パーティーで着るスーツをおしゃれに着こなす7つの方法

パーティーで着るスーツをおしゃれに着こなす7つの方法

結婚式の二次会や友人の誕生会など、意外と身近にパーティーの機会は存在するものです。そんなパーティーで着る服と言えばやっぱりパーティースーツでしょう。ただ、気をつけなくてはならないのが、着こなし方です。あまり着る機会のないパーティースーツは着こなしをちょっと間違うと、変な人、ダサい人になってしまいがちです。今回はそんなパーティースーツのおしゃれな着こなし方をご紹介します。



 

パーティーで着るスーツを
おしゃれに着こなす7つの方法

 

スーツをカジュアルに着こなす


パーティー向けの着こなし方のポイントは、パーティー内容によっても変わりますが、カジュアルなパーティーの場合、遊び心を加えたスタイルがおしゃれでカッコいい着こなし方となります。

例えば光沢感のあるスーツをメインにして、ネクタイやチーフも光沢感あるシルクなどで合わせます。普段はNGとされているような派手めのデザインのシャツや、ネクタイを組み合わせてもOKです。

スーツを着たときに気分まで楽しくなるような組み合わせを考えましょう。カフスなどで遊び心を表現してみても良いかもしれません。

 

個性的な色使いをする


一般的には使われにくい色、例えばグリーンやオレンジ、パープルなどのスーツを使うのもパーティースーツならではと言えます。普段は使わないからこそ、個性が問われるデザイナーなどクリエイティブな仕事をしている人にはもってこいかもしれません。

こういった個性的な色のパーティースーツを着用する場合、気をつけるのは「差し色」です。例えばオレンジ色のスーツの場合、オレンジ色とは対照的な緑色のネクタイを差し色にすることによってシャレた印象を加速させています。あえて差し色で個性的さをアップさせたほうがよりオシャレに見えます。

 

シャツを差し色に使う


パーティースーツにシャツは非常に重要です。例えば、ホワイトのスーツは結婚式で新郎が着ている意外にあまりみかけないスーツです。ホワイトのスーツは優しい印象と誠実な印象を与えます。これをさらにパーティー仕様の着こなしにしていきましょう。

まず、オフホワイトは色味の変化が少ない色なので、胸ポケットに差すことが必要です。色味は薄い色ではなく、濃い色にするとより色味が映えます。また、ホワイトスーツはシャツも差し色として使いやすいカラーのスーツです。シャツをネイビーや紫などの濃い色のシャツを使うことでよりパーティーらしさが加速されます。

 

ポケットチーフを上手に使う


パーティースーツにチーフは欠かせないアイテムです。普通のビジネススーツしか持っていない場合でも、チーフをポケットにスッと差すだけで一気にパーティーの雰囲気が出来上がります。

よりパーティーらしさを作るには、普段ビジネス等では使わない色使いのチーフを差すと良いでしょう。チーフは単独で使うよりも何かと合わせるのがコツです。シャツやネクタイなどが合わせやすいでしょう。

その他、靴や靴下と合わせるとより上級者なイメージを持たれます。チーフの差し方もビジネスシーンなどでよく見られるTVホールドではなく、ふんわりと差すパフを用いた方が良いでしょう。

 

ネクタイの色や形状を工夫する


スーツにネクタイは必需品です。そのネクタイを工夫するだけでスーツは一気にパーティー仕様にドレスアップされます。普段締めないような少し派手な柄、ドット柄やチェックなども使いやすくなります。

また、形状のネクタイにこだわらなくてもいいかもしれません。今人気のアスコットタイなどは普段とは違う雰囲気を演出してくれるでしょう。アスコットタイも首元で結ぶストールタイプ、留め具で着脱が可能なフック式タイプ、タイリングで止めるリング式タイプとあります。いずれを用いてもパーティースーツの着こなしの一役を担ってくれそうです。

 

ワンポイントでアクセサリーを使う


普段使わない小物を使うことでもパーティーの雰囲気が出ます。例えば、カフスボタンはその一つです。特にドレッシーなタイプや遊び心のあるデザインのラグジュアリーカフスを使えば、パーティーシーンでワンポイントになります。

また、襟元を華やかに演出するラベルピンもワンポイントで使えるアクセサリーです。チェーンタイプからブローチタイプ、ピンタイプなど、形状は様々です。これもパーティーの着こなしを助けるアイテムとなるでしょう。

 

靴をスーツに合わせる


スーツと言ったら靴は革靴でしょう!とそう言われるかもしれませんが、パーティー用の靴は実は非常に幅広いのです。基本的にはパーティースーツには革靴が無難でしょう。大きく外すことはありません。しかし、スーツにブーツ、スーツにスニーカーなどオシャレの最前線では用いられています。

ただし、注意しなくてはいけないのは全体的なコーディネートを壊さないことです。スーツの質、シャツの色、アクセサリーなど全体的なコーディネートに合った形で靴は選びましょう。その範囲であればスニーカーという選択肢もありと言うことです。

 

 

参考になりましたでしょうか。パーティーは雰囲気勝負です。いかにカッコよく自分を演出できるかが鍵になってきます。

最後のアドバイスとしては一カ所でいいから本物を使え、ということです。スーツなどは非常に高級ですのでなかなかパーティー用にというわけにいかないでしょう。そんなとき、どこか一カ所だけでも本物のいいものを使っているとぐっと雰囲気が出ますよ。

 

まとめ

パーティーで着るスーツをおしゃれに着こなす7つの方法

スーツをカジュアルに着こなす
個性的な色使いをする
シャツを差し色に使う
ポケットチーフを上手に使う
ネクタイの色や形状を工夫する
ワンポイントでアクセサリーを使う
靴をスーツに合わせる