結婚式のビデオレター☆サプライズで喜ばせる5つの秘訣

結婚式のビデオレター☆サプライズで喜ばせる5つの秘訣
結婚式のビデオレターというと、よく結婚式の余興で使われていますよね。結婚式のビデオレターは、あらかじめ、両親や友人などから、祝福メッセージなどをビデオで撮影し、結婚式で流すという演出の一つです。二つとして同じものはないので、新郎新婦にも大変喜ばれます。

ビデオレターは二人を祝福したい全ての人が出演すると、より盛り上がりますポイントは涙を誘うばかりでなく、笑いも練りこむこと。例えば、新郎新婦がペットを飼っているのなら、ペットにももちろん、出演していただきましょう。ペット目線で「○○ちゃんおめでとう!」なんてアテレコすると、笑いを誘うことができます。

ではこの他にも、結婚式のビデオレターでサプライズするには、どのようにすると良いのでしょうか。

そこで今回は、結婚式のビデオレターで、サプライズを駆使して新郎新婦や出席者を喜ばせる秘訣についてお伝えします。



 

結婚式のビデオレター☆
サプライズで喜ばせる5つの秘訣

 

内緒にして準備を進める


結婚式のビデオレターを作るにあたっては、新郎新婦には内緒にして準備を進めましょう。バレないようにしておかないと、サプライズになりません。ビデオレターの準備には、1ヶ月~2ヶ月の準備期間が必要となり、一人ひとりのスケジュールに合わせないといけませんから、あらかじめ、余裕をもっておくと安心でしょう。

 

出席できない人のメッセージをサプライズ


結婚式のビデオレターで喜ばせるなら、当日に出席できない友人や、これまでお世話になった恩師からのお祝いのメッセージでサプライズしましょう。当日出席できないと聞かされていた人からメッセージが届けば、びっくりして驚くこと間違いナシです。

例えば幼稚園や保育園の恩師にメッセージを頂くと、長い年月がたつ今でも覚えていてくれたと、感極まるはずです。「あの時こんなこと言っていましたよー」なんていう先生の言葉と共に、昔の思い出を胸にはせれば、ほっこりしたサプライズができます。

 

両親からのビデオレター


結婚式の定番である、両親からのビデオレターのサプライズ。両親が、新郎や新婦のアルバムを開きながら、思い出話を語る映像は、みんなの感動を呼ぶことでしょう。「あの時はこんな事言ってねー」や、「こんな時もあったねー」と言いながら、生まれたときや旅行、入学卒業などの写真を取り入れながら、ビデオを作ります。

成功させるためには、インタビュー形式の構成がおススメです。取材者側は、笑い声などの声を入れないようにしたほうが、サプライズ感が出て、より感動的な結婚式のビデオレターになります

また例えば、新婦さんの髪飾りが「実は今日、髪につけている髪飾りは、お母さんが手作りしたのよ。」といったように、最後に映像から伝えられると、涙を誘うサプライズができます。

 

ハートの折り紙でリレーメッセージ


結婚式のビデオレターではリレーメッセージというものがありますが、このリレーメッセージをアレンジしてみましょう。

ハートに折った大きな画用紙に、お祝いメッセージを書きます。コマ撮りでもよいですし、普通に動画を撮ってもよいでしょう。ハートの画用紙を持って、次の人に渡していく、というリレーのように撮ります結婚式のビデオレターのメッセージは、映像の文字を使ってもOKです。最後は、大きなハートの風船に小さいハートの折り紙を入れる映像を撮り、新郎新婦に渡すようにしたところで、映像は終わります

暗転から、スポットライトが照らされ、先ほどの大きな風船が登場!パーン!と割って頂くと、中から、先ほどのメッセージを書いた折り紙と、バラの花束が出てくるというような、映像が現実になるサプライズができます。

 

芸能人のビデオレターでサプライズ


結婚式のプランナーさんが提案する余興の中に、芸能人を呼ぶことが増えてきています。芸を披露したり、漫才、漫談、歌を歌ったりしてくれます。もちろん、結婚式のビデオレターにも登場してくれます。お祝いコメントや、二人に捧げる、たった一つの歌を歌ってくれます。まだ、無名の芸人さんなら5万円~、それなりに売れている芸人さんなら9万~というのが相場です。ある芸人さんは、15万円でオリジナルソング付きの結婚式のビデオレターを作ってくれます。出演していただくとなるとそれなりに費用がかかることを頭に入れておきましょう

ディズニーキャラクターにも依頼することができます。ディズニーが好きな新婦さんのサプライズに、新郎さんが依頼されてみてはいかがでしょうか。芸能人などが登場する結婚式のビデオレターで、新郎新婦のみならず、出席者みんながびっくりするサプライズができるでしょう。

 

いかがでしょうか。結婚式のビデオレターのサプライズには、他にも、フラッシュモブやペンライトの光を使った、光文字のビデオレターなどがあります。ビデオレターは食事の手を止めて、皆さんに見ていただくものになりますから、しらけては台無しです。そうならないためにも、裸や露出が激しいものなど下品な演出は止めましょう

結婚式のビデオレターを作るときに気をつけることは、式場のプランナーさんとの打ち合わせやコンタクトはしっかりとることです。ちゃんと打ち合わせすることで、ビデオの尺や流すタイミングなどアドバイスしてくれますし、失敗なく役目を果たすことができるので安心です。あなたの思いがこもったサプライズのビデオレターが笑いあり、涙ありの素敵な結婚式に花を添えてくれることでしょう。

まとめ

結婚式のビデオレターでサプライズするには

・内緒で準備を進めて、サプライズ感を高めよう。
・出席できない人や恩師のメッセージをサプライズでビデオに登場してもらおう。
・両親からのビデオレターは、思い出話をメインに撮影しよう。
・ハートの折り紙などでリレーメッセージをし、最後にその場でサプライズしよう。
・芸能人のビデオレターサプライズで、会場ごと驚かせよう。