焼香

葬式マナーについて

焼香の正しい方法☆参列するなら確認したい、基本の作法

焼香は仏式の通夜や葬儀、また法要で常に行うものですが、それでもやはり緊張する方々はかなり大勢いますよね。そんな焼香ですが、実は家の仏壇に線香をあげ手を合わせることも、焼香のひとつ。 しかし抹香(お香を粉状にしたもの)での焼香は、多くの方にとってはこのような席でしか行わないことですし、その作法もなかなか分かりづ...
葬式マナーについて

焼香を行う時の作法。知っておきたい7つの基礎知識とは

焼香をする機会は、お葬式や法要に参列するとほとんどの葬儀で出てきますよね。それでも、当たり前のように行っている人がいる反面、「これでいいのかしら…。」と不安を感じながら、焼香をしている人も少なくないはず。 お葬式や法要の場では、「お焼香って、どうすればいいの?」なんて、誰かに聞くわけにはいかないもの。もしかし...
葬式マナーについて

焼香の仕方、基本の作法。突然の通夜でも慌てない心得

焼香の仕方は同じ仏教でも宗派によって異なるため、難しそうとか覚えにくそうと思っている人は多いですよね。確かに、焼香の仕方は宗派によってやり方や回数が異り、細かい部分にも注目すると、すべての宗派の焼香の作法を理解しておくのは難しいこと。 また、焼香をする通夜に行く頻度は人によって違いますし、1年以上行く機会がな...
葬式マナーについて

焼香マナーのポイント。柔軟に対応するための基本とは

焼香のマナーは宗教や宗派によって異なります。そのため、通夜では故人の宗教によって焼香のマナーも変わってきますが、すべての宗教や宗派のお焼香の仕方を完全にマスターするのは難しいですよね。 一度覚えたとしても、通夜は頻繁にあるわけでありませんから、忘れてしまうのも仕方のないこと…。しかし、宗教によって焼香の仕方が...
葬式マナーについて

焼香マナー☆参列前に理解しておきたい7つの基本

焼香マナーは仏式の葬儀に参列する際、最も心配なところですよね。喪主やご遺族を含め、多くの方々の前で行うだけに、しっかりと焼香マナーは押えたいもの。 ただ、実は家の仏壇で「お線香を上げる」のも焼香の形のひとつですが、線香ではなく抹香(香木を細かく砕いて作ったお香)は、このような席でないとほぼお目にかかれないため...
葬式マナーについて

お焼香での基本マナーとは。事前に知りたい手順と知識

お焼香の仕方や手順は、普段あまり練習する機会がありませんよね。そのため、いざお通夜に行ったときには、前の人のお焼香の手順を見様見真似で切り抜けてきたという人は多いのではないでしょうか。しかし、お焼香にはちゃんとした意味があります。 それは、仏様や故人に対して拝む前に、自分の身と心を清めるというものです。そのた...
葬式マナーについて

通夜は焼香マナーで決まる。恥ずかしくない基本の手順とは

通夜での焼香マナーは、しっかりと学ぶ機会はないですよね。長く生きて人と関わっていると、悲しいお別れもあります。そんな時、お葬式のマナーは多々ありますから、お通夜の焼香になると「前の人と同じようにすれば大丈夫」と、優先順位も低くなりがちです。 確かにそれでも、お葬式の席では上手に乗りきれるかもしれません。でも、...
葬式マナーについて

通夜の焼香マナーは大丈夫?基本の仏式での7つの手順

通夜の焼香マナーは、悲しい突然の参列の場面でも、押えなければならないものですが、いつでも咄嗟に、故人に失礼のない通夜の焼香をあげることができるか、不安ですよね。 通夜の焼香は、心と身体の穢れを取り除き、清らかな心で仏に手を合わせること。また、葬儀に出席できない場合は、故人に向かってできる最期の儀式となりますの...
葬式マナーについて

通夜での焼香は大丈夫?恥を欠かない7つの手順と作法

通夜での焼香マナー、突然の訃報でも滞りない手順で進められますか?突然の通夜や葬儀、連絡を受けてからは悲しみでいっぱいになってしまうもの。けれども悲しむ間もなく、バタバタとしてしまうことがほとんどのケースです。 通常、亡くなったその日の夜、または翌日の夜に通夜が営まれ、翌日に葬儀が執り行われます(友引は避け...
葬式マナーについて

通夜の焼香マナーの基本。葬式前から押さえる作法とは

通夜には焼香をする場面が必ずあります。どんなに参列者の多い通夜であっても、喪主側から特別な指定がない限りは、参列した人は全員焼香をするのです。しかし、通夜の焼香の作法やマナーは学校では習いません。 いざ、行ってから通夜の焼香の順番が回ってきた時に、何も予習をしておかないと困ります。 葬式は、ある日突...
タイトルとURLをコピーしました