結婚式のチーフ使いで素敵男子に☆スーツとの合わせ方7つのコツ

結婚式のチーフ使いで素敵男子に☆スーツとの合わせ方7つのコツ
結婚式というフォーマルなシーン。スーツにポケットチーフをコーディネートして、オシャレに決めたいものですよね。

しかし、普段ポケットチーフを使っていない人には、「スーツとの合わせ方に不安がある」「フォーマルな席での決まりごとは無いの?」と思われるかも知れません。

日本では長くフォーマルなシーンだけでのアイテムと認知されていて、チーフには馴染みが無い、という人が多いようです。
そこで、「結婚式のチーフ使いで素敵男子に☆スーツとの合わせ方7つのコツ」を紹介します。

チーフ使いの基本から、ハリウッドスターに学ぶ上級コーディネートまで、チーフ使いで男子力をアップし、上品で洗練されたイメージを与えられるコツばかりを集めました。皆さんもこれを読めば、さりげなく“きらりと光る”チーフ使いで、結婚式で素敵男子になれますよ!



 

結婚式のチーフ使いで
素敵男子に☆スーツとの合わせ方7つのコツ

 

生地の素材の選び方


ポケットチーフの素材では、「麻(リネン)・綿・シルク(絹)」が主流です。素材による細かなルールは特にありません。

ですからお好みで選んでも良いのですが、綿は普段使いされることが多く、「特別感」に欠ける印象になるのでお勧めしません。

日中の明るい時間帯では、麻素材で軽やかな雰囲気を出すのが良いですね。一方、シルクは滑らかな肌触りと光沢感のある素材です。

上品な印象を与えますから、夜の結婚式に向いています。麻に比べてふっくらした厚みが出るので、冬スーツとの相性がとても良いですよ。

 

白のチーフは無難?


結婚式のようにフォーマルなシーンでは、白のチーフが基本です。特に白いリネンのチーフは、ホワイトタイ、ブラックタイ、モーニングコートと、すべての正礼装に合わせることができます。

ただ、あまりに“かっちり”した印象になるので、昼間の平服の結婚式には向きませし、ダークスーツに合わせるとどうしても浮いた印象になりがちです。

平服に白のチーフを合わせる時は真っ白ではなく、白に近い「シルバー」をおすすめします。

 

カラーチーフはマナー違反?


フォーマルなシーンでは、カラータイプは避けるのがマナーとされています。

しかし、近年のファッショントレンドで注目されるようになり、チーフを使うことが「特別な日」に限られなくなってきてからは、華やかさを演出できるカラーチーフも、結婚式に使われるようになっています。

そうは言っても「基本は白」です。結婚式に友人として出席する場合など、略礼装ではない時にカラーチーフは選ぶと良いですね。その際は、柄物ではなく無地を選びましょう。

 

チーフとネクタイやシャツの色合わせを考えよう


チーフとネクタイやシャツの色合わせ、これは悩むことが多いものです。以前はこれらの色を合わせることが多かったようです。

しかし、チーフがファッションアイテムとして馴染んできてからは、統一感にこだわらなくなっています。ネクタイやシャツとは違った色にして、チーフをアクセント要素に使うのもオシャレです。

ただ、シャツは面積が多い分、その色とチーフを合わせると洗練されて見えますが、かなり“治まりの良い”コーディネートになりますね。

カラー選びに不安がある人は、同系色でまとめると安心です。

 

折り方について知ろう(スリーピークス)


チーフを身につける時には、色々な折り方があります。結婚式では、「スリーピークス(3つの山頂の意味)」が主流です。これが最もフォーマルなのです。

チーフを三角形に折っていき、胸元から角を覗かせたスタイルになり、スッキリとしたスクエアの折り方よりも華やかさがあり、結婚式の雰囲気にマッチします。

スリーピークスは、タキシード・モーニングコート・燕尾服などの格式高い衣装に使う折り方です。世界中、どの式典にも通用するフォーマルさは、どのようなスーツに合わせても誠実感・好印象につながりますね。

 

折り方について知ろう(パフド)


華やかな結婚式のパーティーシーンに映える折り方に、「パフド」があります。チーフを折りたたまずに、フワッと入れるスタイルです。結婚式の慶事には、この華やかな折り方もおすすめです。

しわを取るためのプレスはしても、きっちりした折り目はつけないで下さい。あくまでもフワッと、ナチュラルに挿しましょう。

なお「クラッシュ」と言って、パフドの反対にチーフのふちを出してフワッと入れるスタイルもあります。どちらにしても、“フワッと感”は自分の好みです。色々と試してみたり、テレビを見ながら、芸能人やアナウンサーの胸元を参考にしてみるのも良いですね。

 

上級コーディネートご紹介


実際に、どのようなスタイルでチーフがコーディネートされているのかひとつ紹介します。

ハリウッド俳優がダークスーツを着ているパーティーシーンで、同伴している女性のドレスの色に、チーフの色を合わせていました。デキル男の演出ですね。

例えば、黒のジャケットに結婚式の王道カラーであるグレーのネクタイを合わせた時、挿し色になるカラーチーフを選びたいですよね。その時に、奥様など同伴の女性のドレスと色合わせしましょう。さり気ないコーディネートが、本当に素敵です。

 

いかがでしたでしょうか。

もともとチーフ自体がフォーマルなスタイルに用いられたアイテムですので、結婚式の男性ファッションとして、手軽にオシャレ感をアピールできる便利な小物です。

挿しているだけでもエレガントです。そんなチーフを結婚式でオシャレに使いこなしたい皆さんに、「結婚式のチーフ使いで素敵男子に☆スーツとの合わせ方7つのコツ」を紹介しました。

結婚式は人生で最も華やかなセレモニーのひとつです。チーフを挿したスーツで胸を張って出席して、大切な人の晴れの門出に華を添えてくださいね。

 

まとめ

結婚式のチーフ使いで素敵男子に☆スーツとの合わせ方7つのコツ

・生地の素材の選び方
・白のチーフは無難?
・カラーチーフはマナー違反?
・チーフとネクタイやシャツの色合わせを考えよう
・折り方について知ろう(スリーピークス)
・折り方について知ろう(パフド)
・上級コーディネートご紹介