面接後のお礼状☆社会人として評価される7つのポイント

面接後のお礼状☆社会人として評価される7つのポイント
面接のお礼状は、必ず出さなければいけないものではありません。あると丁寧ですが、形式的なお礼状であれば出さない方がむしろ良い場合もあります。人事担当者はたくさんの面接をこなしていますから、全員からお礼状をもらえばかえって迷惑になります。

一方で、面接のお礼状の内容によっては、担当者に評価をされるケースもまれにあります。面接官も人ですから、相手の強い気持ちが伝われば、悪い気持ちはしませんよね。

そのため、面接や履歴書などの評価がまったく同じレベルの人が複数人いた場合などにお礼状があると多少有利になることがあるのです。

しかし、面接のお礼状は内容のポイントを抑えないと、かえって評価を下げてしまうリスクもあるだけに、注意して準備をしたいですよね。そこで今回は、面接後のお礼状で評価をあげる、7つのポイントについて解説します。

[ →続きを読む… ]

お中元を頂いたら☆お返しやお礼状の礼儀とマナー

お中元を頂いたら☆お返しやお礼状の礼儀とマナー

あなたはお中元を贈ったことがありますか?お中元とは、日頃お世話になっている方に、感謝の気持ちを伝えるために贈る品物のことをさし、一般的に7月の中旬頃までに贈ります。

会社の上司やお世話になった恩師の方など、目上の方に贈ることが多いお中元ですが、一度贈ったからには、毎年続けて贈ることが多いので、お中元を贈る範囲をあまり広げすぎても大変です。

そんなお中元は、頂いたらすぐにお礼状を送るのが大人のマナー。無事に届いたかな、喜んでもらえたかな、と気になるのが贈った側の心境です。

お互いに相手を思いやる気持ちがお中元の本質ですので、相手の方に失礼がないよう、お返しやお礼状はきちんと贈りたいもの。そこで今回は、知っておきたいお返しやお礼状の礼儀とマナーについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お礼状の文面で真心を☆相手に響く心遣い7つの例文

お礼状の文面で真心を☆相手に響く心遣い7つの例文

結婚祝いや出産祝い、快気祝いなど、人生の中でお祝いをいただく場面は何かとあります。そのようなとき、お礼の気持ちを書面にてお伝えするのは、とても大切なマナーです。インターネットが普及している今日、メールでお礼を伝える方がいらっしゃるかと存じますが、お礼状はできれば直筆でお伝えしましょう。

しかしいざお礼状を書こうとしても、どのような文面にして良いか悩んでしまいますよね。できれば単なるお礼状ではなく、真心の伝わる素敵な文面にしたい!と思われるはずです。

そこで本記事では、形式的になりがちなお礼状で、心からの感謝が伝わる例文を7項目に分けて、をご紹介します。お礼状に形式やしきたりなどは基本的にありませんが、ちょっとしたポイントをおさえることで、お礼状はとても素敵なものになります。そのようなポイントと例文をご紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

[ →続きを読む… ]

香典返しのお礼状、すぐに使える7つの例文をご紹介

香典返しのお礼状、すぐに使える7つの例文をご紹介

突然の不幸があった時、通夜や葬儀で頂いた香典のお礼をすることを香典返しといいます。

香典返しは四十九日頃を目安にお世話になった方々に感謝の気持ちを込めた手紙を添えて品物を送るものです。

通夜や葬儀の席では、気持ちの余裕がなくきっとバタバタと過ぎてしまったという方が多いでしょう。

でも、香典返しのお礼状を送るのは、気持ちに一区切りついた四十九日の頃ですから、お世話になった方々にきちんと感謝の気持ちを伝えたいものですね。
でもいざ書こうと思ってもなかなか言葉が思い浮かばない・・・なんてこと、ありませんか?

感謝の気持ちを言葉にしようと思っても言葉が出ないなんて、歯がゆい気持ちになってしまいますよね。

思っている感謝の気持ちを上手に言葉に出来るきっかけになる、香典返しのお礼状の例文をご紹介しましょう。

[ →続きを読む… ]

弔電のお礼状はどう書いたらいい?文例集と解説

弔電のお礼状はどう書いたらいい?文例集と解説

やむを得ない理由で葬儀に参列出来ない場合に送られるのが弔電です。故人への想い、ご遺族への弔意を表す為に送ります。そんな弔電を頂いた場合に必要となるのが「御礼状」ですね。

接する機会のない弔電のお礼状ですから、どんな文章を記載すれば良いか分からないと言う方も多いでしょう。今日は、そんな場合に備えて「弔電のお礼状の書き方と例文」を紹介します。

亡くなった方の立場に合わせて様々な例文を記載しますから、ご自身に合わせてご使用下さい。聞き慣れない言葉、見慣れない言葉の解説も添えて紹介します。

マナーに沿った内容で、送って頂いた相手に失礼とならないよう配慮していきましょう。故人、またご自身の感謝の気持ちが伝わるお礼状にして下さいね。

[ →続きを読む… ]