結婚式のドレスどうする?購入とレンタル、徹底比較!

結婚式のドレスどうする?購入とレンタル、徹底比較!

結婚式のドレスと言えば、レンタルするか購入するか、迷う花嫁さんも多いのではないでしょうか?最近ではよりカジュアルなウエディングドレスを選び、その後のちょっとしたパーティでも着用する、と言う賢い女性も増えています。

とは言え、一生に一度しか着るチャンスの無いドレスですから、選ぶのも慎重になるもの。そんな時、ウェディングドレスのデザインを決める前に、結婚式のドレスをどうするか、で選ぶデザインもその後の取り扱いも、大きく変わります。

「結婚式のドレスをどうするか」とは、もちろん購入するか、レンタルするかということ。値段はもちろん、ドレスのデザインメリット・デメリットまで、比較検討して慎重に決める花嫁がほとんどではないでしょうか。

そこで今回は、結婚式のドレスを実際に、購入とレンタルにした場合とでは、どう違うのかを徹底比較してみました。細かな違いを確認しながら、自分に最も合ったパターンを選択してください。



 

結婚式 ドレスどうする?
購入とレンタル、徹底比較!

 

購入派とレンタル派、どっちが多い?


結婚式のドレス選びでは、どのようなデザインにするかを考える前に、購入とレンタルのどちらにするのかを決めます。これを決めないと、もちろん前には進みません。それでは、今購入とレンタルのどちらが多いかと言えば、圧倒的にレンタル派が多いです。

★ 購入派の体験談

海外挙式と国内挙式を控えていたため、2日分のドレスレンタル料金よりも安くなり、購入に決めました。自身の結婚式のドレスなので、飛行機の運搬にも必要以上に気遣う必要なく、より気軽に運搬できて良かったです。

★ レンタル派の体験談

結婚式のドレスでは、純白のウエディングドレスだけではなく、お色直しがしたかったので、全てレンタルで決定しました。いろいろなドレスが着れました!

などなど。一般的には、ウェディングドレスを購入するとなると、どのくらいのお金がかかってしまうのか不安になってしまう人は珍しくありません。確かに、レンタルというだけで、何となくハードルが低くなります。

 

結婚式のドレスを購入するメリット


結婚式のドレスを購入するメリットは、世界で1つだけの宝物が手に入ることです。ドレスを購入するということは、寸法やデザインを全てオリジナルにして、世界にただ1つだけのウェディングドレスを作り上げることを意味します。

★ 結婚式のドレスのフルオーダー

フルオーダーの相場は35万円前後と言われています。ただし、結婚式のドレスだけにその装飾オートクチュールの場合など、価格の幅は広いです。

★ 結婚式のドレスのセミオーダー

「フルオーダーでは高い。予算を抑えたい。」けれども、購入にこだわるならば、セミオーダーと言う選択肢もあります。セミオーダーでは基本のドレスデザインにアレンジを加えるため、比較的気軽にオーダーできます。

一生に一度の特別な日だからこそ、女性にとって晴れの姿であるウェディングドレスにはとことんこだわりたいもの。

レンタルはフリーサイズのドレスを調節して着ることになりますが、購入の場合はあなたの身体のラインにピタッと合わせて仕立ててくれるので、着心地も見た目も抜群です。

 

結婚式のドレスを購入するデメリット


結婚式のドレスを購入する最大のデメリットは、やはり金銭面でしょう。レンタルはすでに出来上がったウェディングドレスの中から、お気に入りの一着を選び、身体にフィットするように調整していくので、それほど手間はかかりません

しかしながらドレスを購入する場合は、あなたに似合う世界でたった1着のドレスを作り上げるので、どうしても手間と時間がかかってしまうのです。

★ 結婚式のドレスをオーダーするデメリット

・ 衣装代が割高になりやすい。
・ 挙式前にオーダーのための時間が必要。

フルオーダーとなれば、やはりドレスショップとの打ち合わせ時間が不可欠です。予算だけではなく、忙しい花嫁さんならば、時間的な余裕も必要となります。

手間暇を考えれば、ドレスを購入する場合に支払う金額が高くても納得がいきますが、実際にはなかなか支払えないという人も少なくありません。

 

結婚式のドレスをレンタルするメリット


次に、結婚式のドレスをレンタルするメリットは何なのでしょうか?実際に多くの女性が、結婚式のドレスをレンタルして当日に備えています。

★ 最大のメリットは、コストパフォーマンスの高さです。

さまざまなデザインのドレスの中から、お気に入りの一着を手頃な値段で選ぶことができるので、人気の高さもうなづけます。

最新デザインのドレスも、気軽に着ることが出来るのは、やはりレンタルならではでしょう!また結婚式のドレスを購入しないため、前述した体験談のように、お色直しのドレスも着る余裕が生まれます。

