カジュアルな結婚式での服装☆抑えておきたいマナーとは

カジュアルな結婚式での服装☆抑えておきたいマナーとは
結婚の報告を受けたり、結婚式の招待状が届いたり・・・幸せな一報を頂くと嬉しい気持ちになりますが、それと同時に、結婚式の服装について「何を着よう」と悩んでしまうことがありますよね。

男性の方はスーツが基本なので、そこまで深く悩むことは少ないですが、女性の方は結婚式での服装は頭を悩ませるポイントなのです。

最近では結婚式も親族だけで小ぢんまりと行いたい、また仲の良い友人を中心に行いたい、など言うように、大々的に行うことも少なくなってきました。特に都心部の方では小規模で挙げる方が多いようです。そのような場合に、最近人気なのがカジュアルな結婚式です。しかし、カジュアルとは言え、参列者の服装もカジュアルで良いものなのでしょうか

そこで今回は、かしこまりすぎない、そんなカジュアルな結婚式にお呼ばれした時の服装についてお伝えします。



 

カジュアルな結婚式での服装☆
抑えておきたいマナーとは

 

招待状を見て結婚式のタイプを見分けよう


結婚式での服装については、何も記載がない場合はフォーマルな服装が新郎新婦に対するマナーです。ですが、招待状に一言「平服でお越しください」と書いてあったり、ウエディング会場がレストランや会費制だったりすると、カジュアルな結婚式であるということが読み取れます

この平服を「普段着」と勘違いする方も多々いらっしゃいますが、結婚式の場合は、かしこまったタキシードやイブニングドレスなどではなくてよい、という意味になることも覚えておきたいポイントです。

他に、「スマートカジュアルで」とドレスコードを指定される場合もあります。スマートカジュアルとは、ジャケットを羽織るのであれば男性はネクタイを付けなくてもよいスタイルということです。

 

結婚式の服装「平服」と「スマートカジュアル」とは


格式の高い典礼では、出席者に礼服の着用を求めます。男性ならモーニングやタキシードなどで、女性ならイブニングドレスなどの特別な装いになります。しかし、最近ではこのような正礼装で参加する結婚式はみかけなくなりました。

招待状で一言、「平服(スマートカジュアル)でお越しください」などと記載がある場合が増え、出席者はそれに準じた服装をします。では結婚式での「平服」と「スマートカジュアル」とは具体的にどのような服装なのでしょうか。

「平服」・・・かしこまったタキシードやイブニングドレスではなくて良いという意味になります。男性ですとダークスーツ(ネクタイ・革靴着用)、女性ですとドレスやワンピース(ストッキング・パンプス着用)になります。

「スマートカジュアル」・・・男性はジャケットとシャツを着用しますが、ネクタイは付けなくてもよくなります。またジャケットはチェックなどの柄が入っている物でもよくなりますし、ズボンもGパン以外であれば問題ありません

女性はワンピースやパンツドレス・パンツスーツが着用できるようになります。結婚式での女性のパンツスタイルはあまりよしと思われないので、カジュアルスタイルだからこそできるコーディネートになりますね。

 

結婚式での服装や身に着けるものの男女別マナー


男性の方・・・ネクタイを着用する場合は白またはシルバーグレーにし、柄の入ったものや派手な色のものは避けましょう。スマートカジュアルの場合にジャケットに合わせるパンツはGパン以外の物を選びます。もちろん、短パンなどはNGです。靴は平服、スマートカジュアル、ともに革靴を着用します。スマートカジュアルだからと、スニーカーを間違っても履いていかないように気を付けましょう

女性の方・・・新婦以外の人が白を着るのはタブーとされています。白いドレスを着ないようにしましょう。また、ドレスの上に羽織ものをする場合、殺傷をイメージする毛皮などを身に着けないようにも気を付けます。ドレスは柄のあるものを避け、肩が出るタイプの場合はショールやボレロを羽織りましょう。また、ドレスやワンピースの丈が短くならないように、膝が隠れる程度の長さを選びましょう。平服・スマートカジュアルともに、夏場でもストッキングを着用し、つま先が見えないパンプスを履きます

男性と違って、女性は結婚式での服装のバリエーションがあるだけに、気を付けなければならない項目もたくさんありますね。

また、他にも新婦が衣装替えで着るカクテルドレスと色が被らないようにする、などと言うのもありますが、これは前もって知っておかないと難しい点です。新婦は当日にどんなドレスを着るのか秘密にしておきたい場合が多いですが、もし前もって教えてくれるようでしたらその色と重ならないようにすると良いでしょう。

 

いかがでしたか。結婚式に招待されると、こちらも心づもりや準備がいろいろと必要になってきますよね。ですが、最近多いカジュアルな結婚式でも、服装のルールが若干違うだけで、一般的な結婚式とマナー自体はそう大きく変わらないことも分かりました

これからいろいろな繋がりで結婚式に参加する機会がどんどん出てくるでしょうが、大人としてマナーをもって新郎新婦をお祝いしたいところです。マナーがあるのかないのかが一番分かれてくるのが、結婚式での服装になります。女性の方は細々とした決まりがたくさんありますが、その範囲内で楽しく着飾ってください。男性の方は、平服でもスマートカジュアルでもスタイルは大きく変わりませんが、その中で個性をうまく出していけるとオシャレ度がアップします。

また結婚式の会場にもよりますが、大きな荷物や上着はクロークで預かってくれますので、そこもうまく活用するとスマートに参加できますよ。

新郎新婦へのお祝いは、ご祝儀や「おめでとう」の言葉だけでなく、服装も一つの形になります。新郎新婦をお祝いする気持ちをもって、結婚式での服装を選べると良いですね。

 

まとめ

カジュアルな結婚式での服装ついて抑えておきたいところ

・招待状で結婚式のタイプを見分けよう
・平服やスマートカジュアルは「普段着」ではないことを知っておこう
・通常の結婚式での服装のマナーを再確認しておこう