結婚式の服装☆男性が素敵に見えるスーツ5つの選び方

結婚式の服装☆男性が素敵に見えるスーツ5つの選び方
友達や会社の人の結婚式に出席することになったけれど、結婚式の服装で男性として格好良く見せるには、どうすればよいのだろうかと悩みますよね。特に、独身であれば友人の結婚を祝うのと同時に、素敵な女性を見つけるチャンスでもあるので、服装はとても大事です。

しかし、結婚式では服装で男性としての魅力を出しても、皆と同じ格好では目立たず、埋もれてしまいます。かといって、目立つように派手な服装にしてしまうと、常識外れで場違いな人間になってしまいます。

ですが、皆と同じ服装でもポイントを押さえたり、着こなしを工夫するなど、少し手を加えるだけで男性の魅力はぐっと上げることができます。

そこで今回は、結婚式の服装で男性が素敵に見えるスーツの選び方をお伝えします。

 

結婚式の服装☆
男性が素敵に見えるスーツ5つの選び方

 

スーツの基本を押さえておこう

いくら、結婚式の服装で男性として素敵に見せようとしても、基本を外してしまっては台無しになります。仮にそれがどれだけオシャレであっても、結局は「常識のない人」と周りから見られますので、素敵とは言えないでしょう。

まずは、以下の基本をしっかりと押さえておきましょう。基本こそが、格好良い服装の第一歩です。決して目立ちすぎたり、基本から大きくはみ出た服装をしてはいけません。

・スーツ:基本はブラックスーツですが、無ければ濃紺やダークグレーのものでもOK。黒色でもビジネススーツや、新郎が着用する白や薄いグレーのスーツはNG!パンツのベルトは黒色にします。

・ベスト:スーツと同じ色か、グレーがおすすめです。(絶対に着る必要はないので、暑ければ無理をしない)

・シャツ:白色で無地のものにします。

・ネクタイ:フォーマルなら、白色やシルバーグレーがおすすめです。カジュアルな会場なら明るい色のネクタイも可能で、18時以降に閉会なら蝶ネクタイもOKです。無地の白ネクタイは避けるようにしましょう。

・靴:黒色で素材は革やエナメルのプレーントゥやストレートチップのものになります。

・靴下:黒色の無地にしましょう。

・チーフ:着用するのが基本で、白色かネクタイの色に合わせたものにしまましょう。

 

立場で選ぶポイントが変わる

結婚式の基本的な服装は先程お伝えした通りで、この服装であればどんな会場でも間違いはありません。ただ、友人関係であれば基本を押さえつつも、多少カジュアルが許されるのでオシャレをすることもできます。

一方で、その立場によっては基本に忠実な服装をしなければならず、少しのオシャレ心も出してはいけない場合もあります。その立場とは、親族であったり新郎・新婦の上司など。この場合は改まった服装がベストです。

結婚式に出席している人は、新郎・新婦との関係性を把握しているもの。「親族だとオシャレできないの」と思われるかもしれませんが、親族であれば、目立つことなく周囲に溶け込むこと、つまり、あまりオシャレ心を出さないことが結婚式の服装では男性が一番格好良く見える着こなしなのです。

 

基本の服装だけでも十分素敵になる

どうしても基本の服装しか揃えられないといった場合でも、嘆く必要はありません。次のことを守れば、基本だけでも十分、結婚式の服装で男性として素敵になります

・体にフィットしたピッタリサイズの服を選びます。体型に合ったサイズを選ぶことでスタイルがよく見え、洗練された印象を与えることが出来ます。

・シワのあるスーツは問題外!アイロンなどできちんとお手入れをしておきましょう。

特に、あまりオシャレのできない親族の人にとっては、すごく大切なことなので、しっかりと守るようにしましょう。

 

着こなした姿をイメージする

基本の服装が分かっても、いざ服を選ぶとなったら、どう選んでよいのか迷ってしまいますよね。そんな時は、結婚式の服装で男性として格好良いと感じる自分の姿をイメージし、それに従って服を選んでみましょう

他人に素敵と思われるには、まずは自分で自分を素敵だと感じる服装でなければなりません。そうすることで、自分に自信を持つことができます。堂々と胸をはれるのでオーラも出ますし、素敵さが何倍にもなります。

ただし、注意してほしいのは新郎・新婦の親族や、目上の人の結婚式では、間違いのない基本的な服装にすること多少オシャレしても良いのは、あくまで新郎・新婦が友人である場合のみです。

 

オシャレはさりげなくする

友人の結婚式では周りから浮かないように注意して、少しオシャレをすれば同じような結婚式の服装でも男性が素敵に見えます。オシャレをするためのポイントは、次の通りです。

・スーツ:ダークスーツ(グレイ系)やストライプ柄(黒系)

・ネクタイ:シルバー系やスーツに合った明るい色(派手すぎないこと)

・パンツ:スーツの色や柄に合わせ、ベルトは黒色にする

・小物:チーフやネクタイピン、カフスボタンを付ける

上記はあくまで一例で、この他にも色々な着こなしがありますが、オシャレは目立たずさりげなくするのがポイントなのと、大元には基本の服装があることを忘れないで下さい。尚、シャツや靴は基本のタイプしか着用できません

 

いかがでしたか。結婚式の服装で男性が素敵に見えるのは、色々と凝った服を着るよりも許される範囲内で基本と少しだけ違う服装にする方が、グッと格好良くなります

合コンや友達どうしなら、人と違うかっこうをする方がオシャレで格好良いかもしれません。しかし、結婚式という改まった場は、目立たずその場に溶け込ような服装が素敵なのです。

親族の人は、着られる服がさらに限られますが、それでも格好良く着こなす方法はあります。マナーをしっかりと踏まえ、基本の服装からはみ出ないこと、NGの服装は絶対にしないことが、結婚式の服装で男性が素敵に見えるポイントです。

そして、結婚式の服装を男性が素敵に着こなすためには、自分が自信を持って着られる服装にすること。そうすれば、誰からも必ず格好良く映るはずです。

まとめ

男性が素敵に見えるスーツを選ぶには

・素敵になる第一歩として基本の服装を押さえておく
・立場によって服装のポイントが変わる
・基本の服装だけでも十分かっこよくなる
・着こなした姿をイメージし自信のある服装にする
・周りから浮かないようオシャレはさりげなくする


連記事