結婚する友人へのメッセージ、必ず感動を誘う7つの方法

結婚する友人へのメッセージ、必ず感動を誘う7つの方法

結婚する友人へのメッセージ。何を記載すれば喜んでくれるかな…どう書けば、自分の喜びが伝わるだろう…。と、お考えの皆さん、一度目を通してみませんか。

今日は「結婚する友人へのメッセージ、感動的に作り上げる」7つの方法を紹介します。伝える方法から始まり、内容やちょっとしたポイントも記載していますから、ぜひ読んで参考にしてみて下さい。結婚式以外でのメッセージ作りにも活用出来ますよ。

難しい事は一切ありません。ご自身の想いや素直な気持ちを、ちょっと工夫して伝えるだけです。まずは必ず下書きをして挑戦してみましょう!

相手に伝わる、そんな感動的で最高のメッセージを作り上げて、「ありがとう」の言葉を受け取ってください。



 

結婚する友人へのメッセージ、
必ず感動を誘う7つの方法

 

伝え方を考えよう!


まずは、重要なポイントとなる伝え方を記載していきます。

手紙やカード、電報やメッセージビデオ、結婚式での祝辞や電話など、伝え方も様々です。出来る限り“形に残る物”の方が、感動的なメッセージに繋がります。手紙やカードは一般的ですが、ふとした時に読み返す事が出来るのが利点です。直筆で記載してあると感動も更にUPするでしょう。

電報は、結婚式での思い出を甦らせる記念品としても喜ばれます。どんな電報が二人に合うか、どんな物がその時の流行りか、など考慮しながら選ぶと良いでしょう。

メッセージビデオは、生声でお祝いが聞ける嬉しい方法ですね。あとにも残るビデオなので、その当時の記憶が鮮明に思い出されるでしょう。あまり変な事は言わないのがポイントです。

 

いつもの呼び名で話しかけよう!


では、内容に移っていきましょう。

フォーマルな席だからと、かしこまる必要はありません。いつも通り、あなたが呼ぶ新郎・新婦の呼び名で話しかけて下さい。
祝辞の場合は、下品なあだ名や友人同士でしか分からない呼び名は避け、下の名前で話しかけると良いでしょう。

親しみある呼びかけや言葉は、新郎や新婦の心に直接響きます。“あなた”が話しかけていると意識してもらうのがポイントです。

カードや手紙の場合は、直筆で書き、呼び名もいつも通り記載すると良いでしょう。締めの言葉として、相手から呼ばれているあだ名「○○コト、○○(本名)でした」等と伝えると、記憶に残るメッセージになります。

 

思い出や記憶を辿ろう!


新郎や新婦と一緒に過ごした時間を思い出してみましょう。相手の事を見直した思い出、楽しかった思い出、相手が優しいと感じた瞬間、相手の魅力ポイントなどなどです。相手をメインに考え、“あなたがどう感じているか”がポイントになります。

難しい言葉は必要ありません。こういう場合は、直球の方が伝わりやすいからです。素直で率直なメッセージを、あなたの言葉で伝えて下さいね。

マイナスイメージや悪い事は決して伝えない!それさえ覚えておけば、素敵なメッセージに繋がります。

 

時には格言に頼ってみよう!


なかなか上手い言い回しが見つからないと言う場合は、先人の格言や文章に頼るのもお勧めです。あなたが感動した格言やメッセージでも構いません。これから未来に向け、出発するお二人に最適な言葉を選んでみましょう!

新郎新婦それぞれに送るメッセージでも宜しいです。その言葉を基に、ご自身の想いや考えを伝えると、素敵なメッセージになるでしょう。

先人の知恵や経験、言葉を借りて、あなたのメッセージも感動的なものに仕上げて下さい。

 

祝福の気持ちを言葉で表してみよう!


大人になればなるほど難しくなる表現方法ですね。子供の頃は、簡単に言えていたハズの素直な気持ちを、言葉に移して伝えてみましょう。新郎新婦の結婚を、心から祝福している気持ちや、結婚と聞いて、幸せな気持ちになった事など、上手に表現してみて下さい。

「聞いた瞬間、私の小さい目が大きく開いて、口元が勝手に笑顔になったよ!」

「二人が一緒にいる姿をイメージすると、心が温かく和みます。幸せを分けてくれて、ありがとう。」など。

ご自身に起こる体の変化を、言葉に変えるのがポイントです。うまい言い回しがなければ、擬音を使うのも良い手でしょう。

 

伝わりやすい言葉を選ぼう!


相手に伝わらなければ、意味がありません。

親しい間柄ですから、難しく表現しようと思わずに、出来るだけ簡単な言葉を選んで下さい。始まりと締めの言葉は、お祝いの定型文として伝え、間のメッセージが鍵になります。まずは、ご自身主体で考え、分かりやすい言葉で文章を作成してみましょう。

出来上がったら、相手の気持ちになり、読み返していきます。分かりにくい表現ではないか、難しく書き過ぎてはいないか、一文が長すぎないか等がチェックポイントです。

もっと伝わりやすい言葉はないか、分かりやすい表現はないか等、探しながら読み返すと、読みやすさ、伝わりやすさがグッとアップします!

 

新郎新婦、相手に向けて伝えてみよう!


ご自身が新郎の友人だったとします。その場合、新婦に向けてメッセージを書くのが、このポイントです。

新婦の友人だった場合は、新郎に向けて言葉を伝えてみましょう。長年の友人だからこそ知る、相手の扱い方、注意点、魅力的な所や性格等、ご自身が分かる範囲で構いません。

「○○君は、1点集中型です。眉間にシワを寄せ、何かに集中している時は、そっと見守ってあげて下さい。」

「○○ちゃんは、あまり弱さを見せない性格です。心底落ち込む時もありますが、甘い物を与えると、すぐ回復します。時々ケーキを買って帰って下さい!」

新郎新婦どちらも見る可能性があるメッセージですから、「こんな風に思ってたんだ…嬉しい」と感じるメッセージが最適です。どちらにも感謝される、感動的なメッセージが出来上がります。

 

いかがでしたか。

意外と簡単に感動的なメッセージが作れそうでしたね。感動は、あなたの思い出や言葉次第で、無限に作り出せます。相手に“あなた”をイメージさせる事が大切なんです。

あなたが話してかけているようなメッセージにすれば、それだけで感動が伝わりますよ。読み書きなら、読みやすい字で丁寧に書くこと!見て貰うメッセージなら、大きくハッキリと聞き取りやすい声で話すこと!

この2つに注意しておけば、必ず相手に伝わる素敵なメッセージが届けられます。相手を思う、あなたの温かい気持ちで、感動的なメッセージに仕上げて下さいね。

 

まとめ

結婚する友人へのメッセージ、必ず感動を誘う7つの方法

 

・伝え方を考えよう!
・いつもの呼び名で話しかけよう!
・思い出や記憶を辿ろう!
・時には格言に頼ってみよう!
・祝福の気持ちを言葉で表してみよう!
・伝わりやすい言葉を選ぼう!
・新郎新婦、相手に向けて伝えてみよう!

[ad#