結婚式にはパンプスが常識!?絶対に避けたい靴のNGマナー

結婚式にはパンプスが常識!?絶対に避けたい靴のNGマナー

皆さん結婚式に出席することになった時にどんな靴を履いていけばいいのか悩んでしまったことはありませんか。男性の方はスーツに合わせて革靴などを履いていくのでそこまで何にしたらいいのだろうと悩む必要はありませんよね。しかし女性の方はパーティー衣装を来ていくのですから結婚式に普段はいているパンプスやスニーカーなどで行くわけにはいきません。

またパーティー衣装に合うからと言って高いヒールのあるものを履いていってもいいのかと疑問に思っている方もいますよね。今回は結婚式に履いていく靴のNGマナーをご紹介していきます。

これから結婚式にパンプスで出席しようとしている方は参考にして結婚式で恥をかかないようにしてくださいね。当日に何を履いていこうか悩んでしまわないように1足用意しておくと悩むことなく結婚式にきちんとした靴を履いていくことが出来ますよ。



 

結婚式にはパンプスが常識!?
絶対に避けたい靴のNGマナー

 

露出の多い靴は履かないようにしましょう


露出の多い靴は基本的にマナー違反になります。足のつま先や甲が出てしまうようなサンダルは、いくらドレスにあっていてとても可愛いものだったとしても履いていかないようにしてください。

ミュールやオープントゥも露出がとても多い靴になってしまうので履いていくことは避けてください。知らずに履いていくと恥をかいてしまいますよ。結婚式にパンプスを履いていきたい時にはあまり露出しないデザインのものを選ぶようにしましょう。

 

寒い日でもブーツは避けましょう


寒い日に割と暖かいブーツ履いていきたいと思ってしまうこともありますよね。しかし、結婚式にブーツを履いていくことはマナー違反です。冬にドレスにブーツを履いていくことは見た目はとても可愛らしくおしゃれに見えます。

しかし、おしゃれだからと言ってブーツを履いていってしまうと周りの人から白い眼で見られてしまいます。どうしてもこのブーツを履いていきたいという時でも控えるようにしてください。

 

太いヒールはカジュアルに見えがちです


ヒールがあるサンダルを履いていくといってもヒールの太さにはさまざまなものがありますよね。ヒールが太ければ太いほど安定感があり歩きやすかったり疲れにくかったりします。

カジュアルな結婚式に履いていくのには問題はありませんが、太いヒールのものはどんなデザインのものでも比較的カジュアルに見えてしまう傾向があるので場合によっては場違いな靴ということになってしまいます。細いヒールのものの方が足首がスラッと綺麗に見えるのでなるべく細いヒールのものを選ぶようにしてみてください。

細ければマナー違反になることもないし自分の足がより綺麗に見えるので安心して履いていくことが出来ますよ。このようにカジュアルな結婚式でない場合にはパンプスのような靴はマナー違反となってしまうことがあります。この時も結婚式にパンプスを履いていくのでなるべく細いヒールのものにするように意識してくださいね。

 

男性の靴は黒じゃなきゃダメ?


ほとんどの男性が結婚式に黒色の革靴を履いていくことが多いですよね。中には黒でなきゃダメだと思っている人もいると思います。確かにスピーチを行ったり前に出て何かを行う予定の方は黒の革靴の方がいいです。

平服で参加しても良いとされている結婚式では茶色い革靴でも大丈夫だといわれています。おしゃれをしたいという方は場合によってはこのように茶色い革靴で参加することが出来ますが基本的に黒色のフォーマルな靴がマナーとなっているので履いていきたい時には事前に確認した方が良いでしょう。

動物の皮で作られている靴は縁起が悪いとされているので絶対に履いていかないでくださいね。また革靴と言ってもブーツ丈のものは女性と同様にマナー違反となります。履いていく靴は短い丈のものを履いていくようにしましょう。

 

