結婚式で身に着けるネックレス選びで注意するべき7つのこと

結婚式で身に着けるネックレス選びで注意するべき7つのこと
結婚式に招待されて出向くときには、お祝いの気持ちを込めて少しでも華やいだ装いで出席したいですね。

気を付けなければならないのは、普通のパーティーとは違うということです。結婚のお祝いが目的なのであって、あくまでも主役は新郎新婦であることを忘れてはいけません。

派手すぎては、新婦より目立ってしまいよいことではないし、かといってあまり地味でもいやいや出席しているように見えて祝福している気持ちが伝わらず新郎新婦やご親戚の気を悪くしてしまいかねません。

控えめに華やかな装いというのは案外難しいものです。アクセサリー、特にネックレスは服の表情を一変させるアイテムです。さりげなく美しく失礼のないように装いましょう。



 

結婚式で身に着ける
ネックレス選びで注意するべき7つのこと

 

あまり高価なものは避けましょう


あまり高価なものは、目立つので控えめにしましょう。つい、「これっていくらするの?」と聞きたくなるような豪華なものはやめましょう。

とにかく花嫁より目立つようなことは避けます。昼間の結婚式は、パールが一番ふさわしいのです。ヒカリものも避けるという考えの方もいるので、本物でなくともあまり、ゴージャスにみえるようなものは、避けましょう。

ブランドのものとすぐ分かるようなロゴのものも結婚式にはあまり適しません。せめてロゴが目立たないようなものにしましょう。

 

見るからに安そうなものも避けましょう


デザインや素材など、見るからに安物と分かるようなネックレスは避けたほうがよいでしょう。

自分の好みであったり、お気に入りであっても、あるいは新郎新婦とのエピソードのあるものだとしても、正式な結婚式の場にふさわしくなければやめておくほうが無難です。

布素材などのカジュアル感のあふれるようなものも避けたほうがよいでしょう。ちょっとでも気にかかるようであれば、結婚式に出向く洋服とコーディネートした状態で 家族に見せるなどして意見を聞いてみるとよいかもしれません。

 

料理を邪魔するネックレスはよくない


テーブルにガチャガチャ触れるような長さのものは、うっかり料理に付いてしまいそうで見ているとひやひやドキドキします。

ネックレスをつけている本人は食事の時は気を付ければよいと思うのかもしれませんが、周りが不快に思うかもしれないようなものは避けましょう。

数時間同じ空間で食事をするのですから食事のマナーとして、おいしさを邪魔するようなものはやめましょう。

 

音の出るようなものも避けましょう。


2重3重になっているようなものなど、こすれあってジャラジャラと動くたびに音が出てしまうようなネックレスですと、周りにいる人はだんだん騒音に感じてしまいます。

また、大きな音でなくても、わずかな音がいつまでも出続けるようなものは避けましょう。音に関しては本人が全く気にならなくてもそばにいる人は一度不快に感じてしまうとなかなか気にしなくなるようなことはありません。

食事で隣の席の人をイライラさせてしまわないように気を付けましょう。

 

動物の羽根などを使ったネックレスは避けましょう


殺生を連想してしまうとのことから動物のもの、毛皮や羽根飾りなどはやめておきましょう。

個性的なネックレスを気にする人が結婚式に出席しているかもしれないからです。しいては場の雰囲気が悪くなり、せっかくの結婚式に水を差す形になってしまいます。

動物の皮であるかばんでさえも以前はよくないとされてきました。ですのでわざわざ目立つような毛皮や羽根などはたとえ流行であっても避けましょう。

 

花を連想させるものを避けましょう


生花は花嫁のアイテムであるので、結婚式の招待者はお花を連想させるようなものを付けてはいけないルールがあります。

生花をつかってはいけないようにすることはわかっていても実は生花でなくとも生花を簡単に連想させるような造花もやはり避けるべきです。

そのような観点で考えると、アクセサリーのペンダントトップなどに大輪の花のようなものでたとえビーズなどのようなものでできていたとしても 人々の目を引くほどのものであるならばそれは避けるべきです。

 

不吉なモチーフは避けましょう


クリスタルでもどくろであるとか、グロテスクな昆虫であったりするもののペンダントのようなものも避けましょう。

お祝いにふさわしく、祝福を込めたものを身に着けます。自己表現はたとえどのような場所でもしないわけにはいかない、というポリシーの人であっても主役の新郎新婦のことを第一に考えて、結婚式にふさわしいアクセサリーを付けましょう。

 

結婚式に参加する人は、いわば新郎新婦の裏方に回って、周りから祝福するという立場なのです。場にあったおしゃれは、自分では物足りないことがあっても周りから見ると 実は好印象を与え輝いて人の目にうつったりするものです。

素敵に着飾ってのおめかしや、自分を表現するためのファッションは、パーティーなどの集まりにとっておいて、結婚式のお呼ばれの時には、小さめの控えめなアクセサリーをつけるなど、ちょっと抑えたさりげなく装うおしゃれを心がけましょう。

 

まとめ

結婚式で身に着けるネックレス選びで注意するべき7つのこと

・あまり高価なものは避けましょう
・見るからに安そうなものも避けましょう
・料理を邪魔するネックレスはよくない
・音の出るようなものも避けましょう。
・動物の羽根などを使ったネックレスは避けましょう
・花を連想させるものを避けましょう
・不吉なモチーフは避けましょう