社内の人間関係でトラブル勃発!意識したい7つの対処法

社内の人間関係でトラブル勃発!意識したい7つの対処法
社内で人間関係のトラブルが勃発なんてしたら、毎日過ごすだけに、イヤ~な気持ちになりますよね。イヤ~な気持ちで済むならいいですが、仕事に影響を及ぼすことは必然です。

会社に行きたくなくなるものの、行かないと収入がなくなりますし、会社に行くにしても行かないにしても、大きなストレスになるのが、社内の人間関係トラブルの難点。健康を害してしまうことにもなりかねません。

不思議なことに、誰もが社内の人間関係でトラブルが起こるなんて嫌だと思っているにもかかわらず、あちこちでトラブルは起こるもの…。ある調査によると、社内での人間関係のトラブルで悩む人の割合は、全体の半数!

原因はさまざまですが、基本的に周りの人たちを理解しない傾向が原因。平たく言うと、「自分と合う人かどうか」が、重視され過ぎてしまうのです。

もちろん、自分に合う人を探すのは悪いことではありません。しかし、合う人しか認めないような極端さに走ると、簡単に社内の人間関係のトラブルを作り出してしまうということ。できれば上手にこのトラブルを乗り越えたいですよね。

そこで今回は、社内での人間関係でトラブルが勃発した時に意識したい、対処法をいくつかお伝えします。

 

社内の人間関係でトラブル勃発!
意識したい7つの対処法

 

自分の思考を分析する

自分が社内の人間関係についてどう考えているかは、トラブルが起こるか起こらないかに大きく影響するもの。

【 社内の人間関係でトラブル☆自分を見直す 】

★ 自慢する傾向とか、すぐに言い訳する傾向とか、人に責任転嫁する傾向とかがあるのなら、トラブルに発展しやすいのでちょっと注意!

・ いつも正直に話し、親切に人に接しているかどうかを見直し、意識的に努力してみてください。

また、自分は関係ないのに、社内の周りの人の人間関係のトラブルに巻き込まれることも…。それは大きなストレスになるため、そういう局面で自分の思考がどうなるかも分析しておけば安心。

【 社内の人間関係でトラブル☆自分のタイプ 】

★ 「いったいどうなるのだろうか」とすぐに先行きを悲観してしまったり、「自分が悪いんだ」と責めてしまうタイプだったりすると、ストレスはますます大きくなってしまいます。

どんなに自分が頑張っても、社内の人間関係のトラブルは起こり得るもの。その時に自分が前向きな思考を持てるかどうかは、とても大切です。

 

感情を受け止める

日本人は精神論を唱えることが多いのが特徴。そのため、うまくいかないことがあると「根性が足りない」とか、「そんな気持ちになるのは弱いからだ」などと攻め立てて、感情は捨てて頑張らせようとしてしまいがち。

【 社内の人間関係でトラブル☆感情は受け入れる 】

★ でもそれは、相手を苦しめるのはもちろん、自分にもプレッシャーを掛けることになり逆効果。何も解決しないからです。

・ その時感じたことは、良いことであろうと悪いことであろうと、自分の感じたことですから受け止めてください。

それができると、周りの皆も、いろいろ違う感情を持つものだと理解してあげることができます。相手を責めることはなくなるのもメリット。そう簡単にはトラブルにまではなりません。そして、原因は何かを冷静に見つめることができるのです。

 

言葉をコントロールする

何かトラブルが勃発した時に、すぐに自分の意見を話そうとすると事態は悪化しかねません。

【 社内の人間関係でトラブル☆暫く黙る 】

★ 問題を解決しようと話すかもしれませんが、トラブルになっている時は、みんな感情が高ぶっていることも意識。素直に話を聞くのは難しくなっているはず。

・ 良かれと思って発する言葉が、かえって火に油を注ぐことになることはよくあること。みんなの感情が高ぶっている時は、しばらく黙っていた方が賢明です。

 

行動をコントロールする

言葉だけでなく、行動もコントロールできるのが、ビジネスマンとしても「できる」人。感情に任せて行動してしまうと、トラブルを作り出す存在になってしまいかねません。感情が落ち着かない時には、周りとの距離を取るのは親切なことです。

【 社内の人間関係でトラブル☆行動を抑える 】

★ 巻き込まれそうな時には、間違っても誰かの肩を持つようなことをしないように注意が必要。

・ 立ち位置が中立であることを表わしてください。可能であれば、不穏な雰囲気の場所からは、離れるのも良いことです。

 

信頼関係を大切にする

社内で人間関係のトラブルが起きると、今までとは違う人の一面が見えることがあります。「こんな人だとは思わなかった」と驚かされることも…。

【 社内の人間関係でトラブル☆信頼 】

★ 「こんな人と一緒に仕事はしていけない…」と考えてしまう前に、普段のその人の事を思い出してください。

・ 「全然違う」、と思うかもしれませんが、どちらもその人です。感情が関係すると違う面が出るのは誰でも同じ。自分だってそうなるに違いありません。

「この人にはこんな面もあるんだ」と、受け止めてあげるのが、より良い選択。そして、冷静になることを優先!今まで築いてきた信頼関係を、一度の感情で「全然違う」と判断してしまわないことは大切です。

 

他の人に話さない

自分の気持ちを分かってもらいたいと思うのは当然ですが、感情が高ぶっているときには他の人に話さないように注意!自分でも話す内容をコントロールするのは難しいもの。大抵、誹謗中傷と受け取られるような話し方になってしまいます。

【 社内の人間関係でトラブル☆周囲には話さない 】

★ しかも悪いことに、そういう話は誇張されて相手に伝えられてしまうもの。ですから、間違っても会社の人には話さないでください。

・ そして、どうにも話さないと気持ちが収まらない時もありますので、そんな時は、絶対に相手の耳に入ることのない人を選べば安心です。

 

普段からみんなを観察する

社内の人間関係のトラブルが勃発してからでは、良い考えは浮かばないもの…。普段から対処法を考えておく方法もひとつのアイデア。

【 社内の人間関係でトラブル☆日ごろから観察 】

★ 残念ながら、全く社内の人間関係のトラブルは勃発しない、と考えるのは非現実的

・ 普段からみんなを観察して、良いところを探していると、意外な潤滑油に…。良いところに注目していると、トラブルは抱えにくくなります。

 

いかがでしたでしょうか、社内での人間関係のトラブルを歓迎する人は誰もいません。とはいえ、トラブルが起こらないことを期待することも現実離れしています。

バランスよく考えておくことが、社内の人間関係でトラブルを最小限に抑えるポイント。普段から、自分の傾向を見直して、周りの人を理解する点で成長することを目標にしてはいかがでしょうか。そして、相手の尊厳を尊重することが大事!

よくよく考えてみると、仕事というのは他の人の益のためにサービスを提供して対価を得るというもの。つまり、相手の事を考えてこそ、良い仕事ができるのです。

であれば、社内での人間関係のトラブルにどう対処するかは、仕事ができる人かどうかの判断規準ともなりうること。是非、スキルアップしたいものです。

自分の視点から一歩離れて周りの人の事を考えて行動し、社内での人間関係のトラブルにも上手に対処できるビジネスマンになりましょう!

まとめ

社内での人間関係トラブル、対処法

・自分の思考パターンを理解する
・自分の感情をそのまま受け止めてあげる
・簡単に発言しない
・軽率な行動をしない
・今までに築いてきた信頼関係を意識する
・他の人に話すなら、職場と関係ない相手を選ぶ
・普段から周りを観察し、良いところに注目する


連記事