結婚式で使うポケットチーフを素敵に身につける5つの方法

結婚式で使うポケットチーフを素敵に身につける5つの方法
友人や会社の人などの結婚式に招待された時に着る服装は予め決まっていますか。女性の服装はほんとに様々あって、結婚式という特別な場のオシャレを思う存分楽しむことができます。

一方、男性のおしゃれって限られていますよね。でもだからこそ、ちょっとしたことで差が大きく付くともいえます。

中に着るシャツ、ネクタイ、カフスなどのおしゃれもありますが、今回はポケットチーフに注目してみましょう。

ポケットチーフを使っての胸元のおしゃれの演出は、上品で洗練された大人のイメージを与えてくれます。最近では普段のスーツの時にもポケットチーフを使うこともあるようですね。

では、どのようにすればポケットチーフを素敵に身につけられるのでしょうか。普段とは違う場所でのことですし、マナーも気をつけなければならない場ですから不安に思う方も多いかもしれません。

そこで今回は、おしゃれにちょっと自身がなくてもこれだけ抑えておけば大丈夫というポイントを5つお伝えします。



 

結婚式で使うポケットチーフを
素敵に身につける5つの方法

 

みんなと同じじゃないからおしゃれ


結婚式におけるポケットチーフの着用率はどのくらいなのか気になりませんか?フォーマルな場所でポケットチーフを挿すというマナーがありながら、意外とポケットチーフを挿している方は少ないのが現状です。

実際、以前行った友達の結婚式がご自身の結婚式を見てみると、ポケットチーフを挿している方は少数派です。

だからといって、皆していないならしない。というのはもったいない。皆がしていないからこそ身につけましょう。女性はマナーを知っています。

ポケットチーフを身につけている男性の方がマナーの分かっている素敵な人と見る女性は多いのです。

 

マナーを意識した色を身につけよう


日本ではマナーが尊重されます。ポケットチーフをおしゃれに自分が身につけていると思っていても、それがマナー違反だったら台無しです。

結婚式では「白」や「シルバー」が定番ですが、最近ではカラーシャツの色に合わせたり、シルバーグレーのように光沢がある暗めの色を使う人も増えてきています。友人や仲のいい同僚の結婚式でなら白以外のものも大丈夫でしょう。

ただ、注意したいのは、親族の結婚式や挙式での手伝いを頼まれているときです。人気の人前式では、友人の代表の方に2人の結婚を承諾するサインをしてもらうという場面があります。

それをお願いされたり、親族の結婚式のときは「白」のポケットチーフを使うようにしましょう。

 

季節や時間にあった素材を選ぼう


ポケットチーフの生地の素材の選び方に細かい決まりはないのですが、ここをきちんと選んでおくと、センスがグレードアップします。素材は「麻、綿、シルク」が主流となっています。

素材は季節や時間にあった素材を選びましょう。麻、綿素材は軽やかで爽やかな印象になるので、春や夏の暖かい時期、午前中~日中の明るい時間帯の式の時におすすめです。

シルクは光沢があり、肌触りもなめらかでより気取った、上品な印象になるので、夜の結婚式に似合います。また、ふっくらとした厚みがでるため、秋や冬の寒い時期に向いています。

 

折り方で印象を変えてみよう


結婚式では「スリーピークス」という折り方が正装スタイルとされています。胸元から3つの山のような形を覗かせたスタイルとなります。ビジネスシーンなどでよく使われる「スクエア」よりも華やかさがあるので結婚式に向いています。

挙式、披露宴のときは「スリーピークス」スタイルにしましょう。そして、二次会のときには「クラッシュド」という花びらのようにして挿すスタイルに変更してみてはいかがでしょうか。もしくは、披露宴から「クラッシュド」にしてもいいでしょう。

「クラッシュド」は「スリーピークス」よりより華やかに、少しくだけた印象になるので2次会にピッタリです。その場の雰囲気やスタイルによってオシャレを変え、ワンランク上のおしゃれを楽しみましょう。

 

事前に準備をしておこう


結婚式への招待状は遅くとも2ヶ月前には届きます。実際、式へ参加するかしないかはもっと前、半年前ぐらいには分かっていることがほとんどなので、準備期間はいくらでもあります。

しかし、参加の準備はやっぱりどうしても間近になってしまい、式の2.3日前に準備できたらいい方という事も少なくないでしょう。

ですが、せっかくポケットチーフを用意しても、当日に挿し方に戸惑ってしまっては大変です。必ず、一度ならず2度といわず挿し方の練習をしておきましょう。

ポケットチーフを挿していても、挿し方が汚いと台無しです。どのように挿せばきれいに見えるかチェックしながら事前に準備をしておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

今、世の中は簡略化が進んでいます。時短、簡単、ラクなことを求めがちになっています。ポケットチーフは少し手間がかかり、面倒で、硬い感じがするかもしれません。

ですが、あえて面倒なことをすることに、きちんとするところに、魅力を感じるのが日本人の良さだと思いませんか?そしてそういう小さな気遣いやこだわりにこそ「差」がでるものです。

また、ポケットチーフは普段も使える上級のおしゃれです。是非ポケットチーフを身につけておしゃれを楽しみましょう。

 

まとめ

結婚式で使うポケットチーフを素敵に身につける5つの方法

・みんなと同じじゃないからおしゃれ
・マナーを意識した色を身につけよう
・季節や時間にあった素材を選ぼう
・折り方で印象を変えてみよう
・事前に準備をしておこう