結婚のお祝いメッセージ☆親友に贈る感動の7つの事例

結婚のお祝いメッセージ☆親友に贈る感動の7つの事例

結婚のお祝いメッセージで、親友を感動させてみませんか?楽しい時、苦しい時を共に過ごしてきた、家族の次に身近な存在である親友。お互いに結婚というイベントを経ても、長く付き合って行きたいもの。

そんな大切な親友の結婚式なら、彼・彼女を感動させる結婚のお祝いメッセージがおすすめです。友人スピーチを想定した例文集ですが、最近では列席しているゲストでも、ギフト電報のサプライズを贈る!と言うサプライズな結婚のお祝いメッセージの伝え方も人気です。

そこで今回は、心に染みわたる結婚のお祝いメッセージをご提案します。せっかくの親友の結婚式ならば、かっこいい文章など考える必要はありません!結婚のお祝いメッセージでは、今までの素直な気持ちを伝える、良い機会でもあります。

今回お伝えする7つの事例を参考にして、ご自身でアレンジしても良し。親友であるあなたの感動的なスピーチで、最高の結婚式を演出してください。



 

結婚のお祝いメッセージ☆
親友に贈る感動の7つの事例

 

幼稚園からの幼馴染の親友へ


幼稚園からずっと一緒に成長してきた幼馴染。そんな親友が結婚する時は、親のような気持ち、もしくは双子の兄弟のような気持ちにもなります。結婚のお祝いメッセージでは、やはり長年身近で親外の成長を見てきた、あなただからこその感動を、ストレートにぶつけてはいかがでしょうか。

(例文)

「○○、結婚おめでとう!

昔から兄弟のように一緒に育ってきた○○がステキな人と巡り合って幸せそうに笑っている姿を見ていると、本当に良かったなぁと涙が出てきます。

自分のことのように嬉しくてたまらないのは、きっと私も○○のことが大好きだからです。

本当におめでとう。」

「大好き」と言うストレートすぎる言葉が、幼馴染の絆を感じさせ、また「自分のことのように嬉しくて」と言う、肉親にも似た想いが伝わる結婚のお祝いメッセージです。

 

男性から親友である新郎には


男同士の親友となると、普段は恥ずかしくて自分の想いをあまり伝えられないもの。でも、結婚式という晴れの舞台なら、日頃の感謝や気持ちを伝えやすいはず。男性同士なら、普段の口調でストレートにスピーチを進めると、ご自身も緊張しにくく、ゲストにも好印象!

スピーチに慣れずに緊張しているならば、親友である新郎の目だけを見て、結婚のお祝いメッセージを伝える方法もおすすめです。

(例文)

「○○、結婚おめでとう!

何だか、改めて顔を合わせると恥ずかしいな

けど、今日はハッキリ言うぞ!

○○には本当に苦しい時も楽しい時も、一緒に過ごしてきたよな。

バカなこともたくさんしたけど、そんな日々があったからこそ今の俺があると思う。

心からありがとう。

幸せになれよ!

幸せにしてあげろよ!

いかがでしょうか?男の友情が感じられる結婚のお祝いメッセージです。特に男同士の親友だからこその今ではクスリと笑える「バカな事」。そんなエピソードを、より広げてアレンジしても、盛り上がるスピーチです。

 

ステキな思い出話を詰め込んだスピーチ


結婚のお祝いメッセージのスピーチでは、エピソードをたくさん盛り込んだ内容が盛り上がります。なかでも、より親しみやすいエピソードをピックアップして、結婚のお祝いメッセージを広げてみると、構成しやすいです。

(例文)

「○○、結婚おめでとう!

○○が、新郎である△△さんとお付き合いしたての頃に、たくさんノロケ話を聞いていました。

本当に△△さんのことを大好きな気持ちが伝わってきたので、私は2人のご結婚が嬉しくてたまりません。

もちろん、喧嘩をした時の話も聞いています。

でも、紆余曲折を乗り越えた2人の絆は、きっと素晴らしいことでしょう。

これからも、沢山の幸せを感じて下さいね」

結婚のお祝いメッセージに見合うような、可愛らしい相談話や、痴話げんかのようなエピソードなどがあれば、盛り込んでも微笑ましい雰囲気に包まれます。

親友も出席者もクスッと笑ってしまう、結婚式のお祝いメッセージ。事前に友人に話すエピソードを伝えておくと、より安心です。

 

結婚式のお祝いメッセージは、歌と共に♪


大切な親友に捧げる結婚のお祝いのメッセージは、オリジナリティ溢れる文章にしたい!という人には、こちらの参考文例をオススメします。歌をメッセージの中に織り交ぜて、結婚のお祝いをしていく、アイデアが光るスピーチです。

(例文)

あ~良かったな♪あなたがいて~。

あ~良かったな♪2人でいて!

という歌がピッタリと合う、最高のカップルですね。

私は親友として新婦○○さんと、長年一緒にいました。

だからこそ、わかるのです!

