卒業式の服にワンポイント☆おススメ7つのコサージュ

卒業式の服にワンポイント☆おススメ7つのコサージュ

卒業式の服、保護者のほとんどの人々が、一度は悩んだ経験があるようです。桜咲く卒業式、お子さんの成長をしみじみ感じる日でもあります。そのような晴れの舞台に着ていく卒業式の服は、意外と大切。

お子さんの先生や、お友達の保護者の皆さん、義理のご両親への配慮など、何かと卒業式の服選びに気遣う場面でもあるからです。もちろん、お子さんと写真を撮ることも予想されます。

基本的に卒業式の服は、全体的にダーク系カラーを選ぶ方がほとんどです。しかし、いくら卒業式といえど、服には少し華やかさをプラスしたいもの。そこが卒業式の服選びで、最も難しい「バランス」なのではないでしょうか。

そこで本記事では、そんな卒業式の服に上品な華やかさを添えるお助けアイテム、コサージュで華やかにする7つの提案を致します。

近々、卒業式に出席するけれど、服装にもう少しオシャレ感と華やかさを出したい!という方にぴったりのカラー、ポイントなどをご案内します。ぜひ本記事を参考にしてください!



 

卒業式の服にワンポイント☆
おススメ7つのコサージュ

 

卒業式の服に季節感を出して品あるおしゃれ


卒業式の服で品のあるオシャレを目指す時、季節感をさりげなく演出すると一目置かれます。卒業式は春のシーズン。卒業式の服は濃紺や黒のダーク系スーツがメインのため、あまり派手過ぎない、淡い花々を連想させるコサージュひとつで、ぐっと印象が変わります。

★ 淡いサーモンピンクのコサージュ

卒業式の季節に舞い上がる桜を連想させるカラーです。また、サーモンピンクは派手過ぎず、年齢を問わずに使用することができるでしょう。

・少しアクセントが欲しいという方は、パールなどを一緒にあしらったものなどが素敵です。

明るい色合いは、卒業式の服によく映えます。また、卒業式は写真を撮る機会が多いものです。そのためサーモンピンクは顔色がきれいに見えるので、おすすめですよ。

 

気品あるスタイリッシュな母親を目指して


卒業式の服では、スカートとジャケットのアンサンブルやワンピースが主流。濃紺やブラックフォーマルにコサージュは華やかさが映えますが、「あまり可愛らしいのはちょっと…。」と、抵抗があるならば、シルバーがおすすめです。

また最近では卒業式の服をパンツスーツにして、おしゃれにまとめる母親も増えています。パンツとジャケットでさりげなく出席する母親も多くなりました。そんな時にもコサージュはアクセントになります。

★ シルバーのコサージュは、派手過ぎずオシャレな雰囲気を作ることができます。

明るい色などよりも、どちらかというと落ち着いた、そして上品なイメージのコサージュが良いという方にぴったりです。落ち着きすぎない、それでいて華やかさが出るのでおすすめです。

・ ギラギラしたシルバーは避けて

シルバーのコサージュは、その光具合や素材によって、雰囲気が大きく変わるため注意が必要です。あまりにギラギラしたシルバーは、舞台では映えますが卒業式ではNG。あくまでも、スタイリッシュに上品に、まとめます。

そのため、シルバーのコサージュをチョイスする際は、できるだけ白に近いものを選びましょう。あくまでもコサージュはアクセサリーであり、卒業式の服の脇役的な存在ですので注意しましょう。

 

主張しすぎず、おしゃれに、上品にが鉄則


卒業式の服にオフホワイトのコサージュをつけるのはNG?と迷われる方が多いようです。けれども淡い色目やホワイト系のコサージュは、上品な卒業式の服装にピッタリ。

★ オフホワイトのコサージュをつけてももちろんOKです。

しかし、もし着用する服がブラックの場合、ブラック×オフホワイトだとあまり華やかさに欠ける、という声も少なくありません。

★ 細かいラメが入ったものにすると華やかさを演出できます。

あまり大きすぎるラメだとギラギラしてしまうので、あくまで細かい主張しすぎないラメが入っている物を選びましょう。

ラメの華やかさは卒業式にピッタリですが、パール系のなめらかな光沢感のあるラメを選ぶと安心です。特にオフホワイトのコサージュは、その素材が目立ちます。そのため少し価格帯が高くなっても、上質な素材のコサージュを選ぶことが、上品にまとめるポイントです。

 

