親孝行をしよう☆両親を心から喜ばせる7つのアイデア

親孝行をしよう☆両親を心から喜ばせる7つのアイデア
「親孝行したい時に親はなし」なんてことわざがありますよね。現代社会においては、人の寿命が延びましたから、「昔より親孝行できる時間は増えた」と、考えれられるかもしれません。

にも関わらず、いえ、だからこそ「親孝行をする」という意識が少なくなっている現代ですが、そもそも親孝行は、儒教思想を受け継ぐ日本の価値観のひとつ。ただ、仕事も忙しかったり遠方で暮らすなど、昔と今とでは暮らし方自体が多様に変化しているのは確か。

それでも、誰にとっても親はいつまでたっても親。「明日、何が起こるかわからない。」と考えれば、思い立った時に喜ばせることをして、親孝行したいですよね。

そこで今回は、親孝行をしたい時にすぐできる、アンケートや体験談から集計した、両親が心から喜んだ、ちょっとしたアイデアを7つお伝えします。



 

親孝行をしよう☆
両親を心から喜ばせる7つのアイデア

 

まずは「今の」両親を知る


当たり前のことですが、両親をよく知らないと、本当に喜ばれる親孝行はできません。「子どもだから、いろいろ知っているのは当たり前でしょ!」と思うかもしませんが、意外に知らないことが多いもの。

【 親孝行:日頃の会話からリサーチ 】

★ まずは率直に何が好きか、何ができると嬉しいのか、それとなく聞いてみてください。

・ できるだけ多く聞き出しておくと、いろんな機会に小出しにできて便利!すぐにできるかどうかは別として、リストアップしておくと後々役立ちます。

そして、時が経つと喜ぶことが変化してくることがありますので、一度聞いて終わりにせず、折々に聞いてあげる癖を付けておくと、思い出すことがあるのです。

 

やっぱり、会いに行くこと!


疎遠になると電話では元気そうでも、実はとても寂しい思いを我慢していたりするのが親心。なかなか忙しい毎日ですし、距離の遠い地に住んでいれば、なかなか会いに行けないのは当然ですが、頑張って計画を立ててみてはいかがでしょうか。

【 親孝行:会いに行く! 】

★ 高齢になると足腰も弱り、あまり出かけなくなりますから、日常でちょっとした美味しいもの、美しい花などあれば、買って行き「美味しそうだったから、一緒に食べたくて!」と、訪ねてみるのが、嬉しい親孝行!

・ ポイントはさりげなく!「どうしてる?」という感じで会いに行き、ついでに家の点検をして必要な作業をしてあげると喜ばれます。共に過ごす時間こそ、貴重な親孝行であることは、間違えありません。

ただし、あまり頻繁に行ってしまうと、かえって疲れさせてしまうこともあるので、両親の様子を見ながら、自分もリラックスするつもりで訪ねてください。

 

感情を満たすことを考えよう


年齢を重ねてくると、様々な感情の変化が生じます。それが満たされないと感じると、力が落ちることを理解すると、良い親孝行を思いつくかもしれません。

特に男性は仕事を辞める日を迎えると、感情は大きく揺さぶられることも。認められたいとか、役に立ちたいという思い、そしてそこから孤独感に襲われることもあるのです。それに伴ってお母さんも、多かれ少なかれ影響を受けることになります。

そこを満たしてあげられるとすれば、素晴らしい親孝行になることに!

【 親孝行:感情を満たす 】

★ 高齢の方々へ向けた、傾聴ボランティアがあるのをご存知でしょうか。

・ 感情を満たす=よーーーく話を聞いてあげる、と言うこと!

ただし、弱気なことを言ってきたり、同じことを何度も言ってきたりするので、辛抱が求められます。決して否定したり、正したりせずよく聞いてあげるのが「傾聴」です。

 

感謝を伝えよう


物を送るのもいいですが、感謝している気持ちを言葉で伝えるのも、ささやかながら強力な親孝行。親の側としては、育て方が良かったのかとか、本当に幸せにしてあげられたのかとか不安があるもの。感謝していることを伝えると喜ばれるのです。

【 親孝行:細かなエピソードで感謝を伝える 】

★ その際、「ありがとう」という言葉を率直に伝えるのはもちろんですが、それだけでなく、具体的に実際のエピソードを使って感謝すると、嬉しさも倍増!