今、○○さんは本当に幸せそうです。

この歌のように、ずっと仲の良い2人でいてくださいね」

不思議とリズムある歌は、メリハリが生まれ、ゲストも注目しやすくなるために、盛り上がりも出てきます。そして「親友」とストレートに言葉にすることは、新郎新婦も嬉しいものです。

「だからこそ、」と言うフレーズもキーポイント。親友として見守っていた気持ちが伝わる結婚のお祝いメッセージです。

 

友達数人と一緒に送る、新郎へのお祝いの言葉


友達数人と一緒に、新郎への結婚のお祝いのメッセージを贈るケースも多いです。そんな時はグループだから盛り上がる、こんな結婚のお祝いメッセージがおすすめです。

(例文)

「○○結婚おめでとう!

僕たちと、○○との出会いは中学2年生の時でした。

クラス替えをしたその日から意気投合して、今までずっと一緒に遊んでいるよな。

いつもバカなことばかりしていた○○が、本気で好きな人と出会ってからは、仕事にプライベートに全力投球だった。

そんな○○の姿を間近で見ていて、本当に新婦の△△ちゃんに出会えて良かったなぁと思っているよ。

末永くお幸せに♪」

「本気で好きな人と出会ってからは…」の下りで「俺達とも遊べ!」や「そうだそうだ!」などの、ユーモアたっぷりの「やじ」などがあっても、笑いが起きるスピーチです。

ひとりが、文例のように「末永くお幸せに♪」と言ってからも、それぞれが席に帰りながら、「幸せにな。」「○○ちゃんを大切にしろよ!」「○○ちゃん、何かあったらいつでも言ってください。××に言ってやるから!」などなどと、口々に、ひと言結婚のお祝いメッセージを伝える方法も、微笑ましいです。

 

新郎と新婦の共通の友人からのメッセージ


新郎と新婦の共通の友人、と言うパターンも多いです。そんな親友による結婚のお祝いメッセージなら、「わたしのおかげ」などのフレーズユーモアたっぷりにスピーチしても盛り上がります。

けれども、そんなユーモアを言うキャラクターでもないと感じるならば、万人に好感度が高いコチラの例文ではいかがでしょうか。

(例文)

「○○くん、△△ちゃん、本当にご結婚おめでとうございます。

2人が付き合う時も、喧嘩の愚痴も、プロポーズのサプライズもすべて近くで見ていました

だから、こんな日が来るなんて最高に嬉しくてたまりません!

これからも、2人とずっと仲良くさせて下さい

そして!

愚痴を言いたくなったら、私に話して下さいね!

お2人以外には、誰にも言いません

今は2人の笑顔で会場内も、たくさんの幸せに溢れていることが、嬉しくてたまりません。

これからも、末永くお幸せに。」

2人を傍で見てきた親友ならではの、結婚のお祝いメッセージで泣かせつつ、「お2人以外には誰にも言いません。」とちょっとユーモアを添えたスピーチです。

 

新郎・新婦のご両親に


最後に少し趣向を変えて、新郎新婦ではなく、新郎新婦のご両親へ向けた結婚のお祝いメッセージなども感動します。

(例文)

「○○君、△△さんのご両親。

2人をこの世に授けてくれてありがとうございます

○○君は昔から本当に優しくて、いつも困っている人を助けていました。

△△さんは、いつも仕事で忙しい新郎を手厚いフォローで支えてくれるそうです。

そんな素晴らしい2人と出会えたことに、心から感謝したいです。

そして2人をたくさんの愛情で育て、支えてきたご両親にも、今日ここに集まったたくさんの出席者を代表してお伝えします。

ありがとうございました

幼馴染の親友で、新郎新婦のご両親とも小さい頃からお付き合いがある場合などは、新郎新婦だけではなく、両親も感動する結婚のお祝いメッセージとなります。

 

いかがでしょうか。今回は、普段は言えない言葉で感動を贈りたいあなたに、親友への結婚お祝いメッセージの例文を、いくつかご提案しました。新郎新婦の親友であるあなたなら、今回の例文をいくつか見ている内に、伝えたいエピソードや結婚のお祝いメッセージが溢れてきたのではないでしょうか。

今回の文例を参考にしつつ、素直な思いをストレートにぶつけるアレンジを添えてスピーチができれば、心からの想いは相手に伝わるもの。会場も感動するスピーチが、ムリをせずとも自然とできてしまうかもしれません。

そのため、着飾ったメッセージよりも、思い出や感謝の気持ちを込めた、等身大のメッセージが一番です。1本のバラを用意してスピーチをしたり、列席できなかった仲間からの伝言を持って、スピーチに望んだり…。などなど、ちょっとしたアイデアも、新郎新婦を感動させるので、ご一考ください。

 

まとめ

親友スピーチで新郎新婦が感動する文例集

・幼馴染のあなたなら、ストレートな表現が一番!
・仲が良すぎて照れくさい男同士こそ、日頃言えない言葉で
・親友のスピーチなら、思い出話エピソードで歩みを
・感動的な、素直な、歌のフレーズを使って、気持ちを伝える
・仲間同士なら内輪になりすぎない程度に、掛け声を
・2人に共通した親友なら「2人以外には内緒」とユーモアを
・幼馴染など、ご両親もよく知る親友は、ご両親への言葉掛け