寄せ書きのデザインで相手を超感動させる為の7つのアイデア☆

寄せ書きのデザインで相手を超感動させる為の7つのアイデア☆

人生の中でも、寄せ書きをもらうシーンはそんなに多くはないでしょう。そんな寄せ書きをもらう時に、かわいいデザインであったり、印象に残るものであれば一生の思い出・記念になりますよね。

寄せ書きをもらう時には、ステキなデザインにして欲しい・・・と思うことはないですが、自分が寄せ書きを渡す側だったらぜひ相手の心にしっかり残るデザインの寄せ書きを渡したいものです。

せっかくみんなで用意した寄せ書きだったのに、ずっと物置にしまってあったり、処分されてしまったりしては、涙なくては語れないお話になってしまいますよね。

「ステキなデザインの寄せ書きを作りたい!」と思っていても、いざ寄せ書きのデザインを・・・と考えてもなかなかいいものが思いつかない・・・なんてことになりかねません。

いざという時に覚えておくと絶対に役立つ、ステキな寄せ書きのアイディアを7つお教えします。



 

寄せ書きのデザインで
相手を超感動させる為の7つのアイデア☆

 

写真を使ってアルバム風にして


寄せ書きをする時に、色紙等に自分たちの写真を貼り付けておくアイディアがオススメです。色紙だけだと書いてくれた人の名前はわかっても顔が思い出せなかったり、アルバムでは顔はわかっても名前が思い出せなかったり。

なので、色紙などに顔写真や集合写真を貼って寄せ書きすれば、顔と名前が一致しやすいので、とってもわかりやすいんです。
当時の顔写真や思い出も詰まっているので、同窓会などで会う機会に持参すれば盛り上がること間違いなし!です。

 

色や形がかわいい色紙を使って


寄せ書きに使う色紙は、今はいろいろな色や形の個性的なデザインのものも多くあります。イラストを書いたり、デザインをするのが苦手な人でも、形が個性的な色紙を選んで寄せ書きすれば、グッとステキ度がアップします。

色紙といえば、白くて四角い、というイメージが定着しているので、変わったデザインのものを選べば印象に残りやすくなりますね。

カラフルなペンを使ったり、かわいいシールを貼れば、難しいデザインをしなくてもよりポップな寄せ書きに出来ます。

 

相手の趣味に合わせたものを


寄せ書きを渡す人の趣味に合わせたデザインにすると、特別感がぐぐっと増します。テディベアが好きな人には、イラストでテディベアをあしらったりぬいぐるみをつけたり、犬が好きな人には、犬の写真やイラストをつけたり。

その人の喜ぶものを使ってデザインしたり、アイテムを追加すれば、きっと喜んでもらえる寄せ書きにすることが出来ますね。もしも相手のことをよく知らなかったら、寄せ書きを喜んでもらうためにもまず知る所からスタートしてみては?

 

あえて意外なものに寄せ書き


寄せ書きをするものは、色紙だけではありません。あえて、色紙ではない違うものに寄せ書きすればより一層印象的な寄せ書きになります。

例えば、バスケやバレーボールに関係していた人なら、ボールに寄せ書きをしたり、みんなで撮った写真を引き伸ばしてそれに寄せ書きをしたり、「寄せ書きするものは色紙」という限定を解除すれば、寄せ書きできるものは無限大です。

渡す相手に喜んでもらえるような物を選んでみんなで寄せ書きをしましょう。

 

メッセージを伝える寄せ書き


相手の心に残る寄せ書きならば、中央に大きく伝えたいメッセージを書きましょう。書く内容は、共通のスローガンやキャッチフレーズ、これからに伝えたいメッセージなど。

それを大きく中心に書くことで、相手にもその気持はしっかり伝わります。印象的な言葉を伝えられたら、きっと長く心に残る寄せ書きになってくれるでしょう。

みんなで相談して新しい言葉を考えたり、その過程もきっといい寄せ書きを作るための道のりになってくれますね。

 

付箋を使ってポップな寄せ書き


寄せ書きといえば、色紙に直接書くイメージですが、色紙ではなく付箋にメッセージを書いて色紙に貼っていくと、立体感があってかわいらしい寄せ書きになります。

付箋も、ピンクやブルーなどの色のかわいいものや、☆やハートなどの形のかわいいものを選べばよりポップな印象の寄せ書きデザインになります。

付箋のいいところはその場で掛けなくても、付箋をもらっておけば後で書けるのと、失敗しても書き直せばいい所。色紙に書き損じしちゃった!も防げます。

 

最後にアートが完成するように


みんなで寄せ書きが終わったら、アートになるデザインもオススメ。たとえば、木の幹を色紙に書いて、そこに葉っぱとなる切り抜いた折り紙などにメッセージを書いて貼っていけば、最後には緑あふれる木が完成します。

また、葉っぱの代わりにそれぞれの母印を押したり、顔写真を切り抜いて貼り付けたり。アイディア次第で、いろいろなアートな寄せ書きを作ることが出来るのです。

みんなで一生懸命作った寄せ書きは、きっと喜んでもらえるものになりますね。

 

いかがでしょうか。

寄せ書きのデザインもちょっとしたアイディアでグッと印象的なものに出来ますよね。すぐに真似出来るデザインから、みんなで協力してつくり上げるデザインまで・・・自分の作りたい寄せ書きに合わせて、いろいろ考えてみたくなりますね。

いまお教えしたデザインだけでなく、渡したい相手のことを考えてさらにひと手間をプラス。オリジナルにすることで、きっともっと喜んでもらえる寄せ書きに出来ると思います。楽しんで作ってみて下さいね。

みなさんの思い出に残る寄せ書きになりますように。

 

まとめ

寄せ書きのデザインで相手を超感動させる為の7つのアイデア☆

・アルバムも一緒なら記憶も薄れない
・デザインいらずなかわいい色紙たち
・相手の好きなものを使って印象的に
・喜んでもらえるものに直接寄せ書き
・相手に伝えたいメッセージを中心に
・使って立体的な寄せ書きに
・みんなで作り上げるアートな寄せ書き