結婚式のビデオレター☆忙しいあなたに教える簡単アイデア

結婚式のビデオレター☆忙しいあなたに教える簡単アイデア

結婚式のビデオレターは、披露宴で会場を感動に包んだり、盛り上げる最高のアイテムです。ビデオが流れるので、時間も流れも想定内という点も、安心できて嬉しいポイント。

そんな結婚式のビデオレターでは普段は伝えるのが恥ずかしい、感謝の気持ちや素直な想いをそれぞれが、思い思いに語ることができます。皆で結婚式のビデオレターに想いを込めれば、きっと会場内の全員が喜ぶステキなVTRが出来上がるはず。

でも、現代人の毎日はとにかく忙しい!仕事に家庭を持つ人ならば家事や家族サービスもあるかもしれません。結婚式のビデオレターの制作はどうしても、一人に負担が掛かりがちです。

そんな中でも一人が負担を背負うことなく、無理なく作れる結婚式のビデオレターの作り方があります。忙しいからと諦めずに、皆が心温まるクオリティの高い、結婚式のビデオレターを結婚式で披露しませんか?

そこで今回は、仕事や日常に忙しいあなたでも完成できる、結婚式のビデオレターの簡単アイデアをいくつかご提案します。



 

結婚式のビデオレター☆
忙しいあなたに教える簡単アイデア

 

忙しいならVTR制作のプロに任せよう!


★ はじめにご提案するのは、プロのVTR制作会社に任せる方法です。

・ 多少のお金がかかろうとも、プロの制作会社に任せた方がクオリティも高いですし、なにより手間がかかりません

結婚式のビデオレターは新郎新婦達に関わりのあるゲスト達が2人を祝福するアイテムでもあります。そのためとても喜ばれる反面、準備に時間がかかるというデメリットがあります。

ビデオレターを制作する人だけに負担がかかってしまうのなら、皆でお金を出し合ってプロに制作して貰う方が効率的だと考える人もいます。興味のある方は、ぜひリサーチしてください。

 

皆で同じポーズやセリフを言って、一体感


結婚式のビデオレターを制作する時には、出来るだけクオリティの高さ一体感を重視する必要があります。そこでオススメする簡単アイデア!

★ 皆で同じポーズやセリフを言って、一体感を出す方法。

・ ビデオレターの制作者は、まずビデオのだいたいの流れやテーマを決めましょう。例えば、1人1人が手でハートマークを作って、それを繋げて編集していくという方法です。

また制作者が「このセリフを言って下さい!」と撮影の際に指定してあげるのも良いでしょう。すると全体的に統一感が得られ、しかも繋ぎやすいという一石二鳥となります。結婚式のビデオレターのクオリティーも保てます。

 

写真で十分!メンバー1人1人が撮影


「友達の結婚式に合わせて、ビデオレターを作ろうと思っているけれど、動画の撮影ってハードルが高いわ」という人も少なくありません。

★ ならば、写真を利用して動画を作成していくという方法で十分です。

・ 写真なら撮影当日にその場に集まらなくても、メンバーに指示を出せばそれぞれが撮影してくれますし、制作者の手間も最小限に抑えられます。

あとは集まってきた写真のデータを、編集ソフトで作り上げていけば手間をかけることなく、クオリティの高い結婚式のビデオレターが完成するというわけです。写真ならば幼い頃から現在までのあらゆる写真も繋ぐことができ、また違う趣の結婚式のビデオレターが仕上がります。

 

素直なセンテンスをプラスしよう


結婚式のビデオレターを制作するにあたって、重視すべきものは【絵】と【文章】と【音楽】です。もちろん、絵が無ければ動画は存在しませんし、音楽が無ければ盛り上がりにもかけるのですが、何だかんだ文章の力というのは偉大です。

