一戸建ての近所付き合い☆ストレスを減らす7つのポイント

一戸建ての近所付き合い☆ストレスを減らす7つのポイント
一戸建ての近所付き合いって怖いですよね。一戸建てのマイホームに住むのが夢という人は、いつの時代も多いもの。

ただ、ドラマなどで一戸建ての近所付き合いがストレスになったり、ご近所さんとのトラブルが発生するなどの話題が取り上げられているのを見ると、不安になってしまいそうなことも…。

賃貸住宅の場合には、簡単に引っ越しをすることができますが、一戸建ての場合はそうはいかないため、ご近所さんとトラブルが発生したら、お互いにずっとストレスを抱えて暮らしていかなくてはいけません。

そう考えると、一戸建ての近所付き合いはとても重要ですよね。そこで今回は、引っ越し先のご近所さんは自分で選ぶことができませんから、引っ越したあとにストレスをためないための、気を付けるべきポイントを7つお伝えします。

 

一戸建ての近所付き合い☆
ストレスを減らす7つのポイント

 

引っ越し挨拶

一戸建ての近所付き合いを上手くするには、引っ越しの時の挨拶がとても重要。人は第一印象が悪いとなかなかそれを払拭することは難しいもの。

【 一戸建ての近所付き合い:引越し挨拶 】

★ ですから、近所付き合いのスタートである引っ越しの挨拶をしっかりして、「礼儀がない」と思われてしまわないように、配慮をしたいところ。

・ 引っ越しの挨拶は引っ越し当日か遅くとも翌日にはするのがマナー。当日まずは伺ってみて、留守だったら翌日に再度行くことをおすすめします。

 

挨拶時の注意点

引っ越し挨拶をしっかりしておくと、一戸建ての近所付き合いの第一歩はクリア!ここでポイントとなるのが、挨拶の時に持参する粗品と訪問の時間帯

【 一戸建ての近所付き合い:挨拶時 】

★ 持参する粗品は、高価すぎると相手がお返しをしなくてはいけなくなるため、1,000円未満のものが適切です。

・ 誰がもらっても嬉しい洗剤や入浴剤が無難。

また、まだ寝間着を着てる朝早い時間や、お風呂に入った後の夜の時間に来客があるのは嫌な方が多いもの。ですから、時間帯は早朝や深夜を避けるのが常識です。

 

常識的なふるまい

一戸建ての近所付き合いでストレスになるのが、周囲から噂話をされること!ですから、噂話のネタになるようなふるまいはしないよう気を付けなくてはいけません。

十分に付き合いを重ねてきた、友達に対する態度が時々はじけていても何も思われませんが…。

【 一戸建ての近所付き合い:目立たない 】

★ 引っ越したばかりのご近所さんに対して、あまり目立った発言やふるまいをするのは良くありません。

・ 「変わった人」「非常識」と思われないように、なるべく普通に過ごすことをおすすめします。

 

ご近所さんとは、深入りしない

相性があわない人は誰でもいます。ましては、一戸建ての近所付き合いにおいては生まれも育ちも違う人達と付き合わなくてはいけないわけですから、なおさら!

【 一戸建ての近所付き合い:距離感 】

★ そこで、ストレスをためないためには、合わないなと感じた人とは、なるべく深入りしないようにするのがベター。

・ 挨拶や最低限の付き合いはすべきですが、一緒にパーティーに参加したり、出かけたりするなどの付き合いはしないよう心がけるのです。

 

特定の仲良しを作らない

ご近所さんで気が合う人がいたら、やはり嬉しいのは当然!しかし、一戸建てのご近所付き合いにおいては、特定の人と特別に仲良くするのは避けた方が無難です。

【 一戸建ての近所付き合い:距離感② 】

★ 恋愛に限らず、ご近所付き合いにおいても嫉妬心や妬みはあります。

・ 特定の人と仲良くしているのを良く思わない人がいるかもしれませんから、なるべく平等にお付き合いをするのがポイントです。

 

貸し借りしない

色々な価値観を持った人たちと付き合わなくてはいけないのが、一戸建てのご近所付き合いの難しいところ。自分では気にならないようなことも、相手が気になる可能性は十分にあります。

【 一戸建ての近所付き合い:貸し借り厳禁 】

★ 特に物や金銭の貸し借りはしないに限ります。

・ 「お土産をあげたのに一度も返してくれない」とか「子供の面倒を見てあげたのにお礼がない」など、陰口を言われる原因にもなるのです。

そのため、まずは借りを作らない、もし何かをしてもらったら、「必ずお返しをする」という習慣を身に付けることが必要です。

 

噂話をしない

人の噂話は面白いもの。特に一戸建てのご近所付き合いにおいては、みんなの共通の話題と言えば、地域の話題や周辺住人の話題になりがちですから、噂話をすることも多いのではないでしょうか。

【 一戸建ての近所付き合い:噂話 】

★ しかし、自分から人の噂話はしないに限ります。

・ 自分では悪口を言ったつもりはさらさらなく、悪意がなかったとしても、噂話は人伝いに伝わるごとに、事実がどんどん捻じ曲げられていくことも…。

そのため、人伝いに「〇〇さんが悪口を言っていた」と言われることもあるためです。

 

いかがでしたでしょうか、一戸建ての近所付き合いは、ストレスがたまるものと最初から諦めている人もいるかもしれませんが、運よく気が合う人ばかりで、むしろ楽しいと感じることもあります。

そう感じるためには、お互いに配慮をするところは配慮をし、良識ある行動をすること!知らない人に対しては、誰だって最初は警戒心を持つのは当然。それは一戸建ての近所付き合いにおいても同じことです。

「自分は不審者ではありません」「常識人です」ということを周囲にわかってもらうために、日頃の言動から意識をしていくことが大切。

一戸建ての近所付き合いでは、一度輪に入れればその後は楽。ストレスなくして毎日の生活を送れるように、引っ越し直後の言動やマナーには十分に気を付けましょう。

まとめ

ストレスレスな一戸建ての近所付き合い

・引っ越し挨拶は当日か翌日には済ませる
・引っ越し挨拶は常識的な粗品と時間帯を選ぶ
・最初はとにかく常識的なふるまいを心がける
・合わないなと感じる人とは深入りしない
・特定の人とだけ仲良くするのは避ける
・極力、貸し借りをしないようお返しをする
・その場にいない人の噂話は自分からしない


連記事