エレガントな印象を与えて、おしゃれに仕上げる


幼稚園や小学校の母親で若いならば、ピンクやラメ入りの少し華やかなコサージュも良いはず。けれども年齢を重ねてくると、コサージュと言うアイテムだけでも、戸惑うお母さんも多いようです。そんな時には、コサージュの色選びでバランスを取るのも一案です。

★ 薄いパープルがおすすめです。

派手なコサージュ以外で探しているという方には、淡いパープルが落ち着きます。薄いパープルのコサージュは、そっと服に添えるだけで、エレガントな雰囲気になります。

・ ポイントはパープルの「淡さ」

濃いパープルだと、全体的に暗い印象になってしまうため、必ず色の薄いものを選びます。

また、ホワイトやピンクなど少し周りに差し色をプラスしたものだと、より卒業式の服におしゃれに映えます。あまり目立たせたくない、それでいてエレガントなコサージュであれば、薄いパープルで決まりです。

 

パンツスーツに映える、コサージュ


前の項で述べたシルバーのコサージュとともに、パンツスタイルの卒業式の服に添えたいコサージュの色目があります。

★ 淡いブルーのコサージュは、落ち着いた印象を相手に与えます。

もし、卒業式の服にパンツスーツを着用するのであれば、ブルーのコサージュがおすすめです。ブルーというカラーは知的な色とされているので、パンツスーツに合わすとスタイリッシュでとっても洗練されたイメージになります。

また、もしホワイト系のスーツを卒業式の服として選ぶときも、ブルーは良く映えます。カッコいい系でいきたい!という方は、ぜひブルーのコサージュを選んでくださいね。

 

コサージュの王道!で安心のコーディネート


卒業式の服に合わせるコサージュには定番の色目があります。卒業式の服装が基本的な礼服であれば、少しコサージュで遊びを入れたいものですが、インナーのシャツなど、他のアイテムで少し華やかになっているかな?と感じるならば、コサージュには定番の色を差すと、バランスが取れます。

★ 一番おすすめな色が、薄いピンクです。

ピンクの種類はさまざまですが、薄いピンクは派手すぎず、全体を上品に見せてくれます。このとき、ショッキングピンクなどは絶対に避けてください。

卒業式の服装でNGな色は、『派手な原色』です。保護者はあくまでも、保護者です。主役はお子さんなので、目立ちすぎる色は控えるのがマナーです。ピンクは、コサージュの中でも一番種類が多く、選びやすいのでおすすめですよ。

 

格調高い雰囲気を醸し出す


少し赴きのあるスタイルを好む保護者も多いです。とは言え卒業式の服装となると、はっきりとしたマナーはないものの、基本的なスタイルがありますので、コサージュの色目や雰囲気でアンティークな赴きを出すと、好感度が高いです。

★ ベージュのコサージュも、卒業式の服と合わせてもOKです。

華やかさを演出しつつ、ちょっとアンティークな格調高い雰囲気が出るので素敵です。しかし、ベージュ一色だと、遠くから見た際ボヤけて見えることがあります。

ホワイトのフワフワとした羽根飾りをちょこんと一緒にあしらったものや、グリーンを差し色として加えているベージュのコサージュがおすすめですよ。また、ゴールドのリボンなどが一緒にあしらわれたものなども、更に華やかさが演出されておすすめです。

 

いかがでしたでしょうか。今回は卒業式の服装に、アクセントを加えて華やかさを出すための、コサージュを7つのスタイルや好みに合わせて、ご提案しました。

コサージュは案外簡単に手作りできますので、メモリアルとして親子お揃いで手作りアレンジをしても、思い出深くおすすめです。またこのコサージュですが、手作りがしやすいために、幼稚園や小学校では保護者から子ども達への贈り物として、PTAなどで選ばれるケースも多いです。

せっかくコサージュを選ぶならば、卒業式の服装に合わせながらも、結婚式などにも利用できるよう、手持ちの服と数パターンのコーディネートを想定して選ぶと、便利です。

お子さんの成長の節目ともいえる卒業式の服にピッタリのコサージュ、ぜひ本記事を参考に選んで、さりげなくおしゃれなお母さんを演出しましょう!

 

まとめ

卒業式の服にアクセント☆7つのスタイル別おすすめコサージュ

・桜をイメージしたサーモンピンクのコサージュで季節感を出す
・白に近いシルバーで落ち着きず華やかに
・主張しすぎない華やかさ!オフホワイトならラメが入ったものを
・エレガントな印象を与える。薄いパープルでおしゃれに
・パンツスーツなら決まり!淡いブルーのコサージュでスタイリッシュに
・コサージュの王道!たくさんの種類とデザインが多い薄いピンク
・格調高い雰囲気を醸し出す。ベージュに差し色を加えて