・ お互いにその時の記憶がよみがえったりして、二人で泣くことになるかもしれません。

 

健康を気遣おう


健康に気遣う親孝行は簡単そうで難しい項目。子は親に厳しくなる傾向があるので、注意が必要なのです!「健康のために〇〇しなきゃダメ!」とか、「そんなことしてたら体に悪いからダメ!」などとついつい言ってしまった覚えはないでしょうか。

実はこれ、高齢の両親からのアンケート結果では裏目に出ています。…と言うのも「残された人生、美味しいものを食べて自由に生きたい!」と言う気持ちが強い方々が多いのです。子どもとしては、親孝行のつもりなのですが…。

【 親孝行:健康の気遣い方 】

★ 大切なのは、何かを注意することではなく、感情を持ち上げてあげること!

・ 不安を少しでも取り除いてあげて、免疫力をアップさせてあげれるとグッド。その上で健康に良い食事を作ってあげたりすると、喜ばれるのではないでしょうか。

 

心からの褒め言葉


心からの褒め言葉、と聞くと感謝を伝えることと似てるように感じますが、少し違います。褒めるなら、相手を認めていることを伝えることになるのです。

【 親孝行:心からの褒め言葉 】

★ どんなところを尊敬しているか、素敵だと思っているかを伝えてください。

・ 特に良い特質を見つけて伝えるのが、喜ばれるポイント。これには、普段から良いところを探す努力が必要です。

人はついつい悪いところに注目してしまうものですので、注意したいものですが、両親の良い部分を見つけようとすると、他の人々の良い部分も見えてくるため、結果的に自分の暮らしに潤いが生まれます。

 

今できることをしよう


親孝行は毎日の積み重ね。大きなプレゼントは記憶に残って良いですが、普段から良い関係を築いていればこそ、良い思い出になるものです。

【 今できることを積み重ねる 】

★ ふと思いついたら家に行ってみる。肩や腰が辛そうだったな~、と感じたらさすってみる…、などなどちょっとした「ふと感じたこと」を素直に表現することが一番!

・ プレゼントや誕生日祝いなど、大きなことも良いのですが、「心から喜ばせる」と考えるなら、日頃のちょっとした気持ちが大切なのかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか、親子の関係は時を重ねると変化します。怖いと思っていた親が段々弱くなってきたり、いつでも助けてくれる存在だと思っていたのに、かえって世話を必要とするようになったり、いろいろです。

ただし親子関係はそれぞれの家庭でさまざま。そのため、本記事でお伝えした「心から喜ぶ」親孝行を実践したとしても、複雑な問題が起こることもあり得ます。必ずしも思い描いていた親孝行ができるとは限りませんよね。

ただ、その時その時の変化に対応し、ベストを尽くして親孝行していければ、後々後悔することはないはず。自分が親であるならば、子ども達にどうして欲しいのか、想像しながら広い心で実践するのもひとつです。

悲しい現実ですが、両親はいつかいなくなるもので、いなくなっては何もできません。今を大切にさりげない親孝行を積み重ねてはいかがでしょうか。

何をするかも大切ですが、何をしてもらいたいと思っているかを把握し、喜んでもらえることをするように努力したいもの。精一杯の親孝行をして、皆で良い時を過ごしましょう!

まとめ

両親を喜ばせるために

・両親が何を望んでいるか、日頃の会話でリサーチ
・さりげなく両親に会いに行き、暮らしを確認
・両親の話をじっくりと遮らず、「傾聴」する
・エピソードを添えて感謝を伝える
・両親のストレスを取り除けるよう、リラックス
・両親に「人として」尊敬している部分を伝える
・ふと思い立ったちょっとした気持ちを表現する