ウェディングブーケを記念に☆知ると嬉しい7つのサービス

ウェディングブーケを記念に☆知ると嬉しい7つのサービス

結婚式で花嫁さんを素敵に彩るウェディングブーケ、とっても素敵なブーケは、できれば思い出として大切に取っておきたい!と思う方は多いはず。実は、結婚式が終わった後もウェディングブーケを永遠に残しておけるサービスが最近では流行っています。

生花が主流のウエディングブーケですが、今では海外挙式を希望するカップルも多くなり、持ち運びがしやすいブリザーブドフラワーのウェディングブーケも増えてきました。そうなると、そのまま半永久的に記念に残すことも出来ます。

けれどもブリザーブドフラワーと言えども、大きなブーケを常日頃から飾ることも、部屋によっては大変なケースも。そんな時でも、様々なメモリアルサービスがあるので安心です。

そこで本記事では、ウェディングブーケを後々も飾って記念にできるサービスを、いくつかお伝えします。定番のアレンジから、ありそうでなかった素敵なアレンジまで幅広くお伝えしますので、近々結婚式を挙げるという方は、ぜひ本記事を参考にしてください。



 

ウェディングブーケを記念に☆
知ると嬉しい7つのサービス

 

場所を取らずに、結婚式の思い出を飾れる


★ 「プレート型押し花タイプ」

ウェディングブーケを押し花状にして残したい!という方におすすめなのが、額に納まったプレート型タイプ。ウエディングブーケのお花を1つずつ押し花にし、ブーケの形にアレンジしてくれます。

ブーケを包んでいたリボンなども、一緒にアレンジしてくれるサービスもあるので、挙式の感動をそのまま残せます。まるでブーケが1枚の絵になったかのような印象の、プレート型押し花タイプです。

壁に掛けることができるので場所も取らず、ずっとお部屋に残しておけるのが嬉しいポイントですね。

 

写真とともに残すウェディングブーケ


★ 「フォトフレーム型押し花フラワー」

スタンド状になっているフォトフレームに、押し花状にしたウェディングブーケをアレンジした、フォトフレーム型押し花フラワーです。左右に開くタイプのフォトフレームであれば、左側にブーケの押し花、右側に結婚式の写真を飾ることが可能です。

一生に一度という素敵な結婚式の思い出を、ウェディングブーケの押し花と共に、永遠に残すことができる素敵なアレンジです。写真とともに残せるので、後々の出産などの記念日にも、同じようにお花をアレンジして残す家庭も増えています。

 

立体感まで残しつつ、壁に飾れるウェディングブーケ


★ 「ボックスフラワー」

ウェディングブーケをドライフラワーにし、壁に取りつけるタイプの立方体のボックスに収めたボックスフラワーです。ドライフラワーといっても、まるでプリザーブドフラワーのような美しさで特殊加工してもらうことができます。

立方体のボックスに納められているため、まるでウェディングブーケをそのままボックスに入れたような美しさが魅力です。ボックス型のフラワーはサイズが大きいものが多いですが、壁に飾ることができるタイプのものは、毎日の生活を邪魔することなく、お部屋を素敵に彩ってくれるので、おすすめです。

 

色んな角度から楽しめる、メモリアルフラワー


★ 「ドーム型ドライフラワー」

ウェディングブーケを、据え置きできるドーム型のケースの中にアレンジしています。このドライフラワーは、ウェディングブーケを加工したアフターブーケの中でも、とっても人気がある商品の内の一つ。

【さまざまな種類から選ぶ、ウェディングブーケのケース】

・ ボール状のもの。
・ ベルの形。
・ エンジェルの形などなど。

ドーム型のものは、様々な角度からウェディングブーケを楽しむことができるので、とってもおすすめ。お部屋に置いて飾りたい!という方にぴったりですよ。

 

