結婚式は和装で☆着物に相応しいゲストの髪型5つのルール

結婚式は和装で☆着物に相応しいゲストの髪型5つのルール
結婚式でゲストが着物を着る時、髪型はどんな風がよいのか迷いますよね。結婚式で着物を着るゲストにも着物や髪型にルールのような決まりごとがあります。

例えば、着物を着るときにはアクセサリーをジャラジャラ付けないのが着物のマナーです。ピアス、ネックレス、指輪など一度にたくさん付けず、指輪一つだけや小さいピアスだけという風に付けましょう。

もちろん、髪型もキャバ嬢みたいにするのは、結婚式ではふさわしくありません。知らないと周りから顰蹙を買うことにもなりかねないので注意が必要です。普段はあまり着ない着物ですから、髪形も含めスマートに決めたいものです。

そこで今回は、結婚式に着物を着た時、気をつけたい髪型のルールについてお伝えします。

花嫁さんよりも控えめにする

着物は洋装よりも煌びやかなので、周りより目立ちやすい装いです。結婚式での着物の髪型は、主役の花嫁さんよりも目立ってはいけません。また、結婚式でのゲストの着物の髪型には、白をメインとしたものは避けましょう。白は新郎新婦の服装に被ってしまいます。白を使うならワンポイントに留めておきましょう。

結婚式の着物での髪型には、あえて何も付けないのが本来は好ましいのです。いっそのこと何も飾り物を付けないというのもおすすめ三つ編みや編みこみでまとめるとよいでしょう。編みこみを逆編みにすると、網目が浮き出てかわいく仕上がります

 

髪飾りはタブーの素材は選ばない

結婚式に着物の髪型に使うとタブーな髪飾り素材があります。最近の結婚式では、花嫁さんの和装の髪飾りに大きな生花の髪飾りを使うことが流行っています。花嫁さんと髪飾りがかぶらないように、大きめの生花やコサージュなどは避けましょう

結婚式では、革素材やふわふわのファーの素材、アニマル柄などはタブーです。動物を殺傷するという負のイメージがあります。縁起を重んじる結婚式での着物の髪型の飾りには、相応しくないので気をつけましょう。

 

髪飾りの色は着物から一色取る

結婚式に着物で出席する時、髪型は決まっても髪飾りの色に迷うこともあるでしょう。髪飾りを選ぶとき、着物に使われている色の中から、一色選んで付けると素敵です。いろんな色があると、落ち着きがないように見えます。色をまとめると、すっきりして、おしゃれ度がアップします。白色は花嫁が使う色ですから、使うのは避けましょう。

着物が原色なら同じ原色を選び、淡色なら淡色、というように選んでみてもよいでしょう。色が決まらないときは、パールがおすすめです。どんな着物にも、優しいパールが華やかにしてくれるアクセントになるでしょう。

 

結婚式に相応しいかバランスを考える

結婚式で着物の場合、髪型を決める時、着物とのバランスを考えることが大事です。結婚式に相応しい髪型なのかも考えましょう。着物だからといって、成人式のように派手に盛った髪型は避けましょう。着物は周りよりも目立つ上に、髪型も派手にしてしまうと、より目立ちすぎて浮いてしまうこともあります。

結婚式で着物を着たときの髪型は、シンプルにまとめるだけでもよいでしょう。着物が華やかなので、大きな飾りをつけずに夜会巻きだけでも充分素敵です。

 

着物を汚さない髪型にする

結婚式で着物を着る時の髪型の注意点は、着物を汚さないようにすることです。スプレーやワックスがたれてきたりすると、大事な着物に付くことも。着物は高価なものですから、クリーニングも大変になります。ベタベタとカッチリスプレーを付けるのは避けましょうスタイリングする時は、着物を着る前にすることをおすすめします。着物を着た後に行う場合は、襟元にタオルや手ぬぐいなどでカバーしましょう。

ねじってツイストをつくりピンでとめたり、ハーフアップにして飾りを付けたりするのがおすすめです。大きなロットのアイロンで巻き髪を作り、耳寄りのところに一つにまとめてもボリュームが出ます。アイロン前にスプレーをしておけば、巻き髪が持続します。形を記憶する成分は髪に浸透し、たれてくる心配はありません。

 

さて、結婚式の着物の髪型は、新郎新婦が引き立つように選びましょう自分で出来る方は、今はやりのくるりんパっも簡単にまとめられるのでおすすめです。かわいく仕上げるならくるりんパッ、シックにするなら夜会巻きが定番です。当日にすばやくできるように練習しておきましょう。

自分で出来ない不器用さんは、美容師さんにお願いしましょう。そのときは髪飾りをあらかじめ購入して、着付け当日に着物と一緒にもって行きます。着物に合わせて髪型をお任せしてもよいですし、雰囲気がわかる写真を持参してお願いしてもよいでしょう。

着物を着て結婚式に出席するとなるといろいろな準備が必要になります。着物が素敵なのに髪型が合わないなんてことがないようにしましょう。髪型もビシッと決まった着物姿で祝福してもらったら、新郎新婦も一層喜んでくれるでしょう。結婚式の着物を髪型も素敵にまとめ、二人の門出に華を咲かせましょう。

まとめ

結婚式で着物に相応しいゲストの髪型のとは

・花嫁さんよりも控えめにして、新郎新婦を引き立てる
・髪飾りは白やファーなどは選ばない
・髪飾りの色は着物から一色取って、色をちりばめない
・結婚式に相応しいかバランスやTPOを考える
・着物を汚さないように工夫する


連記事