グアムのチップの渡し方!よくあるシーン別にマナーを解説!

グアムのチップの渡し方!よくあるシーン別にマナーを解説!
グアムへ出かけてチップの渡し方を知らずに戸惑ったという方もいらっしゃることでしょう。チップというのは、いただいたサービスに対して感謝の気持ちとして渡すお金のことです。日本ではホテルやレストランを利用した場合、支払い金額に基本サービス料が込まれておりチップというスタイルはあまり気にしなくてよいのですが、グアムではサービスを受けた相手にチップを渡す習慣があります

サービス業に携わる人々は賃金にサービス料が反映されていないため、チップが立派な収入源になっています。グアム旅行でチップを渡さなかったために生じる無用なトラブルや不信は避けて思いっきり楽しみたいですよね。現地の方の親切に感謝しグアムの美しい海や美味しい料理も心おきなくエンジョイし最高の思い出にしたいものです。

そこで今回はグアムのチップの渡し方をよくあるシーン別にお伝えします。



 

グアムのチップの渡し方!
よくあるシーン別にマナーを解説!

 

ポーターへのチップ


グアム旅行でチップをホテル関係者に渡すとき、それぞれに金額の相場と心遣いのある渡し方があります。ホテルに到着後、ポーターに荷物を運んでもらうサービスを受けた場合、ポーター本人に荷物1個につき1ドル程度のチップを用意するのが相場です。荷物が重かったり持ちにくいものがあれば2ドル渡すとスマートです。またタクシーを用意してくれた場合も1ドル程度のチップが相場です。

タクシーに荷物を入れてもらったらやはり荷物1個につき1ドル程度を追加して渡すとよいです。サービスをしてくれた本人に笑顔で「thank you」と言って手渡しましょう。あたたかな笑顔で感謝を表す気持ちの良い心の交流は国を問わず素敵な文化だと言えます。スマートに手渡すためにもチップ用の1ドル紙幣数枚はすぐに取り出しやすいようにあらかじめバッグの手前かポケットに数枚入れておくと慌てなくてよいでしょう。

 

メイドさん(ハウスキーパー)へのチップ


グアム旅行でのチップを渡すシーンで忘れてはならないのが部屋を清潔に掃除しベッドメイクをしてくれるメイドスタッフさんです。ホテル滞在を快適に過ごせるのはメイドスタッフのサービスがあってこそです。

メイドさんは部屋を空けているときにサービスを提供してくれますので直接渡すことは出来ない場合が多いです。顔が見えない相手ではありますが「ありがとう」の気持ちを込めて用意しましょう。相場はベッド1台につき1ドル程度で宿泊ごとに用意します。

この時に枕の下に置く人がいますが、忘れものと誤解される場合がありますので、枕元のサイドテーブルの上に置く方が勘違いされずに受け取っていただけます。その時にメモ用紙に「thank you」のメッセージを置くとメイドさんはとても嬉しいでしょう。この一筆はさり気ない心遣いではありますが、姿は見えずとも好い関係が生まれ、部屋はさらに美しくなる可能性があります。

 

レストランでのチップ


グアムでレストランを利用する場合もチップを用意した方がよいのか迷うことでしょう。グアムのレストランの場合、すでにサービスチャージ料が加算されている場合が多くありますので支払い時の伝票を確認してから用意した方がチップの二重払いにならなくてよいです。サービス料が加算されていない場合、カジュアルなレストランででのチップは飲食代の10%~15%、高級レストランでは20%程度が相場です。渡すタイミングは食事を済ませ会計をするとき

カードでの支払いも可能な場合も多いので「creditcard please」と言えば通じます。自分で席を選びセルフサービスで食事をするフードコートやファーストフード店ではグアムでもチップは不要です。

 

タクシー利用時のチップ


グアムでのチップは個人手配のタクシーを利用する場合も用意しましょう。グアムでは日本と違い流しのタクシーは少ないものです。ホテルのフロントで呼ぶことになり、日本のタクシー事情とは異なります。ベルマンに呼んでもらった際にもチップが必要になります。グアムではタクシーへのチップ相場は移動にかかる料金の15%が相場になっています。端数は切り上げた方がスマートで相手も気持ちよいでしょう。

荷物をトランクに入れてもらう場合、1個につき1ドル程度を用意します。渡すタイミングは目的地についてタクシー料金を渡すときにチップを添えるとよいでしょう。この時に大きなお金を渡すとチップ込みと思われかねません。お釣りが欲しいと伝える語学に自信がない場合はあらかじめ細かい紙幣を用意した方が賢明です。

 

いかがでしたか。グアムのチップの渡し方をよくあるシーン別にお伝えしました。日本ではチップを渡すという習慣があまりないので、グアムでのチップの渡し方に戸惑ったりまごついたりする場面も多いことでしょう。これは文化の違いでもありますので、事前にその地域の状況や事情を知っておくことが大切です。グアムは風光明媚で魅力的なコースも多いですし、チップ事情を把握して、心からの旅を楽しみたいものです。

グアムでのチップの相場や渡し方を知っていると国際感覚も育ちます。海外でのマナーは日本人として大切にしたいところです。チップをケチり「非常識な日本人」と見られたり嫌われたりするのは残念です。サービスを気持ちよく受け取り、楽しい旅になるよう感謝の気持ちを忘れず笑顔でチップを渡しましょう

まとめ

グアムでのチップ相場と渡すタイミングは

・ホテルポーターには荷物1個につき1ドルが相場で本人に手渡す
・メイド(ハウスキーパー)へはベッド1台につき1ドルでサイドテーブルに置く
・レストランではサービスチャージ料がついていない場合、飲食代の15%程度が相場で会計時に渡す
・タクシー利用時は移動ににかかった料金の15%程度が相場で料金支払い時に渡す