結婚式で新郎が挨拶!参考にしたい7つの文例集

結婚式で新郎が挨拶!参考にしたい7つの文例集

結婚式に新郎挨拶のプログラムが入ると、披露宴も引き締まり、年配のゲストの皆様にも大変好評です。そのため、感謝の気持ちが伝わる結婚式の新郎挨拶は、大切な演出のひとつとなっています。

結婚式の新郎挨拶は、難しい文章を並べてかしこまりすぎても、くだけすぎた文章でカジュアルになりすぎても、ゲストを引き付ける素敵な挨拶とは言えません。硬くなりすぎず、丁寧な言い回しで感謝の気持ちを伝えることができれば、好感度が高い結婚式の新郎挨拶になるのではないでしょうか。

結婚式で新郎挨拶は、出席してくださったゲストへ宛てるもの。難しいように感じますが、ポイントを押さえれば、大丈夫!基本的な文例を参考に、自分らしい言葉でアレンジを加えて表現すれば、魅力ある結婚式の新郎挨拶になるでしょう。

そこで今回は、ポイントを押さえゲストの心に響く挨拶にするための、結婚式の新郎挨拶の文例集をいくつかご提案します。



 

結婚式で新郎が挨拶!
参考にしたい7つの文例集

 

出だしはくだけすぎない


結婚式の新郎挨拶の出だし部分は、くだけすぎずに感謝の気持ちを丁寧に述べましょう。出席してくださったことに関してのお礼をストレートに伝えるのがおすすめです。

【例文】

「本日はお忙しい中、私たちの結婚式にご列席いただき誠にありがとうございました。このような素晴らしい披露宴ができたのも、ひとえに皆様のおかげと心より感謝申し上げます。」

 

天候や季節の挨拶を加える


結婚式の新郎挨拶の中に天候や季節に対する一文を加えると、少し硬めの文章でも親しみのわく文章になります。ねぎらいの気持ちも伝えることができる新郎挨拶のテクニックのひとつです。

【例文】

「本日はあいにくの雨模様の中、お足元が悪いにもかかわらず、私たちふたりの結婚式にお集まりいただき、誠にありがとうございました。このように大勢の皆様に見守られ、盛大な披露宴ができましたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。」

 

スピーチや余興などの協力者への感謝を伝える


結婚式の演出につきものの主賓スピーチや余興に協力してくださった方へ、結婚式の新郎挨拶では、感謝の気持ちを伝えましょう。一歩踏み込んで感謝の気持ちを伝えることで、ゲストの方へ思いが伝わります。

【例文】

「本日は皆さまからたくさんのご祝辞や励ましの言葉をいただき、また余興では楽しい時間を過ごさせていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

あらためて私たちふたりが、たくさんの皆様に支えられてここまで来られたのだということを深くかみしめております。皆様の温かい気持ちにこたえることができるよう、これからも頑張ってまいります。」

 

目標とする家庭像を盛り込む


結婚式の新郎挨拶に、幸せな家族の姿を思い浮かべるような一文を加えると、会場が温かい空気に包まれるシーンになります。どんな結婚生活にしたいかをイメージしながら、親近感のわく挨拶にしましょう。

【例文】

「これからは、今日お越しくださった先輩方のご家庭のように、〇〇(新婦名前)とふたり毎日笑顔で、愛情あふれる幸せな家庭を築いていけるよう、精一杯努力してまいります」

 

エピソードを交える


エピソードを交えた結婚式の新郎挨拶は、決まりきった挨拶に自分たちらしさを加えることができる一番のポイントです。

出逢った頃のエピソード、プロポーズした時のエピソード、結婚式の準備にあたってのエピソードなど、全ての新郎新婦にとってさまざまな大切なワンシーンがあったはずですよね。

結婚式の新郎挨拶ではエピソードを加えた一文で、ゲストの心を引き寄せるようなリアリティのある新郎挨拶になります。

【例文】

「私たちふたりは、学生時代の友人を通して知り合い、2年間愛を育んでまいりました。私にとって大切な友人たちのおかげで、今日を迎えることができ、本当に感謝しています。」

 

両親への感謝の言葉を加える


結婚式の新郎挨拶で、新婦を育ててくれたご両親や、結婚式を迎えるにあたって協力してくれたご両親への感謝の言葉は、会場に感動を与えるシーンになります。

【例文】

「お父さん、お母さん、今まで育ててくださり本当にありがとうございます。二人のような仲の良い夫婦になることが私たちの目標です。そして〇〇さん(新婦名前)のお父さん、お母さん、これからは私が〇〇さん(新婦名前)を幸せにしていきます。」

 

結びの文章は全員への感謝とお願いの言葉を述べる


結婚式の新郎挨拶の結びの文章は、出席してくれた全てのゲストの方に、結婚式を滞りなく進められたことに感謝の気持ちを伝えましょう。

また、これからも宜しくお願いします、の気持ちを込めて、今後も見守って欲しいというお願い文を結婚式の新郎挨拶に加えます。

【例文】

「本日は皆様のおかげで、幸せで楽しい時間を過ごすことができました。

未熟者の二人でございますが、ふたりで手を取り合って絆を深めてまいりますので、これからもご指導、ご鞭撻を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い致します。

本日は本当にありがとうございました。」

 

いかがでしたでしょうか。結婚式のスタイルは新郎新婦それぞれですが、結婚式の新郎挨拶の文章は基本のスタイルがあります。

結婚式の新郎挨拶の文章は約1,000~1200文字、時間で言うと約2分~2分半です。出だしの文章・感謝の言葉・結びの文章の3つで構成されています。

結婚式の新郎挨拶の場合なら、出だしと結びは少しかしこまった印象で、感謝の言葉の部分はエピソードなど具体的な話も交えながら、くだけすぎずに丁寧な印象で話すと、ゲストの皆さんに伝わりやすい結婚式の新郎挨拶になります。

結婚式の新郎挨拶で必ず伝えたいのは「結婚式に出席してくれてありがとう」の気持ちです。感動するラストの結びの部分には、声を少し大きくして、全員へ感謝の気持ちを伝えましょう。

結婚式の新郎挨拶は、流暢に話すことが成功ではありません。たとえ言葉に詰まっても、丁寧に気持ちを込めて結婚式の新郎挨拶をすることが大切です。この文例を参考にして、自分らしい挨拶で素敵な結婚式を締めてください。

 

まとめ

結婚式の新郎挨拶で、ゲストに真心が伝わる7つの文例

・出だしは少しかしこまった表現が好感度が高い
・硬すぎる新郎挨拶ならば、天候の話題などで柔らかく
・余興など、結婚式を盛り上げてくれた方々へ感謝を
・理想の家庭像が思い描けるようなスピーチは温かい
・挙式までの二人のエピソードで自分達らしい挨拶を
・結婚式の新郎挨拶で両親や義両親へ感謝を伝える
・最後の結びはゲストの皆様への感謝で締める