結婚式のお呼ばれ服☆身に付けたいドレスを年代別に解説

結婚式のお呼ばれ服☆身に付けたいドレスを年代別に解説
結婚式にお呼ばれした際、着ていくドレスに悩んでしまう事って多いですよね

結婚式がある度に新調しているという方もいれば、めったに着るものではないから毎回同じなんて方もいます。しかし年齢を重ねていくと、ドレスを選ぶ際に「自分の年齢」を考慮する必要が出てきます

10代の頃などは多少行き過ぎた格好をしていても、若さでカバーできたり、大目に見てもらえる部分が多々ありますが、成人して20代後半を過ぎようかという頃には、大人としてのマナーをわきまえていないと「痛々しく」見られるようになってしまいます

女性であればいつまでも若くありたいものですが、結婚式のお呼ばれで好印象を与える為には、自分の年齢をしっかりと考慮したドレス選びが必要です。そこで今回は、結婚式のお呼ばれで身に付けたいドレスを年代別でお伝えします。



 

結婚式のお呼ばれ服☆
身に付けたいドレスを年代別に解説

 

10代~20代前半におすすめのドレス


若さあふれるフレッシュな年代ですから、結婚式のお呼ばれであまり地味なドレスは野暮ったく好まれません。ドレスのカラーは若さと爽やかさを感じる明るいパステルカラーやベージュ系、落ち着いたものならネイビー系などが清楚でおすすめです。逆にショッキングなカラーや深く濃い色などは、若い年代だとどうしても浮きがちですので、あまりおすすめではありません。

ドレスの丈は膝が少し見える「膝上3センチ丈」がベスト。時折超ミニ丈で結婚式にお呼ばれしている方も見かけますが、フォーマルドレスとしてはだらしない、下品などの印象を与えるため良くありません。

また、若いとはいえ、肩を出すのは結婚式のお呼ばれではマナー違反です。ノースリーブドレスの場合は、必ず羽織物を使用しましょう。エレガントなショールなどよりは、ボレロなどが可愛らしくておすすめです。

若いうちからフォーマルな場でのマナーをわきまえていれば、その場その場に合った着こなしでとてもスマートな印象を与える事が出来るでしょう。

 

20代後半~30代前半


大人の風格が出てくるこの年代。それとともに結婚式のお呼ばれなど、フォーマルな場でのマナー違反が許されなくなる年代でもあります。大人の落ち着きが出ますので、ドレスのカラーもワインレッドやビビッドなブルーなど、発色の濃いカラーも似合うようになってきます

もちろんベージュやネイビーなどの清楚なものは定番ですし、大人っぽいシルエットであればパステルカラーもOKです。ただしあまりにもプリティーなピンクは、少し無理を感じるので避けた方が無難です

ドレスの丈は、20代のうちは膝上でも構いませんが、30代以降は膝にかかるくらいの丈がおすすめです。ドレスのシルエットで体系のカバーを考える場合、すべて隠すよりは、出す部分と隠す部分を計算した着やせテクニックを使いましょう

お腹のお肉が気になる方は、アンダーバスト部分に切り替えのあるドレスを選ぶ。二の腕であれば、あえてノースリーブで露出し、透け感のあるショールで「見せつつ隠す」など。

全て覆って隠してしまうと、結婚式のお呼ばれのようなフォーマルな装いでは逆に太って見える場合が多く、見え方によってはとても老けて見えてしまう年代です。結婚式のお呼ばれでは、若さを生かしつつ、大人の雰囲気を演出するドレス選びが好印象を与える秘訣です。

 

30代後半~40代前半


結婚式のお呼ばれは、年齢と共にドレス選びの難易度が高くなっていきます。思い切って和装にしてしまうというのも年齢的にはアリですが、やはり洋装の方が何かと負担が無くて良いという方は多いですよね。

しかし若い頃と同じように、派手なパーティードレスを着るのは少し「イタイ」ですし、この年代になると、子供の入学、卒業などに用意した礼服をそのまま使用するという方も多いのですが、結婚式のお呼ばれという華やかな席には、シンプル過ぎるという場合もあります。

ベーシックな礼服を流用する場合は、アクセサリーや靴、バッグなどの小物を明るい色や、華やかなデザインにするなど、結婚式のお呼ばれらしい華やかなドレスアップが必要です。

また、大人の女性らしく素材感にもこだわりを持って選びましょう。安価なものを着てしまうと非常に安っぽく、貧乏くさい印象になってしまいます。サテンのラメやシルクなどで膝が隠れるミモレ丈がおすすめです。

 

いかがでしたか。今回は結婚式のお呼ばれでのドレス選びについてご説明しましたが、その他にも「白い服を着てはいけない」「生花の飾り・花嫁より目立つ派手な柄物は着てはいけない」「黒づくめ・黒いストッキング・ブラックパールはNG」「殺生をイメージするファーやアニマル柄はNG」「生足・ブーツ・サンダルはNG」などの基本的なルールもきちんと守って結婚式に出席しましょう。

自分が若い頃に見ていた年上の女性は、すごく大人に見えていましたが、いざ自分がその年齢になってみると「なんだか全然大人じゃないな」と思ったりするものですよね。

しかし周りは当然の様に「年齢相応」の常識を求めてきます。自分は「若い頃と何にも変わっていない」と感じていても、間違いなく毎年一つずつ大人になるのですから、きちんと自分の「実年齢」と向き合って、若作りではなく、年齢に恥じない素敵さを身につけたいものですね。

まとめ

結婚式のお呼ばれ服で身に付けたいドレスは…

・10代~20代前半…ぜひパステルカラーなどの若々しさ溢れる明るい色使いで会場に華を添えて
・20代後半~30代前半…大人っぽい色使いもできるようになります。可愛い色は大人らしいシルエットを選んで
・30代後半~40代前半…シンプルになり過ぎない工夫と、大人の女性らしい素材感も大切
・ドレスのみではなく、基本的なルールもきちんとおさえておきましょう
・「自分で感じる年齢感」と「実年齢」のギャップに気を付けて