結婚式の挨拶☆最後を格好良く締めくくる新郎謝辞文例5選

結婚式の挨拶☆最後を格好良く締めくくる新郎謝辞文例5選
結婚式の挨拶で新郎が最後にゲストに向けてする謝辞にはいくつかパターンがありますよね。出席した結婚式で新郎がどんな挨拶をしていたかを思い出してみれば、みんなまったく同じ内容ではなかったはずです。ユーモラスな挨拶をする新郎もいれば、堅い感じの挨拶をする新郎もいます。

このように、挨拶の内容や言い回しは人それぞれですが、結婚式の挨拶で新郎が伝えるべきことは、感謝の気持ちです。結婚式に出席してくださったゲストの方や、隣にいる新郎新婦の両親に対して感謝の気持ちを伝えるのです。とはいえ、親しい人に改まって御礼を言うのは苦手だという人が多いですよね。

そこで今回は、結婚式の挨拶で新郎が格好良く締めくくるのに最適な謝辞文例をお伝えいたします。

天気が悪い日や遠方からのゲストに

結婚式の挨拶で新郎が一番に感謝の気持ちを伝えなければいけないのは、出席者のゲストです。もちろん、両親をはじめ親戚の人にも御礼は言うべきですが、結婚式と言う場では、身内よりも主賓や会社の同僚など、わざわざ足を運んでくれたゲストに御礼を言うのが常識です。

感謝の気持ちを伝える文例としては「本日は、私たちの結婚式に足を運んでくださってありがとうございました」というシンプルなものでも良いですが、プラスアルファで気遣いの言葉を添えると丁寧です。

天気が悪い日には「本日はお足元が悪い中」と文頭に付け加えたり、遠方からのゲストがいる時には「地元の友人については、わざわざ京都から足を運んでくださって」と付け加えると、より気持ちが伝わります。

 

余興をしてくれた人に

当日、余興を友人に頼んだ場合には、結婚式の挨拶で新郎からその余興に対するお礼をいうのがスマートです。余興というのは簡単そうに見えて準備には大変な労力がかかるものです。

仕事をしながら時間を作って練習をしなければいけません。それをギャラなしでやるのですから、心付けを渡すのが常識です。しかし、結婚式当日は新郎新婦から直接御礼を言えるタイミングがありませんから、挨拶の時に「野球部時代のみんな、今日は余興ありがとう。見事な演奏、とても感動しました」などと、一言御礼を言いましょう。

 

新郎新婦両方の両親に

ゲストへの御礼をした後には、必ず新郎新婦の両親への御礼を言いましょう。結婚式の挨拶で新郎が締めの言葉を述べる場は、”いよいよ、これから新しい夫婦の生活が始まる”というタイミングです。つまり、これまでお世話になった両親への別れの時でもあるのです。

「〇〇(新婦)のお父さん、お母さん、未熟者の私を温かく受け入れてくださってありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。そして、父さん、母さん、30年間育ててくれて本当にありがとう。二人のおかげでここまでやってこれました。」と新郎新婦両方の両親に御礼を伝えましょう

 

業務連絡を交える

結婚式に出席しているゲストは、新郎新婦と親しい間柄の人たちが多いですよね。大切な人たちが一同に会す機会はめったにありません。そこで、結婚式の挨拶で新郎から、ゲストへの業務連絡的な事を伝えるのもアリです。

例えば、新婦が妊娠していることを、結婚式まで伏せていた場合には「実は妻・〇〇のお腹に新しい命を授かっています。今年の夏に出産予定なので、その際にはぜひ皆様にもご挨拶させて頂ければと思います。」と伝えましょう。

また、新居を立てた場合には「この春に私たちの新居が完成します。そう広くはない自宅ですが、お世話になった皆様方にはぜひいらして頂きたいと思います。」などと、新居へのお誘いをしましょう。

 

締めくくりの言葉

結婚式の挨拶で新郎からゲストに向けて是非伝えておきたいのは夫婦としての所信表明です。文例としては、「未熟者の二人ではございますが、これから夫婦二人三脚で新しい人生を歩んでいきたいと思います。皆様方に時に優しく、時には厳しく、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、今後ともよろしくお願いいたします。」と言った内容が適切です。

夫婦二人で一生懸命頑張ります、という所信表明とともに、出席いただいたゲストの方々に「今後ともよろしくお願いします」という挨拶を伝えることができるため、締めくくりの文例としては、必ず入れておきたい内容です。

 

さて、結婚式の挨拶で新郎がゲストに伝えるべき謝辞文例は、そう多くはありません。今回お伝えしたように、ゲストの方への気遣いの言葉、両親やお世話になった親族への感謝の言葉、結婚式当日にお世話になった友人への感謝の言葉などが中心になります。

結婚式での挨拶を新郎からするとなると、かしこまって難しい言葉を使わなければいけないと思っている人も多いですが、あくまでも自分の言葉を使うことが大事です。普段言い慣れていない言葉や思ってもいない事を盛り込むと、相手の心に響きません

正直な気持ちや思いを丁寧な言葉に言い換えて、結婚式の挨拶として新郎から伝えられれば十分です。今回お伝えした文例を参考に、自分なりの言い回しにして挨拶をしましょう。

まとめ

結婚式の挨拶で新郎からする謝辞は

・天気や遠方からのゲストに気遣った御礼する
・当日余興や受付をしてくれた友人に御礼する
・新郎新婦両方の両親に御礼と挨拶をする
・授かり婚の報告や新居へのお誘いをする
・夫や夫婦として将来に向けた所信表明をする


連記事