。でも意外にアクセサリーのことって直前になるまで、あまり考えないものですよね。

着ていく服には、さまざまなマナーやルールがありますが、それでさえきちんと守って失礼のない装いにすることは大変なこと。新郎新婦やゲストに失礼がないようにしっかりと考えないといけませんね。

でも、それと同じようにアクセサリーにも服までとはいかなくても、配慮しておきたいマナーがあるのです。

せっかくの結婚式に、服はバッチリなのにアクセサリーで失敗!なんていう恥ずかしい思いをしないように、きちんと考えておきたいですね。そんな、結婚式のゲストのアクセサリーで気をつけたい7つの注意点をお知らせしましょう。



 

結婚式のゲストのアクセサリー、
気を付けたい7つの注意点

 

花嫁のためのアクセサリーは避けよう


結婚式のゲストはあくまでもゲスト。主役は花嫁であることを忘れないようにしましょう。

アクセサリーはあくまでもフォーマルな服装をするためのものと考え、あまり華美になりすぎて花嫁よりも目立つようなことがないように気をつけなくてはなりません。

ティアラのようなアクセサリーや、大きなアクセサリー、生花の大きな飾りなどは花嫁にしか出来ないものなので、かぶっては大変です。そういうアクセサリーは花嫁の特権としてこの日は花嫁に譲るようにしましょう。

 

季節感がズレないように気をつけよう


アクセサリー選びだけでなく、服を選ぶときもそうですが、大切なのは季節感を合わせるということです。

夏なのに冬の素材を使ったり、冬なのに夏の素材を使うのは、どんなに高級なブランドのものであっても、高価なものであっても、やっぱりNGなのです。

秋冬の結婚式は、ベロアなどの光沢のある素材を使ったアクセサリーを選び、春夏の結婚式では、レースやオーガンジーなどの透け感のある素材を選ぶなどして、季節感を合わせるように心がけましょう。

 

素敵な時計でも結婚式ではNG


日頃から時計をつけている人は、結婚式の日であっても時計をつけたいと思ってしまうかもしれません。でも、結婚式の時に時計をするというのは実はNGなのです。

高級ブランドの時計であっても、結婚式の時にすることは避けたほうがいいでしょう。

時計を腕にするということは、結婚式の途中も時計を気にする、早く帰りたがる、ということを想像させてしまいます。ちょっと不便かもしれませんが、どうしても時計をしたい場合は、結婚式が始まる前に外しましょう。

 

お葬式のイメージにならないように注意


結婚式だからフォーマルに・・・と思うと、ついつい黒いフォーマルスーツにパールのネックレスという装いになりがちです。

もちろん、それでも間違いではないのですが、お葬式をイメージさせるような装いになってしまってはやはりNGになってしまいます。黒いスーツとパールの装いをするのなら、上手にコサージュを使って華やかさをプラスしましょう。

コサージュはあまり大きい物はやはり花嫁に譲るべきアイテムになってしまうので、12センチ位までのサイズのものを選びましょう。

 

昼間はキラキラアクセサリーは配慮して


結婚式の装いも時間帯でドレスコードが違うように、アクセサリーもやっぱり時間帯に合わせたものを選んでおくほうが無難です。

昼の時間帯の結婚式では、アクセサリーはシックにし、フォーマル感を出しましょう。昼の結婚式では、キラキラ感を押さえたアクセサリーを身につけるように心がけましょう。

白や黒のパールなど、自然な光のアクセサリーを身につけたいものです。ラインストーンやビーズなどを身につけるのならば、シックな色合いや光具合のものを選べば間違いありません。

 

夜はゴージャスなアクセサリーで華やかに


夜の結婚式では、華やかなアクセサリーを選ぶようにしましょう。

昼から続いて夜の披露宴まで出るようなスケジュールなら、アクセサリーを変えたり、パールのアクセサリーにコサージュをプラスしたりアレンジしましょう。

夜の結婚式は、本物のジュエリーを身につけたり、キラキラしたラインストーンやゴールド、クリスタルのものなど、ゴージャスな雰囲気のするものを選んで身につけましょう。

身に付ける服も肌の露出を少し増やしてアクセサリーを引き立てたいですね。

 

アクセサリーは統一感を持たせよう


結婚式のアクセサリーを選ぶ時には、統一感を持たせるようにすることが大切です。

まったくイメージや雰囲気が違うアクセサリーを、耳、首、指につけることは、統一感があるとは言えません。どんなに高価なアクセサリーであっても、統一感がないとその魅力も残念ながら半減してしまうものです。

どのアクセサリーも一部にゴールドを使っているようなものを選んでゴールドをつなぎにアクセサリーを揃えたり、統一感が出るように身につけましょう。

 

いかがでしょうか。結婚式のアクセサリーで気をつけたいことは、花嫁を引き立てるということでしたよね。

結婚式はフォーマルな装いで、普段よりもおしゃれをしてきちんとした服装をして列席するということが、新郎新婦をお祝いする第一歩となるのです。

でも、装うことばかりを考えてしまって、新婦である花嫁を引き立てるという大切な役目を忘れて自分が目立つような装いをしていってしまってはお祝いの気持ちも本末転倒になってしまうのです。

花嫁を引き立てるということを忘れずに、アクセサリーを素敵にアレンジして結婚式を楽しみたいものですね。

 

まとめ

結婚式のゲストのアクセサリー、気を付けたい7つの注意点

 

・花嫁のためのアクセサリーは避けよう
・季節感がズレないように気をつけよう
・素敵な時計でも結婚式ではNG
・お葬式のイメージにならないように注意
・昼間はキラキラアクセサリーは配慮して
・夜はゴージャスなアクセサリーで華やかに
・アクセサリーは統一感を持たせよう