メール返信マナー、虎の巻☆新人が特に意識したい心得とは

メール返信マナー、虎の巻☆新人が特に意識したい心得とは
メール返信マナーを意識する人は意外に少ないですが、実は受け取る側の立場になると、多くの人々が「返信」にこそ、様々な感情を抱いています。社会人になれば、必ず使うことになるビジネスメール。近年では、ビジネスメールは会社のパソコンだけでなく、スマホでやり取りすることも多くなってきています。

ただ、スマホでのやり取りだからと言って、決してプライベートと混同してはいけません。特に新人は、ビジネスメールの基本ルールも身につかないまま、現場で活躍することも。メールの返信マナーには十分気を付ける必要があるのです。

ビジネスメールでは、意識すべきマナーは意外とたくさんあります。件名、内容、署名など、どんな風に作成するのが正解なのか…。気が付けば曖昧なまま、メールを扱っている人は多いですよね。

そこで今回は、現代ビジネスマナーの一般的な常識とされている、メール返信マナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

メール返信はマナーを守る!ビジネスシーンでの7つの心得

メール返信はマナーを守る!ビジネスシーンでの7つの心得
メールの返信にマナーがあるということは、学生時代には意識することは少ないかもしれませんが、社会人になってから、その重要性に気づくことは、多いですよね。

ビジネスシーンにおいて「報告・連絡・相談」は必要不可欠です。その上で、メールは欠かせない連絡手段なのです。いくら仕事のスキルが高い人でも、メールの返信マナーがなっていない人だと、相手から誤解をされる可能性は大いにあります。

直接相対したり、会話をする電話と異なり、メールは相手の顔の表情やトーンがわかりませんから、メールの書き方や言葉選び、また、返信をするタイミングで印象がを大きく左右します。

そんなメールの返信であっても、自分の思いや伝えたいことはなるべく相手に100%伝えなくてはいけません。そこで今回は、ビジネスシーンで求められるメールの返信マナーについて7つの心得をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

招待状の返信メッセージ☆出席や欠席、状況別7つの例文

招待状の返信メッセージ☆出席や欠席、状況別7つの例文
招待状の返信メッセージでは、言葉の使い方や言い回しのマナーに十分気を付けなくてはいけません。基本的に結婚式などのお祝い事の招待状では、断ることは失礼に当たります。事前に主催者から出欠確認をされてから招待状が届くことが多いですから、欠席の返事は極力避けなくてはいけないからです。

ただし、例外的に事前確認がなかった場合や、急に外せない予定が入ってしまった場合には、欠席の返事を出さなくてはいけませんよね。このような時には失礼にならないよう、繊細な配慮で注意した言葉で伝えることが大切。また、出席の場合でも、招待状の返信メッセージにはマナーがあります。

しかし、招待状の返信メッセージを出したことがない人や、書き方のマナーについてこれまで改めて学ばなかった人は、どう書くのが正しいかわかりませんよね。そこで、招待状の返信メッセージの書き方マナーについて、7つの主な例文をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ビジネスメールを返信する時☆参考にしたいフォーマット文

ビジネスメールを返信する時☆参考にしたいフォーマット文
ビジネスメールの返信には、知っていないと間違えてしまうものもあります。現代、ビジネスに限らずメールは大変便利ですよね。今やビジネスにおいてなくてはならない、コミュニケーションツールとなっています。

しかし、歴史が浅いために共通ルール確立されているというわけではありません。そのため、「常識」とされている、知識やルールは最低限知っておく必要があるのです!

特に、世代や立場が異なるビジネスメールにおいては、文字のみによる一方向のコミュニケーションのため、さまざまな弊害があるのも事実です。送ったメールは取り消すことができませんし、誤字、脱字、宛先や内容に間違いがないか、添付ファイルの有無など送る前に確認することは必須!

また、誰が読んでもわかりやすい内容になっているか、失礼に受け取られるような表現はないか、見やすいかどうかなどにも気を付けて送りたいものですよね。

実はビジネスメールは返信においても、相手にとってわかりやすいポイントがあります。そこで今回は、メールの基本をまじえながら、ビジネスメールを返信する時のポイントをお伝えします。

ぜひ、参考にして信頼できるビジネスメールを返信してください!

[ →続きを読む… ]

結婚式の招待状!返信メッセージで添えたい文例と心遣い

結婚式の招待状!返信メッセージで添えたい文例と心遣い

結婚式の招待状に返信メッセージを添えてみませんか?結婚式は幸せあふれるおめでたいものです。確かに、結婚式の招待状は返信メッセージを残さなくても、マナー違反ではありません。そのまま必要なことだけを記入するだけでも、もちろん十分です。

けれども、新郎新婦の気持ちを想像すると、お祝いの気持ちをしっかりと伝えたくなるでしょう。ただし、結婚式の招待状は返信メッセージを新郎新婦のご両親も見るかもしれません。いろいろ考えると、難しくなり諦めてしまいがちです。

挙式前は新郎新婦のお二人とも、マリッジブルーなどで精神的にも不安定になりがちな上、式の準備は意外にも多忙を極めます。そんな時期の清涼剤として、そっとひと言添えられる、心遣いの結婚式の招待状の返信メッセージを、文例とともにお伝えします。

[ →続きを読む… ]