名刺の渡し方から始まる!今後も関係が続く7つの基本

名刺の渡し方から始まる!今後も関係が続く7つの基本
名刺の渡し方は、ビジネスで成功するためには、おろそかにできないマナーのひとつですよね。最初の印象は後々まで尾を引きます。最初でつまづくと挽回はなかなか難しい

せっかく良い企画や商品があるのに、名刺の渡し方ひとつで印象が悪くなってしまっては「こんなに良いのに、聞いてももらえない!」などの事態にもなりかねません。その点、きちんとマナーが身についていれば、安心です。

一度しっかり叩き込んで、「名刺交換には慣れている!」と言う方でも、油断は禁物。意外と忘れてしまうマナーも多いのです。今一度確認しておくのはいかがでしょうか。

あまりに気にしすぎて、ぎこちない対応になっては本末転倒ですが、基本はしっかり押さえ、印象の良い名刺の渡し方で、今後も続く関係を築きたいですよね。

そこで今回は、名刺の渡し方の基本を、7つのチェックポイントに分けて解説します。



 

名刺の渡し方から始まる!
今後も関係が続く7つの基本

 

名刺を用意する


「こんな初歩の初歩をいちいち書くな!」と言われるかもしれませんが、基本中の基本。名刺をちゃんと持っているか、忘れずに確認して、チャンスを逃さないようにしたいもの。

【 名刺の渡し方マナー:準備 】

★ 相手を大切に思うほど、準備をすることを考えると、忘れてはいけないのです!

・ さらに、持って行く名刺もチェック。折れたり、汚くなったりしていないかを確認してから出かけるとより丁寧。

でも人間どうしても、うっかり確認することを忘れることもありますので、鞄やスーツに常に予備を入れておく、という対策も役立ちます。

 

専用の名刺入れ


名刺入れを持ち歩くことも基本ではあるのですが、意外にも、社会人になりたての方々や、バイトや見習いの頃には、名刺入れを準備すること自体、忘れていることも…。

【 名刺の渡し方:名刺入れは必須! 】

★ まだ社会人になりたての方に多いのが、鞄やポケットに直接入れること。これは絶対NG!また、定期入れや財布から出すようなこともNGです。

名刺はその人そのもの。専用の名刺入れに入れて、大切に扱っていることをアピールすると好感度がアップします。

 

名刺交換の順番を理解する


【 名刺の渡し方:順番 】

★ 名刺は目下の者から差し出すのがマナー。つまり仕事をもらう側から差し出す、ということ!

・ しかし自分の方が目上だからそっちが先に出せ、と言わんばかりの態度を取るのも印象が悪いもの。いつも自分が先に出すつもりでいるのがベストです。

さらに注意が必要なのは、何人か一緒に行ったケース。自分の会社から複数行くと、マナーも複雑ですが、営業側の一番格上の人から、名刺を渡しに行くのが基本です。

 

名刺を机越しに渡さない


相手会社へ営業や打ち合わせに出向き、応接間で待っていると、椅子やソファーの中央にガラステーブルなどの机がある場合が多いもの。こうなると、相手が部屋に来た時、お互い向かい合わせで名刺交換しがちです。

けれども実は、この名刺交換はNGマナー!机越しの名刺の渡し方は失礼に当たるのです。

【 名刺の渡し方:机がある場合 】

★ 名刺を渡すときには、立って机を挟まないようにするため、相手の側へ移動して渡すのが、礼儀なのです。

 

両手で渡そう


基本中の基本なのですが、渡すのと受け取るのとは同時になることが多いので難しいこともあるもの。このように、同時に名刺を渡す時にも、決まり事があります。

【 名刺の渡し方:同時に名刺交換する場合 】

★ そんなときは右手で渡して、左手で受け取る。…と言うマナーがあります。ただ、慣れないうちはなかなかスムーズにはできないかもしれません。

あまり気にしすぎず、まずは両手で自分の名刺を持ち、相手に差し出すだけでも、相手を敬う気持ちを表現できるのではないでしょうか。

同時になったら基本を意識しつつ、あまりぎこちなくならない程度に、「交換できればOK!」くらいの気持ちから初めても、理解してもらえるかもしれません。

 

相手より低い位置に差し出す


名刺を胸の高さで持ち、両手で差し出すのが、基本の名刺の渡し方。さらにもうひとつ、意識したい名刺の渡し方マナーがあります。

【 名刺の渡し方:差し出す位置 】

★ 相手より下の位置に出すことで、謙虚さを示すことも大切。これは、どちらが先に差し出すか、も関係してきます。

ただ、無理やり下にしようと頑張りすぎるのもぎこちないので、その辺りは臨機応変に対応する方が、好印象です。

 

しっかり名乗る


【 名刺の渡し方:名前を名乗る 】

★ 名刺を差し出す時には、相手の目を見ながら、社名、部署名、フルネームを伝えて渡すのが好印象。

フルネームは何となく気恥ずかしいような感じがするのかためらう方もおられますが、マナーとして、しっかり伝えるようにしたいもの。この時に、状況によっては、自分の職種や仕事の内容を伝えることも多いです。

 

いかがでしたでしょうか、このように名刺の渡し方には、いくつかの基本があります。慣れるまでは堅苦しい感じがするのは否めませんが、これらをスムーズにこなすと、仕事のできる人として一目置かれるはず!

そうなれば、その後の取引をスムーズに進める時、大きく役立つかもしれません。たかが名刺の渡し方と、侮っているとチャンスを逃すことも!仕事を取るのは至難の業だけに、ぜひマスターしたいですよね。

ビジネスマナーの多くが、相手を上とみる、謙虚な心がベースになっているので、その気持ちがあれば、必然的に名刺の渡し方の基本が覚えられたりもします。迷うことがあれば「相手を上に」を意識してみてください。

名刺の渡し方から始まって、ビジネスシーン全般に渡り、常に相手の立場に立って物事を考えられるビジネスマンとして、活躍しましょう!

まとめ

仕事ができる名刺の渡し方とは

・名刺は出かける前に必ずチェック!
・専用の名刺入れはビジネスマンに不可欠
・名刺交換はまず、自分から渡す気持ちでOK
・名刺好感、机越しはNG!相手の場所まで行く
・基本は両手で渡す。同時なら右手で渡し左手で受け取る
・相手より低い位置で、自分の名刺を差し出す
・渡しながら、社名、部署名、フルネームを伝える