二次会の服装で差を付ける!センス抜群コーディネート術

二次会の服装で差を付ける!センス抜群コーディネート術

二次会の服装は、開催会場にもよりますが、披露宴よりもドレスコードが緩くなるケースが多いです。TPOをわきまえた二次会の服装と言うのは、実は難しく、その時々の会場や参加者を考慮して、柔軟に二次会の服装選びをしなければならない大変さがあります。

もちろん、結婚披露宴の後に行われる二次会や、「二次会だけ」別に開催される場合もあります。このように、今では二次会も色々な場所やタイミングで開かれる事が多くなったからです。

二人の新しいスタートをお祝いする二次会の服装は、カジュアルになり過ぎずフォーマルにもなり過ぎない、絶妙なポイントを抑えた着こなしをしたい!と誰しもが考えて二次会の服装をチョイスしています。

そこで今回は、「二次会の服装」に焦点を当て、センス抜群のコーディネートに仕上げていきます。お勧めのワンピースもご提案しますから、ぜひ参考にして下さい。自信の持てるコーディネートで、二人の新しい門出を祝福しましょう!



 

二次会の服装で差を付ける!
センス抜群コーディネート術

 

二次会の服装では、「自分に合う丈」がポイント


まずは、自分の体型に合う「丈」を探します。この「丈」には、袖丈とスカート丈が含まれます。女性が気になる二の腕やふくらはぎは、隠したいと思うパーツでありますが、体型によっては、出した方がメリハリのある美しい装いに仕上げられるからです。

★ 袖丈の種類

・ 5分袖
・ 半袖
・ ノースリーブ
・ ホルターネック

などなど。

色々な長さの袖があります。自分の肩幅や腕に合う長さを見つけるように、注意して選びます。いかり肩ならホルターネックは避けますし、反対になで肩なら、クラシカルなホルターネックのドレスが似合います。

★ 二次会の服装にぴったりの、スカート丈

・ 膝丈
・ 膝より少し上の丈
・ ミモレ丈
・ ロング丈

などがあります。

履いていく予定の靴を合わせながら、自分の脚に似合う丈は、どの長さかを探してみます。一般的には、膝が見えるか見えないかの長さのスカート丈が理想、と言われています。けれども最近では、ドレープのあるロングパンツスーツなども人気があります。

スラッと背が高いクールなタイプの女性なら、ロング丈やミモレ丈、小柄であったり、可愛らしい印象の女性なら膝丈や少し上の丈が似合います。詳細はこの後の項を参考にしてください。

★ スカート丈選びの注意点

・ 膝上5cm以上のミニスカートはタブー

二次会とは言え、お祝いの席ですから、節度のある長さの物を選んで下さい。

二次会の服装に限らず、この機会に自分に合う袖丈・スカート丈を把握しておくと、後々便利です。自分の脚や腕に似合う丈が分かると、今後洋服を購入する時にも役立ちます。

 

身長に合わせて選んでみよう


★ 身長が低い方に似合うワンピース

・ ホルターネック
・ ハイウエストのワンピース

などなどが良く似合います。

ホルターネックで肩を出し、肌を多く見せる事で身長の低さをカバー出来るからです。また、ハイウエストだと、目線が上に向きますから、スタイル良く見せる事が出来ます。

★ 155~165cmまでの身長なら、

着こなしポイントとして「ウエスト位置をしっかり作る」事だけは忘れないで下さい。バランス良く、スタイル良く見せる為のコツです。

ただし、155~165cmの平均的な身長の女性の場合には、どのワンピースでも良く似合うため、選択の幅は広がります。

★ 見せたい理想に近づける二次会の服装の選び方

・ 身長を高く見せたいなら = シンプルなタイトワンピース
・ 低く見せたいなら = ふんわり感のあるAラインやフレアワンピ
・ 身長相応で良ければ、どの形でもOKです。

★ 身長が高い方なら、

・ ロングドレス
・ ミモレ丈のプリーツワンピース
・ くるぶし丈のパンツスタイル

などが良く似合います。

二次会の服装なら、横に広がるデザインの物ではなく、縦線を強調するような形の物が最適です。二次会の服装で、エレガントさやスタイル良い装いに仕上げたいなら、ウエスト位置をきちんと作って下さい。

 

ワンピースはどんな会場でも似合うものを


高級レストランや格式高いホテル、カジュアルな会場など、二次会も様々な場所で開催されます。その度に新しい洋服を購入するのは、手痛い出費!そんな場合のための備えがあると、安心です。

★ どんな会場にも合うワンピースをチェック!