両親にもプレゼントしたい新郎新婦におすすめ


★ 「ミニボトルフラワー」

アクリルやガラスで作られた小さなミニボトルに、ドライフラワー状に加工したウェディングブーケを入れたアレンジです。

このような種類なので、結婚式でお世話になった方へ、後日のお礼としてプレゼントする新郎新婦も多いです。

【ミニボトルフラワーの魅力】

・ 小ぶりなミニボトルは、気軽に飾れるのが嬉しいサービス。
・ 両親のブートニアをアレンジして入れてもらうには、最適です。
・ 両親などへの贈り物におすすめです。

ミニサイズのキュートなボトルフラワーは場所も取らないので、ご自宅用、ご両親用、出席してくれたお友達用とついつい頼んでしまうという体験談が多いタイプです。

 

お部屋のインテリアになる素敵なアレンジ


★ 「リースフラワー」

ウェディングブーケをドライフラワーにアレンジし、リース状に加工したリースフラワー、珍しいアレンジ方法です。

結婚式のメモリアルとしてだけではなく、単体で充分に暮らしに活用できるアレンジにしたメモリアルサービスなので、おしゃれな新郎新婦や暮らしのスタイルに敏感な人々に、特に人気のタイプです。

【リースフラワーの魅力】

リースの輪は、「終わりのない永遠に続く神の愛」という意味です。まさに、ウェディングブーケをアレンジするのにぴったりといえるでしょう。

お部屋の壁に、ドアに様々な場所に飾ることができる華やかなリース。ウェディングブーケのフラワーが、新しいお部屋のインテリアに生まれ変わります。

 

メモリアルサービスとしては珍しい立体感


★ 「3D押し花」

ウェディングブーケのフラワーを押し花に加工し、立体的に見えるよう花びらを一枚一枚何層にも重ねてアレンジした3D押し花。フラワーは、花びらから雄しべ、雌しべに至るまで分解し、加工され緻密に再び組み合わせて3D押し花になります。

「記念に残すならば、絵のように加工されたものが良い。」と考える新郎新婦がほとんどですが、場所を取らずにしかもより当日の華やかさが残る、3D押し花のメモリアルサービスは、一度現物を確認すると、気に入る新婦が多いです。

【3D押し花の魅力】

立体感が珍しい3D押し花は、華やかさ満点。押し花よりもう少し華やかに、でも場所を取らないものが良い!という方におすすめです。

3Dと言っても厚さ3cm前後の、花が絵から盛り上がっているイメージです。またブーケのイメージをそのまま額に閉じ込めたタイプの他、結婚式の写真とともに飾るものや、フォトフレームタイプもあります。

 

いかがでしたでしょうか。今回はせっかくの記念のウェディングブーケを、一生の思い出に残せるメモリアルサービスを、いくつかお伝えしました。「ウェディングブーケはブリザーブドフラワーで残せるけれど、場所を取って…。」という声もよく聞きます。これなら、場所を気にせず気軽に飾ることができますね。

ご自身のブーケをアレンジしても良し、ご両親のブートニアも一緒にアレンジしてもらう方法もあります。結婚式の打ち合わせ時に、「アフターブーケ」としてメモリアルサービスの打ち合わせも進めておけば、生花でもすぐにキレイな押し花にしてくれます。

また、ブーケトスで貰ったウェディングブーケをアレンジして、新婦に後日プレゼント!なんてことも素敵です。きっと新婦に喜ばれることでしょう。素敵な結婚式の記念は、事前にしっかり準備して、ぜひ一生の思い出に残しましょう。

 

まとめ

美しいウェディングブーケを、記念に残せる嬉しいサービス

・場所を取らない「プレート型押し花タイプ」
・素敵な写真と共に残す「フォトフレーム型押し花フラワー」
・立体的に残して壁に飾る「ボックスフラワー」
・色んな角度から楽しめる「ドーム型ドライフラワー」
・両親にもプレゼントできる「ミニボトルフラワー」
・お部屋のインテリアになる素敵なアレンジ「リースフラワー」
・立体感が珍しい「3D押し花」