良い葬儀屋を見極めるために、知ると便利な種類と選び方

良い葬儀屋を見極めるために、知ると便利な種類と選び方

大切な人が亡くなった時、悲しい気持ちの中で葬儀屋に葬儀を依頼しなくてはなりません。精神的にもいっぱいいっぱいの状態でありながら、数ある葬儀屋の中から葬儀を依頼出来るいい葬儀屋を見つけなくてはならないというのは遺族にとってとてもつらいことです。

でも、故人がエンディングノートなどでどんな葬儀をしたいのか、葬儀屋はどこにするのかなど具体的な希望が記載していなければ、遺族の葬儀屋選びの悩みは簡単には解決されません。でもいったい、どんなことを指標にしていい葬儀屋を見極めればいいのでしょうか。

外見やホームページだけでは判断できないので、どこの葬儀屋に決めればいいのか本当に決められなくなってしまいますね。そんな葬儀屋選びの参考になるいい葬儀屋の見極めるための種類と選び方をお教えしましょう。



 

良い葬儀屋を見極めるために、
知ると便利な種類と選び方

 

病院や警察から紹介された葬儀屋


病院や警察に出入りすることが出来る葬儀屋は一番選びやすい方法でしょう。遺族が辛い状況でいろいろな葬儀屋の違いを吟味する作業というのは精神的に大きな負担になるものです。粛々と儀式的に葬儀をとりおこなうことを進めるのであれば、一番身近にある葬儀屋であると言えるでしょう。

ただ、病院や警察に出入りするために入札等で費用が掛かっている分、葬儀費用も高くなる傾向があると言えます。わけのわからないまま契約してしまい、後から多額の出費があることに気がつくようなことのないよう注意が必要です。

 

生前に会員になっている互助会


生前から会員になり、会員の会費を互助に使うという互助会という方式の葬儀の方法もあります。会員でなくても葬儀を執り行うことも出来ますが、会員であれば費用が安くなるなどの特典があるところが多いようです。

亡くなってから葬儀屋を探すという行為は、少なからず遺族には精神的な負担を与えるものです。万一に備えて互助会の会員になっておけば、親族の葬儀や自分自身の葬儀の際に、葬儀屋を選ぶ負担がなくなり、費用も抑えることが出来るという利点があります。

 

地元で営業している身近な葬儀屋


昔は地元にも葬儀屋があるものでした。大手の参入や跡継ぎ不足などで廃業してしまう葬儀屋もありますが、地元ならではの利点もあるといえるでしょう。葬儀には、その土地その土地での風習もありますので、全国展開している葬儀屋では、風習に対応が出来ない、知らないという所もあるでしょう。

会葬者が地元中心の場合には、地元の葬儀屋を使うほうが段取りもよく葬儀を進められるという利点があります。費用は競争率が低いので高めなこともありますので注意しましょう。

 

インターネットで見つける葬儀屋


最近では、インターネットや口コミで営業をする葬儀屋も増えています。営業マンを多く持たなかったり、事務所を簡素にすることも出来るので、葬儀全体の費用を抑えて提案してくれる所も多いようです。

ですが、ホームページにはとてもいいことが書いてあったのに、実際に会ってみると書いてあることと違ったり、印象が良くなかったり、インターネットであるリスクもあると考えたほうがいいでしょう。葬儀費用や要望などをしっかり伝え、出来れば数度会って打ち合わせたりギャップを埋める努力が必要でしょう。

 

自社斎場を所有している葬儀屋


葬儀屋の中には自社斎場を持っているところもあります。自社斎場を持っている葬儀屋であれば、基本的には自社斎場を使ってもらいたいという気持ちで提案してくることでしょう。

葬儀のプランも自社斎場を使うプランのみだったり、融通が効かず自由度が低い葬儀になる可能性がありますが、葬儀を一貫して提案してもらえるので、遺族の負担は減ると考えられます。ただ、他社との競争が少なく、自社斎場への投資もあるので葬儀費用は高くなりがちです。

 

自社斎場を持っていない葬儀屋


自社斎場を持っていない葬儀社屋の場合は、どこで葬儀をするのかなど自由度が高いという利点があります。遺族が希望する葬儀を叶えたいと思うならば、このような葬儀屋に相談してみるといいでしょう。

出来る限り故人や遺族の気持ちに寄り添い、金額的にも無駄に高価な葬儀ではなく、必要に応じた葬儀を検討してもらえるところが理想的な葬儀屋です。自分が希望する葬儀を実現することが可能かどうか、まずは相談してみて、費用が見合うものであるかも検討しましょう。

 

依頼者の要望を叶えてくれる葬儀屋


葬儀屋には、自社のプランを推し進めようとするところもあれば、遺族や故人の希望する葬儀を行えるように提案してくれる葬儀屋もあります。現代では、埋葬やお墓のあり方など、人それぞれであると言えます。葬儀についても故人や遺族が希望するさまざまな要望を実現する力がある葬儀屋を選ぶことが大切です。

故人の要望を叶えることが出来なかったら、遺族の心のなかに悔いがずっと残ってしまうことにもなりかねません。自分たちのしたいと思っている葬儀を叶えてくれる力がある葬儀屋を探しましょう。

 

いかがでしょうか。いい葬儀屋を見極めるための種類や選び方は、故人や遺族の要望をどう叶えるかということでしたね。滞りなく葬儀を執り行いたいというのが一番の目的な遺族であれば、葬儀屋任せでもきちんと進めてくれるところがいいでしょうし、故人の遺志を尊重して希望通りの葬儀を行うことが一番の目的であれば、それを叶えてくれる葬儀屋を選ぶことが必要です。

国際規格であるISO9001の取得業者であるか否か、など具体的な評価基準はありますが、経営年数や対面時の対応で判断する人々がほとんどです。まずは見積もりが明瞭で、具体的に説明できることや、質問に対しても誠意ある答えが返ってくる、という基本的なことで見極めることができます。

自分がどんな葬儀を叶えたいと思っているか、まずはそこを考えることから葬儀屋選びが始まっているといえるでしょう。

 

まとめ

良い葬儀屋を見極めるために、知ると便利な種類と選び方

・病院や警察から紹介された葬儀屋
・生前に会員になっている互助会
・地元で営業している身近な葬儀屋
・インターネットで見つける葬儀屋
・自社斎場を所有している葬儀屋
・自社斎場を持っていない葬儀屋
・依頼者の要望を叶えてくれる葬儀屋