絶対に盛り上がる!結婚式の余興で使えるアイデア5選

絶対に盛り上がる!結婚式の余興で使えるアイデア5選
自分の友人や大切な人から結婚式の余興をしてほしいと頼まれたら、何をしたらよいのか悩んでしまいますよね

結婚式を盛り上げる為には、身内ネタに走ってしまってもいけないですし、かと言って無難なものをしても盛り上がりに欠けてしまいます。もしそれが、初めて頼まれたものだったら、そもそも結婚式の余興で使われているものにはどんなものがあるのかも、よくわからないことでしょう。とはいえ、新しい人生の門出に立つ新郎新婦には、大いに喜んでもらえる余興を準備したいところです。

そこで今回は、アレンジせずにそのままでもよいですし、自分なりのアイデアをつけ加えた場合でも絶対に盛り上がることが出来る、結婚式の余興アイデアを5つお伝えします。



 

絶対に盛り上がる!
結婚式の余興で使えるアイデア5選

 

結婚式の余興を決める前に確認することとは?


まずは「結婚式の余興を何にしよう」と考える前に、主催である新郎新婦や会場に、いくつか確認をしておきましょう。折角考えた余興アイデアが時間の関係等で使えなくなってしまっては、元も子もありません。

確認しておくべきことは以下の3点になります。

・余興に使える時間
・DVDなどが使用可能かを式場スタッフへの確認
・新郎新婦として絶対に避けてほしい事

余興に使える時間は確認しておかないと、結婚式のタイムテーブルが押してしまう事態にもなります。自分達がやりたいことの時間ではなく、新郎新婦ときちんと相談して、余興に使える時間は決めましょう

また、ムービー等を流す際には、あらかじめホテル等の会場スタッフに使えるかを確認しておきましょう。家のDVDプレーヤーなどでムービーを流す事が出来たとしても、会場の機器では流す事が出来ないかもしれません。折角作ったムービーが当日流れない!なんて事にならないようにきちんと確認しておきたいところです。

また、新郎新婦に必ず確認しておきたい事として「絶対に避けてほしい事」が挙げられます。具体例としては、「フラッシュモブ」という余興があります。フラッシュモブとは、色々な人がリズムのよい音楽に合わせて踊るものです。「フラッシュモブなら、沢山の人にお祝いしてもらえるし、喜ぶだろう」と考える人も多いですが、これは好まない人もいます。結婚式のような、人生に一度きりの晴れ舞台だからこそ、しっかりと良い思い出として残る余興にしましょう。

では、結婚式で行う余興のアイデアとして、参加者のウケがよく準備している側も楽しめるものを5つお伝えします。

 

1. ムービー作成


ムービー作成といっても、様々なムービーが存在します。例えば、よくあるものでは新郎新婦のヒストリービデオ等が挙げられます。新郎新婦が知り合った頃の写真から、結婚式に至るまでを歴史ヒストリーのように撮影編集し放送します。他には、新郎新婦の友人、ないしはご家族からのメッセージをまとめたもの等もありますね。

ムービー作成は定番であり、インパクトはあまりないかもしれません。ですが、友人や家族からのメッセージ等をムービーにして、後日新郎新婦に渡す事によって「こんな結婚式だったね」と後で振り返る事も出来るため、新郎新婦を心から祝福したい、何か形に残るような余興にしたいと考えている方にはお勧めです。

 

2. ダンスや結婚式ソングの披露


誰でも楽しめる定番として、ダンスやカラオケの披露があります。ダンスであれば、J-POPのような明るい、盛り上がれる曲を使い、カラオケであれば定番として西野カナや嵐など、様々な結婚式ソングを歌うのがよいのではないでしょうか。

また、誰にでも親しみのある曲を使えば盛り上がり、余興としては成功するでしょう。ダンスであればキレのある動きを、歌であれば歌唱力を鍛える必要がありますが、それを極めれば終わった後には拍手喝采が上がるクオリティにまで成長します。中途半端な技術でやるのは新郎新婦にも失礼に当たりますので、やるのであれば徹底的にやる事をお勧めします。

 

3. パフォーマンス


パフォーマンスと聞くと、どんなものかと思うかもしれませんが、これはショーなどで行われているマジックやバルーンアート等が挙げられます。マジックであれば、新郎新婦も巻き込んで雰囲気のあるBGMなどを使用すると、結婚式の余興として盛り上がることでしょう。

カクテルショーのような、バーテンダーがシェーカーを振り美味しいカクテルをその場で作ってくれる場を作るのもよいですね。

他には、楽器演奏に長けている人がいるのであれば、その人による演奏なども盛り上がります。友人が自分達のために演奏してくれる音楽は、どんな音楽にも勝る素晴らしいものになるでしょう。

 

4. 新郎新婦の取扱説明書の作成


西野カナの「トリセツ」という曲をご存知でしょうか。彼氏、或いは夫に対してどういう風に自分を扱ってほしいかという内容を歌詞にした曲です。この曲を替え歌にし、友人が新婦、或いは新郎に対してこの人をこう扱ってね!というのを説明するのです。

替え歌だけでなく、動画として流したりするのも笑いを誘う為、よいのではないでしょうか。取扱説明書の他にも、処方箋や免許証のように改変したものもあるので、新郎新婦や参加者が面白いと思うものを、取扱説明書をアレンジして作成するのも楽しいことでしょう。

 

5. 新郎新婦を主役としたゲーム


準備が非常に簡単な結婚式の余興アイデアとして、ゲームがあります。ゲームといっても様々で、新郎新婦に関するクイズや、お色直し後の花嫁のドレスの色、或いは着物の柄当てゲーム等があります。

また、結婚式では花嫁によるブーケトスがありますね。これをブーケではなく、受け取った誰もが幸せになるものを花嫁に投げてもらったりしても、盛り上がることでしょう。ゲームは工夫次第で新郎新婦だけでなく参加者も楽しめるものになります。

 

いかがでしたか。ここまでに結婚式の余興として使用できるアイデアを5つお伝えしました。結婚式の余興のアイデアとしては以上のようなものが挙げられますが、どれもよいところがあり、一体どれにしたらよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。しかし、一番大切な事を念頭におけば迷わないはずです。そう、大切なのは、「新郎新婦が喜んでくれること」ですよね。

ですから、新郎新婦の気持ちを考えて、「こういう事はしてほしくなかったな…」と思われないように事前の確認はとても大切です。結婚式の余興を考え始めると、ついつい自分たちが楽しくなってしまい、新郎新婦の気持ちを置き去りにしてしまうことがあります

新郎新婦の新しい生活への一歩を気持ちよく送り出せるよう、自分達だけが楽しくならないような結婚式の余興を考えて、大いに結婚式を盛り上げましょう。

 

まとめ

結婚式の余興で使えるアイデアは

・ムービーを作成する
・ダンスや結婚式ソングの披露してみる
・パフォーマンスの披露みる
・新郎新婦の取扱説明書を作成する
・新郎新婦を主役としたゲームを考案する