お世話になった先生に贈るプレゼントを選ぶ9つのコツ

お世話になった先生に贈るプレゼントを選ぶ9つのコツ
お世話になった先生に感謝の気持ちを伝えたい。そんな時に意外と迷うのが先生へのプレゼント選びですね。先生に喜んでもらえる、そして感謝の気持ちが伝わるプレゼント選びをしたいものです。

プレゼント選びではクラスの意見をまとめるのが大変な場合もあります。そのような時はクラスの代表で内容を決め、実際購入し準備する役目を受けることもあります。

プレゼントを選ぶのは苦手という方のために本記事ではお世話になった先生に贈るプレゼント選びのコツをご紹介していきます。お世話になった先生に感謝の気持ちとともに心を込めてプレゼントを選んでみませんか?



 

お世話になった先生に贈るプレゼントを選ぶ9つのコツ

 

その1:クラスの意向をリサーチする


プレゼント選びで最も大切なのはクラスの意向をリサーチすることです。出来るだけ多くの方の賛同を得て計画していきましょう。プレゼントをするかどうかという事だけでも案外意見が割れるものです。先生への贈り物を準備する際は時間に余裕を持って意見調整をしていきましょう。

仮にクラスの意見が様々であった場合せっかく先生に喜んでいただこうと準備したことがかえって先生への負担になってしまいかねません。贈り物をするのか、費用はどうするのかなど最低限のことは前もって決めておきましょう。

 

その2:対象の先生に合わせる


先生といっても幼稚園の先生、小学校の先生、中学校の先生、高校の先生などお世話になった先生に合わせてプレゼントを選ぶと喜ばれるプレゼントを選ぶことができます。

幼稚園の先生であれば意外と知られていない喜ばれるプレゼントに「靴下」がありあす。小さな子供たちを相手に動きまわっていることが多い幼稚園の先生は靴下がすぐにボロボロになるそうです。

対象の先生に必要なものや普段困っておられるようなことを思い浮かべてプレゼント選びの参考にしてみましょう。

 

その3:サプライズなプレゼント


プレゼントといえばやはりサプライズなものを贈りたいと思っておられる方も多いでしょう。探せば色々なアイデア満載のプレゼントが見つかります。

最近人気がある幼稚園の先生用のプレゼントに先生を主人公にした絵本や先生自身の自己紹介用の絵本があります。先生についての簡単なプロフィールを盛り込んで注文すると綺麗なラッピングがされて届きます。新しい学期に先生だけでなく新しい子供たちにも喜んで貰えるものですので驚きと感動をプレゼントすることができます。

小学校の先生向けのサプライズで人気のあるプレゼントは先生の似顔絵入りハンコです。先生が写っている写真があれば簡単に注文できます。「がんばりました」などのメッセージとともにオリジナルな似顔絵を入れてもらえるサービスです。こちらも先生だけでなく新しい学期の子供たちにも喜んでもらえるものになるでしょう。

 

その4:定番のプレゼント


お世話になった先生への定番のプレゼントといえばお花と子供たちからのメッセージではないでしょうか。

お花は花束でも鉢植えでも予算に合わせて作って頂くことが出来ます。子供たちから一本ずつ先生への感謝の言葉と共にプレゼントしてもらいそれを花束に仕立ててお持ち帰りいただくなどの演出の工夫もできます。

子供たちからのメッセージも工夫次第で色々な形のものが出来ます。定番の色紙や一人一人からのお手紙なども非常に喜ばれます。

 

その5:クラス写真をアレンジして


クラス写真をアレンジした物も喜ばれるプレゼントの一つです。男女を問わずプレゼントできるのも魅力です。写真は一枚でも沢山をアレンジしても構いません。

一枚であれば写真立選びにこだわってもよいでしょう。複数の写真を使うなら複数の写真を一枚のポスターに加工して貰えるサービスもお勧めです。写真を加工してスライドショーを作成し音楽をつけてDVDにするという方法もあります。写真も工夫次第で思い出にのこるプレゼントになります。

 

その6:実用的なプレゼント選び


写真やお手紙等は思い出に関するプレゼントでしたが先生自身に焦点をあてたプレゼント選びも出来ます。お世話になった先生が日常使われるものを想定してプレゼントを選ぶ方法です。

幼稚園の先生ならエプロンなどの身につけられるものや、珍しい折り紙の本など仕事に役立ちそうな物を考えてみるとよいでしょう。小学校や中学校の先生であればスタンプセットや小物がまとめられる小箱、シールセットなどでもよいでしょう。先生自身が学校で使用されるマグカップや文房具などでもよいでしょう。

 

その7:子供たち主体のプレゼント


先生が喜ばれるのはやはり子供たち自身からのプレゼントです。学校で練習してきた曲を先生に内緒で練習してお別れの日にプレゼントというのも形には残りませんが先生の心に残る素敵なプレゼントになります。

 

その8:タイムカプセル


タイムカプセルを作り先生や子供たちで好きなものやお互いへの手紙などを入れて開封する日を決め保管しておくのも面白いプレゼントになります。開封の時にはお世話になった先生にもぜひ来ていただけるようにあらかじめ招待状を作成しお別れの日にお渡ししておくという演出も出来ます。

 

その9:子供たちの思いを伝えられるもの


子供たちに先生への簡単なアンケートを作成しあらかじめ情報を収集しておきます。内容としては子供たちが先生にお世話になったと感じていることや先生がしてくれて嬉しかった事、先生との思い出などが喜ばれるでしょう。

子供たちから得た情報をもとに先生への通知表や感謝状を作成してお別れの日にプレゼントします。

 

如何でしたでしょうか。

お世話になった先生に贈るプレゼントは必ずしなければならないものではありませんが、一緒に過ごして来た思い出の日々を小さな形に残したり感謝の気持ちを伝えるだけでも素敵なプレゼントになります。お世話になった先生に贈るプレゼント選びでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

お世話になった先生に贈るプレゼントを選ぶ9つのコツ

その1:クラスの意向をリサーチする
その2:対象の先生に合わせる
その3:サプライズなプレゼント
その4:定番のプレゼント
その5:クラス写真をアレンジして
その6:実用的なプレゼント選び
その7:子供たち主体のプレゼント
その8:タイムカプセル
その9:子供たちの思いを伝えられるもの