喪主挨拶

葬式マナーについて

喪主の挨拶で伝えるべき内容とは?5つの構成ポイント

通夜や告別式に参列された方々に対する喪主の挨拶は、お葬式における喪主の重要な役割の1つですよね。故人の人生最後の式典を、思い出深いものにするために、印象に残る挨拶で式典を締めくくりましょう。 しかし、お葬式は大抵、突然やってくるものです。人前で話すことに慣れている方は別として、ほとんどの方は、印象的な挨拶など...
葬式マナーについて

通夜挨拶の心得。忌問客へ伝えるべき5つの内容

近年、葬儀における喪主挨拶同様に通夜での挨拶もきちんとしたものが必要となってきました。少し前までは、通夜は仮のもので葬儀・告別式が本式とみなされることがほとんどでしたが、最近では時間的な都合などにより、通夜だけの参列の場合も増えてきているからです。 通夜では弔問客それぞれへの対応も大事なことの一つです。しっか...
葬式マナーについて

葬儀の喪主挨拶で外せない5つの「言葉」と「ポイント」

葬儀での挨拶というのは想像しただけでも気が重いものですが、もし自分が喪主になり挨拶の必要がある場合どのようにすればよいのか気になりますよね。葬儀は何の前触れもなく突然やってくる場合もあれば、すでに心の準備が整っている場合もあるでしょう。 喪主としての役割をふまえ、心を込めて述べる葬儀での挨拶はご参列いただいて...
葬式マナーについて

初めての葬儀挨拶はココが肝心!押さえたい5つのポイント

不祝儀である葬式、特に葬儀挨拶の場面では、使ってはいけない言葉ってありますよね。「重ね重ね」「ますます」などの不幸が重なる繰り返しを予想される言葉はNGです。その他にも「死亡」は「逝去」、「急死」は「突然の事」、「生存中」は「生前」に言い換える必要があります。「追って」「度々」「更に」「くれぐれも」も厳禁なので注意...
法事でのマナー

法事の喪主挨拶で気をつけたい5つのポイント

葬儀で喪主を務めた人は、その後の法事でも喪主を務めることが多いですが、初めて法事を取り仕切る場合、その喪主挨拶には悩んでしまうものですよね。 また、何回か喪主として挨拶を法事でしたことがある場合でも、一周忌だったり七周忌だったりと毎回同じ法事はありません。故人と別れてからの時間は確実に経過していて、毎回毎回の...
葬式マナーについて

【故人との関係別】葬儀の喪主挨拶で使える文例5選

身内の不幸で喪主を務めることになると、「喪主挨拶」をする場が多くありますよね。しかし、突然の不幸を前に、喪主として挨拶をするという大役の務めを果たすには、時間がないというのが現実です。 前もって準備ができるものでもないので、いざその時が来て初めて、喪主挨拶の準備をすることになります。喪主は悲しみの中、自分自身...
タイトルとURLをコピーしました