花束の値段をイベントに合わせて超簡単に決める7つの方法☆

花束の値段をイベントに合わせて超簡単に決める7つの方法☆
花屋さんで色合いや用途を尋ねられた時に、「ご予算はおいくらくらいですか?」と聞かれて、返事に困ったことはありませんか。

「いくら高くても構いません!希望通りの花を、たくさん使ってください!」とは、なかなか言えないですよね。まして、人に差し上げるなら、その場に相応しい花束を予算内で準備したいものです。

そこで紹介するのが「花束の値段をイベントに合わせて超簡単に決める7つの方法☆」です。お花にかける金額と皆さんの気持ちがイコールではありませんよね。

でも、失礼の無いように、大げさにならないように、その加減が難しくて悩むことはよくあります。そんな時にぜひ参考にしてもらいたい、イベント用の花束に関する知識を集めました。

皆さんが花束を贈りたいと思った時、これを読めば迷わず予算を決められる「なるほど!」の情報ばかりです。



 

花束の値段を
イベントに合わせて超簡単に決める7つの方法☆

 

ブーケを贈るなら


結婚式の花束と言えば“ブーケ”ですよね。まず、ブーケの相場を紹介します。

・結婚式場の提携先に依頼→平均3万~5万

売り上げの一部を式場に納めるのと、最高の状態の花を使用するため割高になります。しかし、トラブルも少なく安心して任せらますし、豊富な見本から選べ、打ち合わせも念入りで安心です。

・手作りした場合→平均5千円~1万円

注文より格段に安くできます。しかし素人がいきなり作れるものではありませんので、プロに指導を受けるなど、事前の準備が必要です。また式場への持込料が必要な場合が多いです。

外注するのか、手作りして節約するのか。手作りしても、材料費と持込料を合わせるとそれなりの金額が掛かってしまいます。節約できた分が、忙しい花嫁さんの手間に見合うのかがポイントです。

 

結婚記念日に贈るなら


二人の結婚記念日に花束を贈る、なんて素敵ですよね。この日の花束の値段を、選ぶ花で決める方法があります。二人の思い出の花、“結婚式場を彩った花”を、花束にしましょう。

結婚式当日、新婦が手にしていたブーケに使われた花を選んで贈ります。メインテーブルに飾られていた花もあると、さらに良いですね。

「昔のことで、花の名前が分からない・・・」という人も安心して下さい。結婚式当日の写真を花屋さんに見せればOKです。

「結婚式に持っていたブーケの花だよ。」そう言ってプレゼントしましょう。きれいな花を飾って、当時の新鮮な気持ちを思い出せますね。

 

花言葉を贈るなら


花束は贈る相手とのお付き合い具合、仲良し具合により相場も変わります。そんな時に参考にして欲しいのが「花言葉」です。その場に相応しい花言葉を紹介します。

・出産祝い
トルコキキョウ→希望・思いやり
カスミソウ→清らかな心
カーネーション→(ピンク)→感動

・誕生日
カラー→誠実・清純・崇高な美しさ
ガーベラ→常に前向き
スターチス→上品・永遠に変わらない心

・結婚祝い
カトレア→あなたがヒロイン
カサブランカ→純愛

・開店祝い
胡蝶蘭→幸福の飛来

 

誕生花を贈るなら


皆さんは誕生花って、知っていますか?人それぞれに誕生日があるように、一日一日に「その日の花」があてはめられています。それが誕生花です。誕生日の花束をプレゼントする際に、その日の誕生花を取り入れると値段の目安になりますよ。

この誕生花は、その花の開花シーズンや店頭によく並ぶ時期を選んで日付を決めているものが多いようです。

花を贈る大切な人の誕生日ですぐに調べられますし、季節感のある花が選ばれていますから、お店で「取り扱われてない」なんてことにもなりにくいですよ。

 

フェイスブックの活用


フェイスブックの誕生日機能で、誕生日を迎えた友人に祝福メッセージを書き込んだことはありませんか。この時、1口500円で花束を共同購入できるサービスがあります。

別の友人にも共同購入を誘って、合計で10口以上が集まると注文が成立するしくみです。友人の誕生日に花束を贈って祝いたい時、友人同士で、500円の手頃な値段で用意できるというハードルの低さが特徴です。

花束に利用する花や葉を1口ごとに選べるシステムで、グループオリジナルの花束を贈ることができます。同じ5,000円でも、極端な時には「葉だけの花束」もできあがりますよ。

 

バラの花束を贈るなら


その高価なイメージから、女性に人気がある「バラの花束」。花束にした時、このバラの本数に意味があるのです。女性にバラの花束を贈る時、ぜひ参考にして下さい。

1本   “一目惚れ”
3本   “愛しています” “告白”
7本   “密かな愛”(言葉では伝えられ  ない想い)
11本  “最愛”(かけがえのない人へ)
99本  “永遠の愛” “ずっと好きです”(本数が多い分、強い愛情)
108本 “結婚して下さい”
999本 “何度生まれ変わってもあなたを愛する”

999本のバラの花束は、金婚式でのプレゼントがおすすめです。

 

供花を贈るなら


葬儀・告別式に、香典とは別に供花をお供えする時の値段の決め方を紹介します。まず供花の相場ですが、1基1万5,000~2万円程度です。(1対だと2基の値段です。)

例えば香典に5、000円しか出さないのに、供花が2万円というのはおかしいです。

花をその値段にしたいなら、香典も同じ程度入れないとバランスが悪いものです。供花だけお金をかけているのは、供花につける名札にお金を払っているととられても仕方ありません。

供花と香典の金額はバランスを取って、喪家に失礼にならないようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

自分のイメージ通りの花束を予算内で作ってもらえるのが理想ですが、季節により価格も変わりますから、なかなかそうはいかないですよね。

花束を贈る時に「いくら位にしたら良いのか?」、そう思ったら、ぜひこの「花束の値段をイベントに合わせて超簡単に決める7つの方法☆」を参考にして下さい。

花束の不思議なところは、プレゼントされた時はもちろん、プレゼントする時にも心が豊かになることではないでしょうか。「この花を選んだのはね・・・」そう言って、花の由来を説明する時間も素敵な贈り物のひとつです。

 

まとめ

花束の値段をイベントに合わせて超簡単に決める7つの方法☆

・ブーケを贈るなら
・結婚記念日に贈るなら
・花言葉を贈るなら
・誕生花を贈るなら
・フェイスブックの活用
・バラの花束を贈るなら
・花を贈るなら