サプライズで誕生日を祝おう☆彼氏をドッキリさせる演出法

サプライズで誕生日を祝おう☆彼氏をドッキリさせる演出法
サプライズを計画して、大切な彼の誕生日をお祝いできたら良いですよね。想う気持ちが驚きと一緒に相手へ伝われば、ますます二人の距離も縮まります。

仲の良い彼の誕生日祝いはもちろんのこと、最近では少し刺激が足りないかな、と感じている二人なら尚のことサプライズを彼の誕生日に成功させて二人の仲をぐっと縮めたいものです。

しかしこの“サプライズ”、成功すればよいのですが、失敗するといくら相手が優しい相手だとしても、居たたまれない空気になってしまいます。サプライズの誕生日祝いがただのいたずらではなく喜んでもらえるようにするには下準備が不可欠です。

そこで今回は彼氏をドッキリさせる誕生日のサプライズ演出法をお伝えします。

友達も巻き込んでサプライズ

サプライズパーティーを誕生日に計画するなら、友達の協力を仰ぎましょう。内緒の共有には協力と事前の綿密な計画が必要です。みんなを集めてケーキを用意して…そんな中、パーティーを盛り上げるのならビデオレターがおすすめです。

彼のお友達や家族など、協力してくれそうな人たちからメッセージを集め、みんなと一緒に見て盛り上がりましょう。もちろんそこに集まる友達にもメッセージをもらいます。

自分の話す姿を改めて見るのはちょっと照れくさい気もしますが、パーティー計画の裏側をビデオに収めれば、ちょっとした失敗談や垣間見える本音も一番のサプライズになります

もちろんご自身のメッセージは最後に、誕生日おめでとうの気持ちを忘ず収めましょう。

 

世界に一つだけのプレゼントでサプライズ

手作りプレゼントで世界に一つだけのサプライズ誕生日をするなら、サプライズボックスがおすすめです。プレゼントボックスとも呼ばれるこの箱は、見た目はただの箱なのに空けるとびっくりな仕掛けが施されている、というものです。

色とりどりの厚めの紙を重ね合わせ、めくってもめくってもメッセージや写真が現れ、紙で作ったミニチュアカメラの中からフィルムのように次々連なる写真が引き出せたり、ミニチュアスマホからはこれまでの二人のメールのやりとりが挟まれていたり…と想いの詰まった世界にたった一つのメッセージボックスです。

手先が器用ならおすすめですが、そこまでの手作りは難しい、といことなら、オーダーメード絵本はどうでしょう。

オーダーメードの絵本を専門に取り扱う会社もあり、絵や内容から本格的に制作することも可能です。またいろいろなパターンから内容を選び、主人公の名前や本のタイトルに名前を入れることのできる絵本もあります。

本好きの彼に喜ばれるちょっとおしゃれなサプライズ誕生日プレゼントです。

 

インパクトの大きいサプライズ

サプライズ誕生日を成功させるにはやはり驚きと同時にインパクトも大切。彼の誕生日が夏場ならメッセージ花火がおすすめです。

メッセージ花火とは、花火大会前に伝えたいメッセージを申込み、大会当日会場で打ち上げ花火の前にメッセージをアナウンスしてもらえる、というものです。用途は様々で、入学のお祝いや故人への追悼、子供の誕生祝も多いですが、結婚祝のプレゼントやプロポーズなど愛のメッセージも多く読まれます。

概要や値段は大会により様々で、価格によって打ち上げ花火の種類や大きさが異なる場合があります。大会によってはその他の特典が付く場合もあり、例えば配布されるプログラムに名前が掲載されたり、特別観覧席が用意されたりなど、それまでの花火大会とは一味違った楽しみ方ができるかもしれません。

大会開催2か月位前から申込数を限定してメッセージを募集するところが多いので、申込時期にはご注意ください。

彼は夏生まれではないので花火の時期では…という方には競輪・競馬などの個人協賛レースもおすすめです。

レースにもよりますが、協賛金を出すと冠レースの命名ができます。「○○さん誕生記念」とシンプルに命名することも、文字数に制限はありますがもっと遊びを含んだ名前も可能です。レース名は出走表やホームページ、情報掲載のある新聞などの媒体にも掲載され、競馬や競輪をやらない彼へのプレゼントとしても記念に残すことができます。

また競技場や金額にもよりますが、レース優勝者への表彰式でのプレゼンテーターができたり、優勝選手との記念撮影が可能だったり、ボックス席の用意があったりとちょっと大がかりなサプライズができ、わいわい友達を交えて誕生日を盛りげることも可能です。

 

このように、サプライズで誕生日をお祝する方法はいろいろありますが、一番大切なのはお祝いをしたいという気持ちです。忙しい生活の中、例え事前に準備ができなくても気持ちを伝える方法はあります。

例えば食事に行きお店にお願いしてバースデーデザートを用意してもらい、テーブルにお皿が運ばれてくる時、誕生日を知らないはずのお店の人に「おめでとうございます」と一言添えられれば、もうそれは特別です。

急に休みが取れたなら、旅行に行くのもよいでしょう。特別な用意が間に合わなくても、一言ホテルに連絡を入れ、部屋に着いたら花束のルームサービスが届くようお願いするのもサプライズです。

一番は“サプライズで彼に驚くほど喜んでもらいたい、という気持ちなのですから。次の彼の誕生日にはサプライズ、成功させましょう。

まとめ

サプライズで誕生日を祝うのなら

・友達と一緒にサプライズパーティーで彼氏をドッキリさせよう
・世界に一つだけのサプライズプレゼントで彼氏をドッキリさせよう
・インパクトの大きいサプライズで彼氏をドッキリさせよう


連記事