上司へのプレゼント、気の利いたヤツと思われる7つのポイント

上司へのプレゼント、気の利いたヤツと思われる7つのポイントサラリーマンにとって決して避けて通れないのが上司という存在です。しかも仕事を進める上で最も大事なことはコミュニケーションです。特に上司とのコミュニケーションは取りやすくしておくにこしたことはありません。また、プレゼントを贈ることで日頃の感謝の気持ちを伝えることも出来るのです。どんなプレゼントを選んだらよいかという点が一番気になるところですよね。上司に喜んでもらえ、かつ気の利いてるヤツと思われるポイントを7つお伝えします。



 

上司へのプレゼント、
気の利いたヤツと思われる7つのポイント

 

プレゼントのタイミングが絶妙


どんなときにプレゼントを渡すのかが重要です。何でもない日にいきなりプレゼントというのは不自然です。どうしてこれを受け取らなくてはいけないのか、どうしてこいつは自分にプレゼントを贈るのかと上司に余計な気を使わせてしまいます。気の利いている人はプレゼントのタイミングが絶妙です。例えば、上司が昇進したタイミングや誕生日など、上司も受け取りやすいタイミングでさりげなく渡します。受け取る側にストレスをかけない点がとても大事です。

 

高価すぎないものを贈る


受け取る側のストレスという点では、高価なものに対してもストレスがかかる場合があります。部下からこんなに高いものは受け取りづらいなと思われてしまうからです。お返しをしなくてはと考えてしまうなど、高価すぎるものはかえって敬遠されてしまうでしょう。

そこで、受け取ってもらいやすく価格でしかももらって嬉しいものを贈ることができれば上司に気が利くヤツだと思われることでしょう。

 

仕事で使えるアイテムを贈る


あなたと上司とは「仕事」を通して知り合い、つながっています。当然贈り物も仕事に関連するものを選ぶとよいでしょう。そこで大切なのは「自分では買わないけど、もらったら嬉しいもの、便利なもの」を選ぶことです。非常にチョイスが難しい難題ではありますが、日頃上司が不便そうに使っていたボールペンや書類が散らかったデスク整理グッズなど必要なものを贈ることが出来たら、かゆいところに手が届くヤツとの評価をもらえるかもしれません。

 

プライベートに配慮する


上司の家庭(奥さんや子ども)や、一人暮らしの家に必要なものを贈るという選択肢もあります。奥さんや子どもなどプライベートに配慮したプレゼントを贈ることで、あなたの上司への気配りが伝わります。ただしこの場合大事なのは、既に上司とのコミュニケーションがよくとれていて、プライベートな環境を知っている必要があります。休日に遊んだり、家族ぐるみの付き合いをしているなど、そうした情報を入手している場合に有効です。上司のプライベートに関してあまり知らない場合は別な選択肢を選ぶほうが賢明でしょう。

また、家庭不和の原因になるような異性からのプレゼントだと思われないような配慮も重要です。

 

上司にぴったりのセレクトをする


「あなたのことを考えて選びました」というプレゼントは相手にも伝わるものです。プレゼントはその考えてくれた過程も含めて嬉しいもの。手間はかかりますが、その過程が伝わるような、上司にぴったりのプレゼントをセレクトすると喜ばれるでしょう。例えば、料理に凝っている上司であれば、珍しい調味料を集めて自分でセットをする、おいしい食材を現地調達してくるなど苦労が見えるようなものはより気の利いたプレゼントになります。

 

持ち帰ることに配慮する


車通勤ならともかく、電車通勤や自転車通勤の場合、持ち帰る際にあまりサイズ大きいものだと困ってしまうことが考えられます。上司の通勤手段に応じたサイズのプレゼントであったり、仕事場で使えるものであったりともらった後困らないようなものをお贈りするのが得策です。

どうしてもかさばるものの場合、上司に「贈りたいものがあるので、ご自宅に送らせてもらいます」と一言断った上で発送することが出来たら、上級者です。相当気の利いたヤツでしょう。

 

上司の予定を考える


プレゼントをもらった日、上司の予定はどうなっていますか?もしかしたら取引先との打合せへ行き、直帰するかもしれませんし、他の用事のため寄り道をするかもしれません。そんな上司の行動パターンなども考慮したアイテムを選ぶことが出来るとよいでしょう。かばんに入るような小さいものなら問題ないのですが、少しかさばる場合、あなたも同行が可能であれば荷物を持つなど気を使うことが出来たら言うことなしです。渡したら渡しっぱなしではなく、事後フォローまでできたら、とても気の利く部下ですね。

 

いかがでしょうか。上司へのプレゼント、気の利いたヤツと思われるポイントを7つ紹介しました。気の利いたヤツと思われることはとても嬉しいことですが、プレゼントは気持ちです。気持ちをどう相手に伝えるかが大事になってきます。相手のことを考えて考えぬいて贈ったものはきっと上司にも気持ちが届くはずです。

 

まとめ

上司へのプレゼント、気の利いたヤツと思われる7つのポイント

・プレゼントのタイミングが絶妙
・高価すぎないものを贈る
・仕事で使えるアイテムを贈る
・プライベートに配慮する
・上司にぴったりのセレクトをする
・持ち帰ることに配慮する
・上司の予定を考える