バイカラーの靴はNGマナー


バイカラーとは二色に分かれている配色のもののことを言います。例えばつま先が黒で他が白というようにくっきりと色が分かれてしまっているものです。バイカラーはとても可愛いデザインなので結婚式にバイカラーのパンプスを履いていきたいと思い方もたくさんいますよね。ですが、たとえ同系色のバイカラーの靴だとしてもそれを履いていくことはマナー違反となってしまいます。

なぜマナー違反になってしまうかといいますと二色の色がくっきりと別れていることで別れを連想させる縁起の良くないものだとされているからです。

バイカラーのパンプスでなければ結婚式にヒールで参加することが出来ない方もパンプスを履いていくことが出来ますよ。せっかくのお祝いの結婚式で別れを連想させるような靴を履いていってしまうと周りの方や新郎と新婦、親族の方がとても不快な思いをしてしまうので気を付けてください。

 

アニマル柄の靴は避けましょう


先ほど男性の靴で動物の皮を使ったものはマナー違反になるといいました。これは女性でも同じです。女性の靴にはたとえ動物の皮を使っていなかったとしてもアニマル柄のものがありますよね。

理由は男性の時と同じで殺生を連想させ縁起が悪いものだとされているからです。またアニマル柄の靴は見た目はとても可愛いものが多くなっていますが派手なデザインのものがとても多く派手なものは結婚式にはふさわしくないので履いていかないようにしましょう。パンプスにはアニマル柄のデザインのものがたくさんあるので結婚式に履いていかないように気を付けてくださいね。

 

ヒールのないものはなるべく履かないように


ヒールになれていなくて結婚式にぺったんこのパンプスを履いていきたいと思う方もいますよね。しかし、ヒールのない靴は基本的に結婚式というフォーマルな場所には向いていないとされています。

またヒールのない靴をパーティー衣装に合わせるのはとても難しいことです。妊婦さんややむを得ずパンプスのようなヒールのない靴を結婚式に履いていかないといけない場合には仕方のないことですが、ヒールの履ける人は3cm以上のヒールがある靴を履くようにしましょう。3cm以上のヒールがあるパンプスで他のマナー違反になっていないようなものは履いていくことが出来ますよ。

 

このように結婚式に履いていってはいけない靴はたくさんあります。パンプスにはマナー違反になってしまうアニマル柄やバイカラーのものがあるのでデザインには気を付けてくださいね。自分が着ていくドレスにいくらあっていて可愛いデザインのものでも露出が多かったり動物に関連するものだったりあまりカジュアルなものだったら履いて行くことが出来ません。

結婚式にパンプスを履いていく時にはこのようなマナー違反になるようなデザインのものは避けましょう。結婚式用に靴を購入したいけどどんなものが結婚式にふさわしいのかわからないという時には自分の持っているドレスがどんなものなのか説明してドレス似合う、結婚式のマナー違反にならないような靴を店員さんに見てもらうことできちんとした靴を購入することが出来ます。

せっかくの結婚式でマナー違反になってしまう靴を履いていって恥をかかないように、周りの人に不快な思いをさせないように今回ご紹介したマナー違反になる靴は履いていかないように気を付けてください。

理想の靴は細めのヒールで高さが3cm以上のものです。妊婦さんややむを得ずヒールのないパンプスのような靴しか履けないという人は事前に結婚式を開く新郎や新婦の方に相談しておくといいですよ。あまり高いヒールになれていない方はマナーを守った上で結婚式でパンプスを履いておしゃれを演出してくださいね。

 

まとめ

結婚式に向けてパンプスなどの靴に関するマナーとは

・結婚式には足の甲などがでる露出の多い靴は履いていかないことがマナーの基本
・どんなに寒い日でもブーツはマナー違反になるので避けて
・太いヒールはカジュアルに見えがちになるのでヒールの細いパンプスがを履いていこう
・男性の靴は黒い靴を履いていけばマナー違反にはならない
・バイカラーの靴は別れを連想させるので結婚式に履いていくのはNG
・アニマル柄の靴は殺生を連想させるため結婚式のマナー違反になってしまう