スーツで結婚式に出席する時、絶対にやってはいけない7つのこと

スーツで結婚式に出席する時、絶対にやってはいけない7つのこと
結婚式に参列すると、多くの女性の服装は、ドレスやワンピースにボレロやストールを身に着けるという方が一般的です。ドレスアップしたフォーマルスタイルを心がけている方が多い中、スーツを着てシックな服装で参列されている方も見られますね。

ですが、スーツは一歩間違えれば、普段着の印象になってしまいがち。ある程度オシャレにコーディネイトして着こなさなければ、マナー違反にすらみなされそうです。スーツの色、生地素材、スーツに合うアクセサリーなど、オシャレにするポイントはいくつかあります。

今回は、スーツで結婚式に出席する時に、これだけは絶対にやってはいけないということを7つご紹介しましょう。ポイントを押さえて、結婚式にふさわしい服装を心がけましょう。



 

スーツで結婚式に出席する時、
絶対にやってはいけない7つのこと

 

真っ黒のスーツはNG


結婚式では、黒のワンピースを上手に着こなす方も多く見られますが、オシャレに着こなすのは、かなり技術が要りますね。また、上から下まで黒一色で統一するのは、お葬式を連想させてしまうため向いていません。

黒のスーツ姿というのは、まったく華やかさがありませんので結婚式には、どちらかというとむいていません。

シルクシャンタンなどのような少しラメの入っている素材であれば、まだ許されるかもしれませんが、会場スタッフに間違えられてしまいかねません。

仮に、アクセサリーや小物をつけたとしても、それが小さな飾りであれば、見えずらいですし、結婚式には華やかさにかけるため、黒のスーツの上下はできれば避けた方が無難でしょう。

 

リクルートスーツはNG


スーツはあくまでも仕事着ですので、リクルート系のカチッとしたスーツですと、普段着のように思われてよくありません。仕事からそのまま式場に来たという印象に見られてしまいます。また、お祝いをする気持ちがないとも受けとられかねません。

スーツの中でも、明るい色のうすいパステル系のスーツは、結婚式でもよく見かけられます。あくまでも、スーツは結婚式にふさわしい明るく華やかな印象になる服装を心がけましょう。

 

アクセサリーや小物を身につけないのはNG


ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーをつけたり、胸元にはコサージュなどで華やかにすると、結婚式にふさわしい装いになります。

スーツ姿ですと、ストールやボレロなどを羽織って、素敵な装いにすることできませんから、大き目のコサージュをつけるだどして、華やかさを演出するようにしましょう。

胸元、顔周りを少しあけ、アクセサリーで華やかにすると、豪華に見えるでしょう。

 

スーツインナーに、白はNG


スーツ姿でも、スーツの中着るインナーを華やかにするとおしゃれに見えます。フリルブラウスなどの立ち襟ものも華やかに見えて結婚式に向いているでしょう。

シルク素材のものならより一そう華やかに見えます。ラメ系のカットソーなども合わせると綺麗になります。

ですが、白や、、オフホワイト、うすいピンクなどのインナーは、花嫁のウェディングドレスの色に似ていますのでNGです。

スーツインナーに合う色は、ゴールド、シルバー、紺などはいかがでしょうか。結婚式にふさわしいスーツになること間違いなしです。

 

スーツインナーにツィード、プリント柄はNG


ツィードとは、ざっくりした素朴な感じの生地ですので、普段着と同じような印象になります。綿素材もカジュアルすぎですので不向きです。プリント柄のデザインも、華やかさがなく、結婚式のような特別なお祝いごとにはふさわしくありません。

どうしても柄物を選ぶときは、千鳥柄や、水玉、その中でも、清楚なものを選ぶようにしましょう。

 

厚手のスーツはNG


結婚式の会場が、ガーデニングパーティ形式などの屋外ではなく、屋内で行われる場合は、薄手のスーツがよいでしょう。

披露宴が始まる数時間前は、テーブルに用意されている前菜などの料理が傷まないように、会場内を冷やしています。しかし披露宴の開始時間が近くなると、空調温度をぐっと上げますので、会場内はだんだんと暑くなってくることがあります薄着が基本です。

 

新郎新婦よりも目立つ服装はNG


結婚式では、あくまでも新郎新婦が主役ですので、赤などの派手な色は控えるようにしましょう。

あなたがどんなに、スーツ姿で真面目な服装をしているつもりでも、髪型が奇抜であったり、化粧が派手すぎたのでは、かえって目立ってしまいます。あくまでも、フォーマルな印象になるように心がけましょう。

 

如何でしたか。

結婚式に着ていくスーツには、いいものと悪いものがあり、マナーを守った装いにすることが大切です。

披露宴の招待状に「平服でお越しください」と書かれていることがありますが、この平服というのは”普段着”や”カジュアルな服装”という意味ではありません。

ジーンズなど、本当にラフな格好で行って、恥をかいた・・・なんてことになりかねませんので気をつけましょう。

アクセサリーやコサージュなどを上手に活用し、あくまでもフォーマルで、結婚式にふさわしい華やかな服装になるように気をつけましょう。

 

まとめ

スーツで結婚式に出席する時、絶対にやってはいけない7つのこと

・真っ黒のスーツはNG。
・リクルートスーツはNG
・アクセサリーや小物を身につけないのはNG
・スーツインナーに、白はNG
・スーツインナーにツィード、プリント柄はNG
・厚手のスーツはNG
・新郎新婦よりも目立つ服装はNG。