結婚式でプロフィールを席次表と一緒に!6つのアイデア

結婚式でプロフィールを席次表と一緒に!6つのアイデア

人生の中で一番思い出に残るイベントの一つ、結婚式。当人たちだけでなくゲストの皆様の思い出にも残りやすい結婚式にするには、新郎新婦のプロフィール紹介が重要です。ほとんどのゲストは新郎か新婦、どちらかのことしか知らないのが普通ですから、相手の人柄やどんなお付き合いをしてゴールインしたのかなど、いろいろ知りたいことがあるはず。

でも結婚式の最中にプロフィールを根ほり葉ほり聞くわけにも行かないので、あらかじめ用意しておくと大変喜ばれます。結婚式のプロフィールは、ビデオを作って式が始まる前に流して置いたり、席次表などの印刷物に一緒に掲載することがほとんどです。

特に席次表に一緒に印刷しておけば、ゲストが自分のペースで読むことができ、披露宴の最中に見直したり帰宅してからも見返したりと、使い勝手が良いので便利です。今回は、結婚式のプロフィールを席次表に載せる場合のアイデアを6つお伝えします。



 

結婚式でプロフィールを席次表と一緒に!
6つのアイデア

 

基本情報を必ず入れよう


結婚式の席次表に2人のプロフィールを載せる一番の目的は、ゲストに自分たちのことを知ってもらうことですね。以下の項目からいくつか選んで載せておくといいでしょう。

生年月日、血液型、星座、趣味、特技、出身校、職業、子供の頃の夢など

その際に、同じ生年月日の有名人を紹介したり、血液型がB型なのに几帳面ですなど意外性を感じるフレーズ、ちょっと変わった自慢の特技などを盛り込むと、ゲストの印象に残りやすくなります。

 

2人のエピソードを紹介


なぜ2人は出会い、付き合うことになり、今日結婚式を挙げることになったのか。プロフィールで一番気になる部分ですね。出会いのエピソードの他に、相手の第一印象や好きなところ、直して欲しい点、よくデートした場所やプロポーズの言葉などを明るく微笑ましい雰囲気でお知らせしましょう。思い出のプレゼントやデートの写真を挿入するのも良いです。

 

2人の将来について


新郎新婦の人となりと出会いのエピソードがわかったところで、これからどんな家庭を築いていきたいのかをゲストに伝えましょう。結婚式のプロフィール紹介でなければ、なかなか形に表すことはないものですから、新郎新婦にとっても大切な項目となるでしょう。どんな家庭を築きたいか、子供はいつ何人欲しいか、マイホームへの展望の他、一緒に旅行に行きたい場所などがおすすめです。

 

2人の好きなものを紹介


ゲストにとってよく知らない、新郎新婦のお相手について、好きなものが自分と一緒だったりすると一気に親近感が増しますね。好きな食べものや曲、芸能人、スポーツ、季節、得意だった教科などたくさんあります。尊敬する人物や座右の銘なども、結婚式のプロフィールに載せるのに相応しい内容です。なぜそれが好きなのかも一言添えるとより伝わりやすくなります。

 

面白いネタも適度に盛り込む


結婚式のプロフィールは、基本項目以外に見て楽しい、面白いという内容があるとより印象的なものになります。2人しか知らないことや、相手の弱点など読んでクスッと笑ってしまうような項目をプラスしてみましょう。

お互いに相手に注文したいこと、実は秘密にしていたこと、パートナーの機嫌のなおし方などをユーモアを交えて紹介します。クイズ形式にするのもおすすめです。ただしお互いの親族も読むことになるので、ウケを狙いすぎて不快な思いをさせないように注意してくださいね。

 

最後にはパートナーを褒める内容で


結婚式のプロフィールの最後はそれぞれのパートナーを持ち上げるような内容にしましょう。例えば、相手にどうしてもこれだけはかなわないところ、ぜひ真似したい長所、こんなところが好き…など、新郎新婦がお互いを認め合い、愛し合っているということが存分に伝わるようにします。

結婚式の席次表やプロフィールは、新郎新婦の入場前に読むことがほとんどですから、ゲストに2人のことを理解していただき、これからも見守っていただけるよう、前向きなあたたかい内容にしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

結婚式のプロフィールには、ゲストに自分のパートナーを紹介するだけでなく楽しませる要素も大切です。ゆっくり読んでいただくために、席次表にプロフィールを入れて配るカップルも増えています。

プロに依頼して作ってもらったり、自分たちで作ったりと様々なかたちがありますが、おもてなしの一つという気持ちで作るのがポイント。ただし、印刷物は後に残るものですし、結婚式にはいろいろな立場や職業の方が来るので、どんな内容でもいいわけではありません。

また、席次表に入れる場合は最終的な出席者が決まる前に、プロフィールの内容を決めておくと印刷等のスケジュールに余裕を持つことができます。上記を参考に、決して自己満足で終わらずゲストの皆さんが楽しめるようなプロフィールを作ってくださいね。

 

まとめ

結婚式でプロフィールを席次表と一緒に!6つのアイデア

・生年月日や血液型などの基本情報は有名人と絡めるなどして印象深く
・出会いから結婚までは写真等使って具体的に
・マイホームや子供の人数など、二人の明るい将来を思い描ける内容を
・好きなものを紹介することでゲストの親密感UPを狙う
・相手を落とすお笑いネタは、不快な思いをさせない程度に
・しめくくりはお互いを持ち上げ、あたたかい雰囲気に