★ 心に響くセンテンスを動画に散りばめる

・ ありがとう
・ 感謝
・ おめでとう
・ 幸せになってね
・ 大好き

・・・などなど。

ビデオレターの中に心温まるセンテンスをいくつも散りばめれば、VTRの質がグッと高まります。ぜひ、ステキな言葉を考えて、ビデオレター内に散りばめてはいかがでしょうか。

 

パネルを作ればプロ感が増す


結婚式のビデオレターは、ゲストの想いが込められたステキなVTRでなければいけません。適当に作ったという感じではなく、皆で一生懸命作り上げた作品である必要があるのです。

★ そこでオススメするのが、パネルです。

・ 「結婚おめでとう」「いつまでも幸せに」という文章を書いたパネルを制作して、撮影時に皆に持ってもらいましょう

そうすれば、気軽に一体感が増すのです。パネルは、お住まいの地域の看板屋さんや、インターネットで気軽に注文することが出来ます。それぞれが、パネルに手描きのメッセージを描いても感動的です。

ぜひ、パネル一枚にアイデアをどんどん広げて、活用してみてください!

 

呼びかけ方式で次のメンバーに繋げよう


★ 結婚式のビデオレターは、だいたい3分~6分を目途に制作しましょう。

・ 3分~6分が、一般的にちょうど飽きないくらいの長さだからです。

このような短い時間の中で、いかに一体感のある結婚式のビデオレターにするのかがポイントなのです。そこで簡単に出来るアイデアとして、VTRの演出方法をご提案します。

結婚式のビデオレターは何組かのゲストによって、次々とメッセージを伝えていくものです。

★ 次のゲストを呼び込むときに「○○さん~!どうぞ」と振ってみる方法です。

・ この「呼びかけ方式」で次のメンバーに繋げれば、一気にVTRに一体感が増します

 

ソングリレーで結束を固めよう


結婚式のビデオレターで、他の結婚式のビデオレターとは差をつけて、新郎新婦をびっくりさせることもできます。

★ そこでオススメの演出は、歌1曲をリレー形式で歌っていくソングリレーです。

・ ワンフレーズで次の人に切り替えるようにして、1曲を歌いきれば、きっとVTRの中に最高の一体感が生まれてステキな雰囲気になるはずです。

ソングリレーで使用する歌は、出来るだけ全員が知っているようなメジャーな曲をオススメします。結婚式のビデオレターと一緒に会場のゲストも一緒に歌うことで、ほんわかとアットホームな雰囲気が会場内に広がっていくことでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。今回は、ゲストが新郎新婦のために贈る、会場を盛り上げる結婚式のビデオレターについて、簡単に出来る制作アイデアをご提案しました。ビデオレターは結婚式を盛り上げるアイテムの1つです。

当日結婚式に参加できる人も、遠方のため参加出来ないという人も、ビデオレターを通して新郎新婦に祝福の言葉を伝えることができるのは、とても良いこと。もちろんビデオレターを撮影して、プレゼントしてあげることに意味があるのですが、ちょっとした工夫と簡単アイデアだけで、結婚式のビデオレターの質が格段にアップすることを覚えておきましょう。

素敵なセンテンスをプラスしたり、皆で同じポーズを撮って統一感を出す!とても簡単に試せる作業なので、ぜひ取り入れて、他のゲストも笑顔になるクオリティの高い結婚式のビデオレターを披露してください。

 

まとめ


忙しくても質の良い結婚式のビデオレターを作る、7つのアイデア

・予算があればVTR制作のプロに任せてしまうのもアイデア
・一体感を出すには、「皆で同じ」。同じポーズやセリフがポイント
・動画撮影の時間がない!難しい!ならばメンバー1人1人が写真撮影
・結婚式のビデオレターでは、言葉が大切!素直な文章を入れて
・パネルを作ってしまえば、全体的なイメージがプロ仕様に
・呼びかけ方式で次のメンバーに繋げるアイデアで、楽しく
・他の結婚式のビデオレターとは趣向を変えるなら、ソングリレー