・ お勧めは「不二子ワンピース」と呼ばれるドレスです。

このワンピースは、タックが絶妙に使ってあり、体型を問わず、女性としての曲線を美しく魅せてくれます。特に、バストからヒップにかけての流れるようなSラインが綺麗で、スタイル良く見せてくれるワンピースです。

単色や柄物、袖の長さも色々なパターンがありますから、開催場所や二次会の雰囲気、季節に合わせて選んで下さい。

★ 格式高い会場なら…

・ このワンピースの上にジャケットを羽織ってフォーマル仕様に。

★ カジュアルな会場なら…

・ そのままでも十分素敵なコーディネートです。

とっておきの「不二子ワンピース」で、エレガントで魅惑的に!女性としての魅力を上げるコーディネートに仕上げて下さい。

 

アクセサリーを変えてみよう


披露宴後に二次会だから、「別なドレスを持ち歩くのはちょっと…。」と言う方も沢山いらっしゃいます。そんな時は、ネックレスやベルト、ピアスやヘアアクセサリー等の装飾品を変えるのがお勧めです。

★ ベルトを変えて二次会の服装仕様に

ドレスに取替や、取付け出来るベルトがついているなら、そのベルトの色を変えてみる等が挙げられます。この時のポイントは、「色と大きさ(サイズ)」です。

・ ベルトで印象を変えたいなら、ドレスの色と反対色の物を選びます。

★ ヘアアクセサリーのポイントで二次会の服装に

・ ドレスの色と類似する色を選ぶと、纏まりのあるコーデに仕上げられます。

★ ネックレスやピアスでチェンジ!

・ パール系の物から、キラキラシルバーの物に変える。
・ ゴールド系のゴージャスな物に変える

などなど、これだけでも十分です。

印象を変える装飾品が決まったら、大きさやサイズを鏡でチェックして下さい。ベルトの幅、ヘアアクセサリーの大きさ、ネックレスやピアスの相性、全身を必ず鏡で確認します。装飾品全てを変える必要はありませんから、ポイントとする部分を決めて、纏まりのあるコーディネートに仕上げて下さい。

 

靴とバッグで目を引こう


「ドレスや装飾品は難易度高い…。」、「もう少し簡単な方法が良い!」と言う方には、「バッグと靴」で印象を変えましょう。

★ バッグと靴で二次会の服装に

・ 周りと差をつけたいなら…
「赤や黄色、青」等の原色カラーでアクセントを付けます。

・ 上品な印象に仕上げたいなら…
「ゴールドやシルバー、白」等の華やかな色をアクセントにします。

ここでのポイントは、ドレスの色によって、アクセントを決める事です。単色のドレスなら、靴とバッグの色をお揃いにした方が、纏まりあるコーディネートに見えます。バイカラーや柄物のドレスなら、靴かバックのどちらか一方にアクセントを置くと、センス良い仕上がりに出来ます。

もしも羽織物やジャケットの色と被るのであれば、別な色をアクセントカラーとして選んで下さい。

【 靴やバッグの色を選ぶ時の基本 】

★ アクセントを付けたい時は、反対色を選ぶ。

全体的に纏まりある色合いにしたい時は、類似色や同系色で色トーンを纏めると、統一性のあるコーディネートに仕上がります。

鏡の前で、色々な組み合わせを楽しみながら、自分に似合う最適な装いを見つけて下さい。

 

いかがでしたでしょうか。センス抜群のコーディネートに仕上げるには、自分自身の肌や体型を知る事、似合う色や柄、ドレスの形や丈を知る事が重要な鍵です。それから会場の雰囲気に合わせて自分を彩っていくと、必ずセンス抜群のコーディネートに仕上げられます。

最近は、インターネット上に会場の写真をアップしている場所も沢山ありますから、事前に調べてコーディネートのヒントにして下さい。今回お伝えしたポイントを知っていれば、普段の着こなしにも、また今後購入する洋服にも活用でき、何かと便利です。

華やかながらも新郎新婦を立て、会場のTPOもわきまえた二次会の服装を選べれば、颯爽とパーティを楽しむことができます。新郎新婦二人の門出に相応しい装い、センス抜群で素敵なコーディネートに仕上げましょう!

 

まとめ

結婚式の二次会、ドレスコードにも配慮したセンスアップ術

・ドレス選びの前に、自分らしい「袖丈」と「スカート丈」を把握する
・背が高い人ならミモレ丈やロング丈が、小柄なタイプなら膝丈が魅力的
・どんな二次会会場でも柔軟に対応できる、「不二子ワンピ」に注目!
・披露宴から二次会へ参加するなら、アクセサリーをチェンジして変化を
・アクセサリーは難しい!と言う人なら、靴とバッグでセンスアップ!