訃報

ビジネスマナー

訃報をメールやLINEで伝えるのはあり?注意したい5つの事

「訃報」をメールあるいはLINEで送っても、果たして良いものだろうか…ということに関しては意見が分かれそうですよね。どちらも素早く情報を送ることができ、電話と違っていつでも時間のある時に読んで貰えるという利点がありますが、何しろ訃報は「とても重要で、かつ心理的にも重たい情報」です。あまりにもメールやLINEが私たち...
葬式マナーについて

訃報をメールで送る選択。現代ならではの7つのマナー

訃報をメールで送ってもいいものかは迷いますよね。冠婚葬祭には古くから伝わるマナーを守るのが礼儀。そのため、親や年配の人に訃報をメールで送るのはどうかと聞くと、怪訝な反応をされることがあるかもしれません。 しかし、訃報は突然訪れる場合が多いものです。結婚式や法事などはあらかじめ日程を決められるものですから、時間...
葬式マナーについて

訃報をメールで送る時。押さえるべき基本のマナー

訃報をメールで送る、送られる機会が近年増えてきました。訃報はメールでなくても、誰かに伝えなければならない時、どのような立場でも辛いものですよね。 特に身内が亡くなった時は、葬儀の準備等にも追われることが多いため、気持ちの整理もついてこないことが多いもの。しかし親戚や知人・友人などには、速やかに連絡をしなければ...
葬式マナーについて

お悔やみメールの基礎知識。上司や友達、立場別例文集

お悔やみのメールを出す場面に直面したとき、一体どんな言葉を選べばいいのでしょうか。お悔やみのメールは頻繁に送るものではありませんが、いざ送るとなると戸惑うことも多いですよね。 また、お悔やみのメールは、会社の上司に送ることもあれば、同僚や友人に送ることもあります。もちろん基本的に伝えるべきポイントは同じですが...
葬式マナーについて

訃報は文例を参考に。伝えるべき基本の言葉と心遣い

訃報の文例は、大きな悲しみの中で、とても辛い連絡になる時の慌しい準備のなかで、必要な事項を押さえることができるため、参考にすると安心です。 訃報を伝えることは、誰しも気が重いことです。特に家族が亡くなった時には、葬儀を出す側として、伝えることが多々ある場合が多く、訃報の文例なしでは、何をどうしたらよいのか迷わ...
法事でのマナー

訃報の文例集。会社や親族・葬儀スタイル別、7つの基本

訃報は文例を基に連絡することで、突然のことで慌しい準備のなかで、大切なことを漏らさず伝えることができます。突然の訃報と慌しさに、誰でも細かな段取りなど、忘れがちになりますよね。 大切な人を亡くしたとき、まず初めにすることと言えば、知人や関係者に訃報を届けることです。 身内を亡くしたとき、会社関係者に不幸...
葬式マナーについて

お悔やみ状の文例、書く際に気をつけたい7つの注意点

お悔やみの気持ちを伝えたい・・。昔お世話になった方や一緒に青春を謳歌した仲間の突然の訃報。遠くにいればいるほどその悲しみは大きく、いつの間にか過ぎ去った長い時間の経過に呆然と立ち尽くします。 近くに住んでいればすぐにでも駆けつけ、お悔やみの気持ちを伝えたいところですが、突然のことでどうしても時間がとれ...
葬式マナーについて

告別式の代表挨拶。参列者の記憶に残る、心に響く言葉6選

危篤の報を受け取ってから、ばたばた病院に駆けつけ、しっかりとお別れもする間もなく亡くなってしまった故人。悲しみに浸る間もなく、次々と段取りされるお通夜や告別式。近所隣りの方々や、長年深い付き合いをしていた友人、何年かぶりに顔を出してくれた知人、私たち遺族は全く顔を知らないけれど、故人の訃報を聞いて駆けつけてくれ...
タイトルとURLをコピーしました