 

結婚式のドレスをレンタルするデメリット


結婚式のドレスをレンタルするデメリットは、やはり自分の結婚式ドレスではない点です。ある程度気を遣うことは、否めません。「汚したらどうしよう…。」などなど、色々なシーンで気にするシーンは案外多いです。

もちろん、実際に汚してしまうと、結構なクリーニング代を支払わなければなりません。

★ 結婚式のドレスのクリーニング代目安

ドレスの素材やデザインにより、価格差があります。目安としては、8,400円前後(Aラインのドレス)から15,000円前後(プリンセスラインやボリューミーなドレスなど)と考えておけば安心です。

自分のアイテムなら「まぁ、自分の物だし仕方ないか」となりますが、レンタルは人の物という感覚があるので、どうしても気を遣いながらの着用になるはず。

何も気にせずに心置きなくウェディングドレスを着用しようと思ったら、レンタルよりも購入の方がオススメです。

 

金額はどちらが高いの!?


結婚式のドレス、やはりレンタルの方が安いイメージが強いのではないでしょうか。結婚式のパックプランでは、レンタルと購入のどちらのドレスも含まれているものがあります。一般的に結婚式のパックプランでは、レンタルドレスのパックが多いです。


【レンタルドレスが入る結婚式パックの注意点】

★ 持ち込みのドレスで、追加料金を取られる可能性が。

提携会社で用意したレンタルドレスから、選ばなければならないパックがよくあります。その場合、持ち込み料金が掛かるケースもあるので、「契約前」に確認が不可欠です。

★ 一番安いラインアップの注意点

基本の結婚式のドレスでは、少し物足りない場合もあります。その時違うレンタルドレスを選ぶと追加料金が掛かる可能性もあります。結果的に、購入の方が安くなった!なんてこともあるので、こちらも確認をしてください。

また、購入のドレスに関しては値段はピン・キリになるので注意しましょう。安いドレスですと、なんと5万円で購入することができますが、本格的なオーダーメイドドレスになると数十万円もするので、十分なリサーチが必要です。

 

自分に似合う1着に巡り合う


ここまで結婚式のドレスに関して、さまざまな角度からお話をしてきました。でも、一番大切なことは自分に似合う1着に巡り合うことです。結婚式は一生に一度のビッグイベント。絶対に後悔のないように、ドレス選びに慎重に取り組むことが大切です。

高いウェディングドレスを購入したからと言って、自分にピッタリ合うとは限りません。案外安いドレスの方がしっくり来るかもしれません。

【結婚式のドレス、購入やレンタル以外の選択】

★ 中古の結婚式のドレスを検討

最近では中古の結婚式ドレスを選ぶ花嫁も増えています。フルオーダーだと35万円前後が一般的ななか、中古の結婚式ドレスでは5・6万円~のものでも、充分に華やかなドレスと巡り合えることもあります。

★ 手作りの結婚式ドレス

中古の結婚式ドレスとともに、新しく注目されているスタイルが、「ウエディングドレスのキット」高級ウエディングドレスと位置づけられるような、マーメイドラインなどでも、9万円前後で購入が可能。初心者でもサポートが付いているケースも多いので、検討の余地ありです。

このように、様々な結婚式のドレスの準備方法を検討して、自分に合う世界でただ一着のドレスに巡りあうことが先決です。

 

いかがでしたでしょうか。今回は結婚式のドレス、特にウェディングドレスの準備法について、購入が良いのかレンタルが良いのか、参考になる情報をお伝えしました。どちらの場合もメリットとデメリットがあります。まずは両方をしっかりと理解して、自分にはどちらの方法が合っているのかを見極めていくことが大切です。

金額面だけで見ると、レンタルの方が安いのかもしれません。一生に一度の結婚式ですから、自分が納得のいくドレスで思う存分楽しみましょう。金額面はもちろんなのですが、結婚式全体のスタイル会場、自分自身の理想に合ったドレスを想定することがポイントです。

運命のウェディングドレスとの出会いは、おのずと道が開けてきます。理想の結婚式のドレスを予算内でどのように準備をするか、実は様々な方法があることも、意外だった花嫁さんも多かったのではないでしょうか。皆さんが、ステキなドレスに巡り合いますように!

 

まとめ

結婚式のドレスを購入かレンタルか迷うあなたに

・結婚式でパックにもなりやすい、レンタル派が大多数
・ドレスオーダーには、フルオーダーとセミオーダーが
・ドレス購入には予算はもちろん、日程的な余裕も不可欠
・レンタルドレスはコストパフォーマンスも良く、手軽
・特に海外挙式など、レンタルドレスの取り扱いは慎重に
・ドレスの購入もピンキリ。レンタルもこだわれば高くなる
・中古ドレスや手作りキット、購入やレンタル以外の選択