素敵な人と思われたい!結婚式の二次会での服装ルール

素敵な人と思われたい!結婚式の二次会での服装ルール
結婚式の二次会の服装って、意外と悩んでしまいますよね
。招待状には「平服で」と書いてあるけれど平服って何!?と思った事のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「平服」と聞くと「普段着」を連想してしまいがちですが、正しくは「略礼装」という意味であって、「礼服」ほどかしこまる必要はないけれど、改まった場に出ても恥ずかしくない、それなりの服装の事を言います。

しかしその「それなり具合」が難しく、「本当に普段着で行って浮いてしまった」という方もいれば、逆に「ドレスアップし過ぎて目立って恥ずかしかった」という方もいます。

そこで今回は、場に相応しい素敵な人と思われるために、知っておくと得をする結婚式の二次会での服装ルールについてお伝えします。



 

素敵な人と思われたい!
結婚式の二次会での服装ルール

 

最低限の常識、『主役は花嫁』です


結婚式・二次会どちらの服装にも言える事ですが、当日は一日を通して『花嫁よりも目立つことは厳禁』です。

膝・肩が出ているような露出度の高い服装は目立つ上に派手・下品といった印象を与えて良くありませんし、ロングドレス、生花の髪飾りなども華やか過ぎて失礼にあたります。

また、この日に白いドレスが許されるのは花嫁のみです。二次会とはいえ結婚式当日の主役は花嫁ですので、花嫁を立てる服装を心掛けて下さい。

 

ワンピース?スーツ?基本の服装は


二次会の服装は、披露宴ほどフォーマルでなくともカジュアル過ぎないパーティードレス・ワンピースを基本として、少し上級者向けですが、華やかに着こなしたパンツスーツなどもOKです。

ドレス・ワンピース着用の際は白いもの、派手な柄物を避けて、膝下丈のセミドレスなどがおすすめです。肩が出ないようジャケットやショールなどの羽織物を利用しましょう。

スーツにする際は、リクルートの印象を与えないデザイン性のあるシャツなどで、出来るだけ華やかに仕上げる事をおすすめします。

スーツはどうしてもカッチリし過ぎてしまいがちなので、アクセサリーもパールを使うなど極力華やかさを出すよう心掛けると、二次会のお祝いの席らしい華やかな服装になります。

きちんとしながらも適度な華やかさを演出する必要がある為、スーツの着用はどちらかというと上級者向けの服装と言えます。

 

意外と知らないバッグ・アクセサリーのルール


結婚式・二次会の服装を考える際に、バッグで困っている方は多いのではないでしょうか。ブランドものであれば間違いない感じがしますが、実はヴィトンやグッチなどの高級ブランドのバッグは、高級過ぎて印象が良くありません

バッグを選ぶ際は艶のあるサテン素材やビーズ・スパンコールなどの光るものを使用した小ぶりで華やかなものを選ぶと良いでしょう。小ぶりであれば派手になり過ぎず、適度に華を添えてくれます。

アクセサリーはやはりパールがおすすめです。二連、三連になっているものは「結婚を二度、三度するという意味で縁起が悪い」と言われていた時代がある為、「非常識」という認識を持っている方が多いので避けた方が無難です。

またギラギラと目立つゴールドなども、二次会とはいえ主役を立てる事を考えて避けた方が良いでしょう。王道のパール一連に、お揃いのイヤリング又はピアスがあれば、誰が見ても印象のよい服装に仕上がります。

 

足元は品格のあらわれ!靴にも気遣いを忘れずに


当然の事ではありますが、いくらおしゃれなデザインであってもスニーカー、サンダルは二次会の服装としてはNGです。また天候がすぐれない日であってもブーツは避けましょう。

もしも雪や雨などでブーツを履いて向かう場合には、必ず会場で履き替えるパンプスを持参するようにして下さい

パンプスを選ぶ際にはつま先が出ているものは避けて、きちんとヒールのあるもので、エナメル素材や光沢のあるものなど華やかさのある素材がおすすめです。ドレスやバッグと色を合わせて選ぶ事で、スマートで印象の良いコーディネートになります。

「二次会だし、服装だけちゃんとしてれば靴なんか誰も見てないよね」と思っていたら大間違いです。「まず靴を見てから人を判断する」という方もいらっしゃいます。おしゃれは足元からと言いますから、たかが靴とおろそかにせずに気を配る事が大切です。

 

不祝儀・不幸を連想するものは避けましょう


結婚をする二人にとっては、これまでの人生で一番幸せな日です。二次会といえども不祝儀に関連するものは身につけてはいけません。ブラックパール、黒ストッキングなどは不祝儀にあたります。また革製の服、毛皮なども殺生を連想する為避けた方が良いでしょう。

パーティードレスが黒の場合はコサージュなどで服装に華やかさをプラスする事をおすすめします。

 

いかがでしたか。二次会は披露宴よりも略式で良いとはいえ、基本的な服装にそこまでの差はありません。全体を通して、「披露宴の延長線上にある」という事を心得ておけば間違いはないでしょう。

パールのネックレスは二連、三連だと「縁起が悪い」と言われていますが、本来は「おめでたい事が重なる」という意味でお祝いの席ではOKなのだそうです。

しかしお通夜やお葬式の際に二連のネックレスをする事が「死が重なる・不幸が続く」と言われ、してはならないとされている為、そこが混同して「冠婚葬祭に二連以上はNG」という解釈になって一般に浸透してしまっているのです。

お祝いの席なので正しくはOKなのですが、結婚式・二次会には様々な年齢層の方が参加しています。年上の方から陰で『非常識な子』というレッテルを貼られてしまう可能性もありますので、やはり素直に避けておくことが無難です。

二次会には披露宴に出席しなかった友人の方なども参加し、たくさんの方との出会いがありますよね。新郎新婦を引き立てつつ印象の良い服装をさらりと着こなして、『スマートで素敵な人』と思ってもらいましょう!

 

まとめ

結婚式の二次会の服装で『素敵』と思われたいなら

・当日の服装で花嫁よりも目立つことは厳禁
・パーティードレスなら膝下丈のセミドレスがおすすめ
・スーツはやや上級者向け。きちんと感の中にも華やかさを
・バッグは小ぶりで華やかなものを
・アクセサリーは王道パールで
・靴は華やかさのあるパンプス。きちんとつま先とヒールのあるものを
・不祝儀を連想するものは避けましょう