お礼状の文面はココが大事!送るシーン別5つのポイント

お礼状の文面はココが大事!送るシーン別5つのポイント
お礼状の文面を考えていると、どのように感謝の気持ちを表したらよいのか、文章がまとまらなくて悩みますよね。日々の暮らしの中ではもちろん、ビジネスでもお礼を伝えるシーンは多くあり、相手から受け取るお心遣いには誠意ある気持ちをもってお礼状を差し上げたいものです。最近はお礼も電話やメールで済ます方もいらっしゃいますが、手書きのお手紙や葉書はさらに心がこもっていると感じていただけます

お礼状の文面の組み立てに悩んだ時は、文例を参考にポイントをつかんで感謝の気持ちを素直に表してみましょう。ただ、文例はあくまで参考にし、自分らしいアレンジをすることでより伝わりやすくなります。そこで今回は送るシーン別にお礼状の文面で大事なポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

入学祝いのお礼状☆押さえておきたい書き方5つのコツ

入学祝いのお礼状☆押さえておきたい書き方5つのコツ
入学祝いをいただいた際のお礼状の書き方には悩みますよね。子どもの入学は親としてここまで無事に育ってくれたと感慨深いものがあります。支えてくださったお祖父ちゃんお祖母ちゃん、ご親族ご友人も多いことでしょう。お祝いをくださるというのは子どもの成長を楽しみにし、また今後の健やかな活躍を応援してくださっている証です。

入学祝いをいただいたら心を込めてお礼状を書きましょう。書く内容もただ「ありがとう」だけでなく、入学した子どもの様子などを添えると贈った方も嬉しいものです。入学祝いへのお礼状の書き方は決まりがあるわけではありませんが、必ずお出しするのがマナーです。そこで今回は、入学祝いのお礼状を書く場合に押さえておきたい書き方のコツをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

面接のお礼状を送るなら☆好印象になるポイントと注意点

面接のお礼状を送るなら☆好印象になるポイントと注意点
面接後にお礼状を書くと、採用に有利なんて言われますよね。ホントなのか気になるところですが、純粋に時間を割いて検討してくれた事への感謝を伝えるなら、「後で後悔するよりは、出来る事はやっておきたい!」気持ちは当然!

もともと不採用と決定していたものが、面接のお礼状によって大逆転!なんて事は、あまりないかもしれませんが、面接官も人間。「ポテンシャル採用」などの名前まであるように、ベンチャー企業などでは「やる気重視」なんて会社も多いのです。

そう考えると、採用か不採用か採用担当者が悩んでいるときには、影響を与える可能性も大きいもの…。特に、担当者が候補者のどちらにしようかを悩んでいるときには、決め手になることも考えられます。

でも、自分がそういう状況にいるかどうかなんて分かりません。可能性の問題です。それでも、可能性があるなら是非精一杯やっておきたいですよね。そこで今回は、面接のお礼状を送るにあたって、好印象になるポイントと注意点をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

面接後にお礼状☆プラスワンの評価を受けるポイント

面接後にお礼状☆プラスワンの評価を受けるポイント
面接のお礼状を書く方々がいるなかで、「あまり書いたことがない。」という人も少なくないですよね。面接のお礼状で、採用の合否に大きく影響するわけではありませんが、面接のお礼状を出すことで、より丁寧で礼儀正しい印象を相手に与えることができる場合も、なかにはあります。

面接時には十分に伝えることができなかった志望時も、面接のお礼状に添えて、もう一度アピールすることができるかもしれません。もし採用担当者があなたの採用を迷っているのなら、この面接のお礼状をきっかけに、何らかの影響を与えることもあるのです。

ただ面接のお礼状と言うのは、やましい気持ちで送るものではなく、あくまでも”お礼”であることを忘れないようにしてください。面接で時間をとって対応していただいたことへのお礼です。

とは言っても繊細な面接のお礼状、一体どんなことを書けばいいのか…。面接後にお礼状を書いたことがない人なら、特に内容に迷いますよね。そこで今回は、面接後にお礼状を出すことで、プラスワンの評価を受ける書き方のポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

面接後のお礼状☆社会人として評価される7つのポイント

面接後のお礼状☆社会人として評価される7つのポイント
面接のお礼状は、必ず出さなければいけないものではありません。あると丁寧ですが、形式的なお礼状であれば出さない方がむしろ良い場合もあります。人事担当者はたくさんの面接をこなしていますから、全員からお礼状をもらえばかえって迷惑になります。

一方で、面接のお礼状の内容によっては、担当者に評価をされるケースもまれにあります。面接官も人ですから、相手の強い気持ちが伝われば、悪い気持ちはしませんよね。

そのため、面接や履歴書などの評価がまったく同じレベルの人が複数人いた場合などにお礼状があると多少有利になることがあるのです。

しかし、面接のお礼状は内容のポイントを抑えないと、かえって評価を下げてしまうリスクもあるだけに、注意して準備をしたいですよね。そこで今回は、面接後のお礼状で評価をあげる、7つのポイントについて解説します。

[ 続きを読む… ]